トップイメージ

トップイメージ
詳細は画像をクリック!!

2022年12月22日木曜日

送料無料!通販可能 RAPIDE CLX/ALPINIST CLX クリアランスセール ステッカーチューンも好評受付中!

SPECIALIZED ROVAL クリンチャーモデル RAPIDE CLX / ALPINIST CLXクリアランスセールを開催中です
送料無料にて郵送納品可能です。遠方の方もお気軽にご相談ください


メーカーから入荷したROVALホイールは1本1本手組みで仕上げられているからこそ、最終的なチェックが欠かせません。
ホイールのフレ、スポークテンション、ホイールセンターの確認と調整が必要です。
また、長く安心してお使いいただけるように防水性のグリスも追加して納品させていただいております。

さらに当店購入ホイール限定ステッカーチューンも好評受付中です。RAPIDE CLX、ALPINIST CLXが対応可能となっております
※ステッカー単品販売は行っておりません。ご了承ください。
ROVAL ALPINIST CLXホイールセット 定価:341,000円(税込)
・ブラックロゴ 店頭在庫ございます。 即納可能です 
・ホワイトロゴ 店頭在庫ございます。 即納可能です
クリアランスセール 現金特価 20%OFF 272,800円(税込)
さらに無金利12回分割払いも併用可能です
遠方の方もお気軽にお問い合わせください 郵送納品可能です
↑クリックいただくとメールがそのままお送りいただけます。
ご来店の前にご予約のほどよろしくお願いいたします
メール対応可能時間 9時〜24時  定休日も対応可能です。
前後輪で平均重量1248g(テープなし)という軽さは、ROVAL クリンチャーホイールとして史上最軽量。前作CLX32 DISC 1350gと比べて実に100g以上の軽量化を果たしました。
リムは33mmハイト。リムの内幅は21mmと前作CLXシリーズの20.7mmと比べて僅かに広がりましたが、ほぼほぼ一緒。
ロードホイールとして、24Cなどの多種多様なタイヤサイズに対応することを考えるとこの内幅がリミットなのかなという印象です。
TERRA同様 DISCブレーキ専用として軽量化を進めたリムとなります。
こうしてみるとCLX32よりも外幅が僅かに細くなり、全体的にシェイプアップされた印象です。
ビードフックはTERRA CLXよりもさらに薄くなっておりました。チューブレステープがTERRA CLX。黒テープがALPINIST。この薄さは写真でも伝わるでしょうか。
実測だと約0.4mmの差がありました。やはりここがチューブレス非対応となった理由かと。

スポーク数は変わらずフロント21本・リア24本。
TERRA CLXに引き続き、DT SWISS最新のスターラチェットシステムEXPが採用されております。ハブベアリングも同じくDT SWISSのプレミアムスチールベアリングを採用。
まさにCLX32からの正当進化モデルといった印象です。
一言でいうとオンロードに特化させた軽量 TERRA CLXかなと。
ヒルクライムはもちろん、登りが多いロードレースやロングライドにも最高のホイールになるかと思います。
ROVAL RAPIDE CLXホイールセット 定価:341,000円(税込)
・ホワイトロゴ  店頭在庫ございます 各色ステッカーチューンも可能です
クリアランスセール 現金特価 20%OFF 272,800円(税込)
さらに無金利12回分割払いも併用可能です
遠方の方もお気軽にお問い合わせください 郵送納品可能です
↑クリックいただくとメールがそのままお送りいただけます。
ご来店の前にご予約のほどよろしくお願いいたします
メール対応可能時間 9時〜24時  定休日も対応可能です。
CLX50 DISC/CLX64 DISC後継モデルのRAPIDE CLX。
まさにフルモデルチェンジと呼ぶに相応しいホイールです。目指したのはよりエアロの向上とエアロの最適化。そしてCLX50が持つ軽さ、CLX32の持つ安定感。
欲張りすぎ。
少しずつ掘り下げてまいります。

まずリムハイトはフロント51mm、リア60mmに。前後のリムハイトを変えることにより、CLX50の軽さ・CLX64が持つエアロを取り入れています。
そしてリムの内幅はALPINISTと同じく21mmですが、リムの外幅がフロント35mm(!!!!)リア30.7mmとなっております。

前作CLX50の外幅は29.4mm。外幅35mmというのはこれまでのロードホイールの常識を覆す太さです。
内幅を21mmに抑えつつ、どうやってここまでの太さにできたのだろうと凄く疑問だったのですが、この断面図を見て驚きました。。。
これまでのホイールとは全くの別物。中空のビードフック。。。そうきたかぁ。。。という感じ。やっちゃいましたねスペシャ。ほんとすごい。
中空にしたというより、太くしたリムをそのままフックまで持ってきたとも言える。強度も出せそうですね。
しかしこれぞDISCブレーキの大きな恩恵の一つです。カーボンクリンチャーリムブレーキではこの設計は無理でしょう。
ロードホイールとして、24Cなどの多種多様なタイヤサイズに対応できる内幅にしつつ、エアロを最大限に向上してきました。
前輪のボリュームは実物を手に取ると本当に驚きます。間違いなく速い。。。

そしてこのフロントホイールの形状により、データとしてはCLX50よりも25%安定性に優れているそうです。
これはリム形状もそうですが、遂にフロントホイールのスポーク数が18本になったことも影響しているはず。
特にスポーク数の削減はエアロ性能に大きく寄与します。
横風の影響を受けにくいリアホイールには60mmハイトで更にエアロ性能を向上。
そしてこちらが後輪60mmのビードフック。ALPINIST(画像 右)と同様に非常に薄いビードフックとなり、大きな軽量化に繋がっていることが分かります。

機材の進化によりレースの平均速度が飛躍的に上がっているプロレースに対応するための、まさにレース機材だなと感じます。
このホイールの登場により、プロトンのスピードはさらに上がるのでは。。。
そして横風に強くなり安定感が出たということは私達ホビーユースでも非常に大きなメリットになります。

TERRA CLXに引き続き、DT SWISS最新のスターラチェットシステムEXPが採用されております。ハブベアリングも同じくDT SWISSのプレミアムスチールベアリングを採用。
そして重量はフロントホイール 649gと、CLX50と比べて+5gの増量に留めつつ、リアホイールは60mmハイトになったにも関わらず751gとCLX50DISCと比べて19gの軽量化を果たし、トータル平均重量 1400g(テープ無し重量)にまとめてきました。
そして説明しなければならないのは両ホイール共にチューブレス・チューブレスレディ非対応となったことです。
リム形状を見れば、最後までチューブレスレディ仕様で開発が進められてきたことは容易に想像できます。
しかし、リムの軽量化エアロ化を進めつつ、チューブレス運用に必要なリムの長期的な強度を両立することは非常に難しく、他社のように空気圧の制限を設ければ実現が出来たかもしれないけれども、オンロードホイールとして、SPECIALIZEDはそれを選択しなかったとのこと。

あまり触れられてはいませんが、新型ZIPP 303Sフックレスリムの最大上限空気圧は5BARです。実質タイヤサイズの制限ともなります。
新型ROVAL の空気圧上限は9BARです(!!!)ここまで入れることはないですが^^;

チューブレスのメリットを求めすぎて、新型ROVALで目指したホイール性能である軽量化とエアロを損なってしまうのは本末転倒。個人的にはオンロードホイールとしての性能を突き詰めた一つの形なのかなと納得しています。
そして高圧のチューブレスというのは本当に難しいのだなぁと。

また、長期的な耐久性を考えての対応でもあるとのことでした。
ROVALホイールのリムは生涯保証となっておりますので長く安心してご利用いただいてこそなのです。

ROVALホイールのお問い合わせはこちらからお気軽に
↑クリックいただくとメールがそのままお送りいただけます。
ご来店の前にご予約のほどよろしくお願いいたします
メール対応可能時間 9時〜24時  定休日も対応可能です。

◆FORZAのFacebookページも是非ご覧ください
https://www.facebook.com/BikeShopForza/

BIKE SHOP FORZA 
茨城県つくば市二の宮 1-13-2
TEL 029-851-2108
FAX 029‐869-9717
営業時間  
平日 13:00~19:00
土日祝祭日 13:00~18:00
毎週 水曜木曜 定休日

0 件のコメント:

コメントを投稿