トップイメージ

トップイメージ
詳細は画像をクリック!!

2021年2月17日水曜日

【フィッターアズマのオススメアイテム#1】 Favero ファベロ Assioma ペダル型パワーメーター

 こんにちは。

つくば市のスポーツバイク・プロショップ
BIKE SHOP FORZAの東(アズマ)です。 


バイクフィッター目線での
オススメアイテムを御案内させて頂きます。

今日はペダル型のパワーメーターの御案内です。


イタリアのブランドFaveroファベロです。

以前から手頃な価格ということで
個人輸入などで使われて居た方もいらっしゃるアイテム。

国内輸入代理店が取り扱い開始ということで
安心して使えるようになりました。


ということで、

ペダル型のパワーメータのオススメポイント5つ

を御案内します。


【目次】

①コンポーネントの交換が容易

②コストが安い

③修理中もバイクに乗れる

④同じ測定条件で乗り比べが出来る

⑤パワーフェーズが測定出来る



①コンポーネントの交換が容易

クランク型が安心。という方も多いかと思いますが、
クランク型の難点は、コンポを買えたい時に
付け替えが出来ないために
クランク交換のコストが高くなることです。

11速から12速にしたいけど
旧型DuraAceから新型DuraAceにしたいけど、
SHIMANOからSRAMに、、、

などなど、コンポ交換の際には、
超えなければいけない壁が高くそびえ立ちます

しかしながらペダル型なら交換すれば良いだけ
簡単です。


②コストが安い

Favero Duo  80,000(税抜)

Garmin VECTOR 128,000(税别) 

安直な表現ですが
ファベロは、めっちゃ安いです。

Garminだと高いなぁ
という印象をもたれるかもしれないですし

4iiiだと安いよ!

という方もいらっしゃるかと思いますが
①のことも考えると
将来的には安い。
ということになります。


③修理中もバイクに乗れる

これけっこう重要だと思います。

パワーメーターをお使いの方は当然ながら
練習熱心な方が多いわけです。

そんな中、修理で練習ができない。。。
というのは避けたいところ。

安価なもので予備クランクを持っておけば良い
ということもありますが
交換ができない
交換ができても手間を考えると

メーター無しの通常のペダル
を持っていれば
ペダルを付け替えるだけなので

簡単に作業を済ませて
トレーニングに集中することができます。


④同じ測定条件で乗り比べが出来る

新しいバイクを検討する時

2台のバイクを所有している時

どのくらいの機材差があるのか?
メーターの違いによる
データの違いがあると

正確に評価するのが難しくなります。

この2つのメーターの間には
このくらいの差があるから、、、

とか補正を入れる必要があります。

しかしながらペダル型だと
同じメーターで同じ条件で
測ることができますので
正確な機材差を測定することができます。


⑤パワーフェーズが測定出来る

最後になりましたが
バイクフィッターとしては

ここが1番のオススメ。

フォームを改善する時には、
上死点の身体の使い方というのは
非常に重要な要素になってきます。

使うのが難しい
意識しないと使えない
殿筋群の動員においても
とても重要です。

Pioneerでは測定できますが

ペダル型だと簡単に測定できます。

Garmin EDGEシリーズと組み合わせると
プラットフォームセンターオフセット
を見たい。

という時には、やっぱりGarmin VECTOR3 
がオススメということになりますが、

上死点での踏み遅れがないか?

いつまでも下死点で頑張ってしまっていないか?

ということを確認するには、
パワーフェーズが測定できる。

ということが1番大切です。

これが、80,000(税抜)というのは破格です。


御注文はアズマまでお気軽に(通販可能です)

御注文メールはこちらより

クリックいただくとメールフォームが開きます。


仕様の詳細は情報サイトや、メーカーサイトを御覧下さい。







フィッティングが気になる方は 下記の記事からお問い合わせ下さい。
 




それでは今日もステキナ1日をお過ごし下さい☆彡

BIKE SHOP FORZAの東(アズマ)でした。



0 件のコメント:

コメントを投稿