トップイメージ

2013年11月28日木曜日

ロードバイクのサイズ選びについて 2

合同試乗会開催!! ということもあり、
SPECIALIZED、BMC、NEILPRYDEの主要モデルのReachとStackをまとめてみました。

図式化することで、各社の特徴を大枠で捉えることができます。

Cerveloの本国サイトでは、自社のサイズ展開について上記の表のGF01のように
リニアな関係であることを優位性やコダワリとして打ち出しています。

では、リニアな関係にないサイズは、正しくないでしょうか?

ポジションは、千差万別です。 人それぞれ。

しかも、時間軸に対して変化していくものです。

ベストは、いつまでもベストではなくなってしまいます。

特に、乗り始めの方。 また、乗り込む量が増えてきた時期にある方にとっては顕著です。


サイズ選びについて、大切なのは、必要な落差(Stack)がとれること。必要なふところ(Reach)が
確保できること、また、それが成長や変化に応じて調整可能であること。

が重要だと考えています。

リニアであるとかないとかは、重要ではなく。 

「自分に適しているか?」 に尽きると思います。


ですので、バイクのサイズを選択させて頂く際には、
体格、年齢、柔軟性、やりたいこと etc 色々な要素を加味して選択させて頂きます。

もっと、落差が取れる可能性のある方には、落差が取れるフレームを。
1台でなんでもやりたい。 という方には、それらが叶えられる変化ができるフレームを。


2台目。 という方には、今の状態が今の自分にとってどうなのか?
をまず、共有させて頂くことをオススメしています。

今の状態を確認したうえで、次のベストを検討します。

各社、ReachやStackの数値をカタログに掲載してくれるようになってきていますので、
その数字をもとに、ポジションのイメージをお伝えしやすくなりました。


 

フィッティングサービス向上の一環として、
より正しく、今の数字を理解させていただくための準備も進めております。

日本に1台? 楽しみな機材です。 お楽しみに!

0 件のコメント:

コメントを投稿