トップイメージ

トップイメージ
詳細は画像をクリック!!

2021年5月4日火曜日

GIANTのe-BIKE TRANCE E+ 試乗車30%OFF!! 風間のMTB日記  ※5/4更新

GIANTのe-BIKE TRANCE E+ 30%OFF!
店頭試乗車として運用したGIANTのe-BIKE現金特価にてご提案させていただきます。
定価:638,000円(税込)現金特価446,600円(税込)
サイズ:S
※整備工賃別途 22,000円(税込)
お問合せは下記、風間まで宜しくお願い致します。
TEL 029-851-2108
mail forzatsukuba@gmail.com
MONDRAKER 旧モデル50%OFF!
MONDRAKER旧モデルの下記二台、現金特価50%OFFにてご提案させていただきます!
現品限りとなります。問い合わせはお早めにお願い致します。
DUNE CARBON XR27.5   サイズ:S  定価(税込)1,186,900円
※現金特価!50%OFF!593,000円
SPECIALIZEDのe-BIKE TURBO LEVOご試乗承ります!
皆様こんにちは!FORZAの風間です。最近トレイルで見かけることも多くなったe-BIKE。
BIKE SHOP FORZAで取り扱うSPECIALIZEDのTURBOシリーズは、
他社のe-BIKEを一歩も二歩もリードする完成度。
他社比で圧倒的に軽量なため、普通のMTBに近い軽快な取り回しを実現しています。
e-BIKEを検討されているお客様には、自信をもってお伝えします。
LEVO一択です。
正直なところ、私は最初e-BIKEというものに抵抗があって、
それは下記2点に集約されていました。
・運動にならない
・重い、取り回しが悪い
せっかく自転車で走るなら楽しいだけじゃなくてカロリーも消費してTSSも稼ぎたい。
ちゃんと疲れたな、いい汗かいたなって実感が欲しかったし、
ご褒美であるはずのトレイルの下りでも、重量からくる取り回しの悪さを考えると、
重くてしんどいからイージーなラインで走ろう。となりがち。
それならペダルバイクで頑張って登って下りも全開で楽しめる方がいいなって。
そう考えてました。がこのLEVOに乗ってみて考え方も大きく変わってきました。
・運動になる。
・取り回し悪くない。
ほぼ180度変わった訳ですが(笑)同じ時間走れば、ほぼ同じくらいの消費があるし、
ペダルバイクに比べ、何回も登りにトライできるので意外と負荷も稼げます。
そして重量について。グレードにもよりますが、
S-WORKS LEVO SL Mサイズのペダル込重量が17.2㎏。
私が普段乗っているS-WORKS ENDURO29の重量がS3サイズペダル込で15.2㎏。
昨今の29インチENDURO系フルサスの重量は15㎏、16㎏は普通にあるので、
重量増によるデメリットはあまり感じません。
フロントアップや、ジャンプ、左右への反応については、
バイクのバランスが変わったからか、しばらく乗って慣れないとな~と思いましたが、
最初にe-BIKEに感じていたネガティブなものとは程遠く。
登りについては言うまでもありませんね。超ラクチンで最高です。
ある意味登りを楽しむバイクでもありますよね。
トラクションのかけ方さえしっかり覚えれば、ペダルバイクだとクリアできなかったテクニカルなセクションや、挑戦する気も起きない超激坂もスイスイ超えられますから。
バッテリーについても使い方にはよりますが、無駄遣いしないで走れば、
4~5時間のライディングなら十分持ちます。
予備バッテリーも使えば、ほぼ丸1日遊べちゃいます。
私と同じようにちょっとe-BIKEに抵抗のあるライダーさんって意外といると思います。
なので、是非この感動を全てのMTBライダーの皆様に実感してほしい!
BIKE SHOP FORZAでは各グレード、サイズのe-BIKEをご準備しております。
買わずともまずは試すことが出来ちゃいます!
 2020  S-WORKS TURBO LEVO SL   サイズ:M 定価:1,320,000円(税込) 
2021  TURBO LEVO SL COMP CARBON   サイズ:S 定価:792,000円(税込) 
2021  TURBO LEVO SL EXPERT CARBON  サイズ:M 定価:869,000円(税込) 
まずは一緒にトレイルライドにいきましょう!
私風間がe-BIKEに最適なトレイルを御案内させていただきます。
今まで体力に自信のある方しかご案内できなかったシークレットトレイルが無数に存在しております。
LEVOならどんなに体力に自信の無いライダーさんでもトレイルライドを満喫していただけます。
風間まで気軽にお声掛けください。
TEL 029-851-2108
mail forzatsukuba@gmail.com
◆LEVOの組み立てについて。
e-BIKEについても通常のフルサスペンションバイクと同様、
各リンクの分解とグリスアップを行い、長くストレス無くお使いいただけるよう丁寧に組み立てております。

ロードバイク以上にパーツ点数が多く、普通のMTBと比べ高速で走れる登りはもちろん、
下りについても重量があるためそれだけバイクの負担も大きくなります。
ヘッドやクランク周りなどはもちろんですが、
出荷状態のリンクのベアリングはグリスなどで処理がされておりませんので、
こちらも一度状態を確認、グリスの詰め直しや水分に強いシール用のグリスを塗布していきます。
リンクのボルト類も一つ一つ確認。緩み止めを塗布。
e-BIKEは重量、速度域を考えても、ボルト一つ一つにかかる負荷が大きいので、
こういった処理を行っておくことで、より長くストレスの無いライドを楽しんで頂けるはず。
LEVO SLのオーダーは是非、当店にご用命ください!
SANTACRUZ入荷しております!!
下記、サンタクルズのフルサスペンションからグラベルバイクまで、ご準備しさせて頂きます!
2020 Stigmata 3 CC 700c GRX完成車 サイズ:52 定価:743,600円(税込)
フレームセットでの販売も可能です!定価:366,300円
2020 Tallboy 4 C 29 S-kit サイズ:M  定価:765,600円(税込)

MONORAL BIKES 取り扱い開始!
日本発信のチタンフレームブランドMONORAL BIKESの取り扱いを開始いたします。
最初は一緒にレースに出場しているお客さんから「MONORALめっちゃよかった!」
そしてレース会場で試乗させていただいたことがきっかけ。
乗って10秒で「これは楽しそう!」そう感じさせてくれるバイクです。
とにかくこの特殊なBB周りの心地よいウィップ感がたまりません。
ちなみにこの特殊なBB形状によってBBハイトを80mmの幅で変更することが可能です。
素敵すぎる!!私もクロモリのハードテールはしばらく乗ってきたのですが、
ウィップ感についてはクロモリのそれとは比較にならない感じ。めちゃくちゃしなる。
誰が乗ってもすぐわかるレベル。
なんでもチタンはクロモリに比べると反発する力が少ないので、
より優しい乗り味になるんだとか。反発する力が少ないという事は、
乗り心地が良いというのは私のようなそこまでスキルの無いライダーでも、
フルサスの荷重抜重で加速していくあの感じをハードテールで実現できるかもしれんという事ですよ!
MONORAL BIKESの試乗希望のお客様は風間までお問合せ下さい!
TEL 029-851-2108
mail forzatsukuba@gmail.com
5/4 S-WORKS e-RIDE
GWも残すところ後1日。今日はS-WORKS LEVO SLのS様をお迎えしてトレイルライドへ。
山の雰囲気も毎週毎週緑が濃くなって、ただそこにいるだけで気持ちいい季節になりました。
今日はマンツーマン。S様から何回か走っているコースなんだけど、
どうしてもイメージ通りスムーズに走れない。とのことで、ライン取りについて反復練習。目線の置き方、進入の速度や角度、ブレーキをかけるタイミング。
一つのコーナーを処理するだけでもオンロードには無い情報量を処理しています。
どれかひとつでも疎かになるとスムーズには走れません。
小さなバンクで何度も練習をして、いざ本番。
今日は今まで走れなかった壁上ラインを見事クリア!
同じ場所を走っていても、走れるラインが増えてくるだけで、楽しさが格段にUPしますよね。
次回、さらなる試練を準備してお待ちしております。(笑)
4/24 e-RIDE
今日はSW LEVOのSさんをお迎えしてe-RIDEへ。LEVOだから出来る2時間35㎞の行程。
ペダルバイクだと休憩も挟みたくなるので3時間以上はかかるのですが、
流石のLEVOライドもサクサクです。今回でトレイルライドは4回目のS様。
ご本人は来るたびに「全然走れないなぁ」とおっしゃっているのですが、
明かに走れるラインが広がっていて、私からするととても成長を感じるのですが、
ご本人の理想のイメージにはまだまだのご様子。
ENS白馬に向けて一緒に仕上げていきましょう!
また遊んでくださいね!
4/21 水曜定例MTBライド
水曜定例のMTBライド。ENS初戦を無事終え、ひと段落。
練習モチベーションから解放されのんびりトレイル散策。
LEVOで発見した新しいコースに偵察に行ったり、
普段走らないコースまで足を延ばしてみたり。
4/17,18日 ENS富士見高原に参戦いたしました。
ENS初戦富士見高原ROUND無事完走いたしました。
長野の寒さを舐めていました。。。レース当日は雪のちらつく中。
今回はLEVO SLで参戦。e-BIKEカテゴリーでの別表彰はありますが、
下りのタイムを計測する性質上、e-BIKEにあまり大きなメリットが無いため、
ペダルバイクと同じように総合順位もつきます。
e-BIKEなら少し順位も上がるだろうなんて期待も若干持ちつつ。

総合/51位 Bクラス/14位 年代別30代/7位 e-BIKE/4位

うん。。。あんまり変わって無いよね。ほぼほぼ昨年と同じくらいの定位置です(笑)
e-BIKE4位も上位3名のライダーさんは私より上のAAやAクラスのライダーさんのため、
表彰台のため私にできるのは、上位のライダーさんが参加されないことを祈るくらいです(笑)
そんな中、怪我明け&レース中にパンクをメイクしたシャドウ氏が年代別3位に。
最近は表彰台率がどんどん上がっていて羨ましい限りです。おめでとうございます!
。。。彼は遠いところに行ってしまった。

さてさて、e-BIKEでENSに参戦してみて私が感じたメリットデメリット、少しまとめてみたいと思います。

・試走
これが一番のe-BIKEの恩恵ですね。今回は雨の影響で試走はほどほどで切り上げましたが、
ペダルバイクのライダーさんよりもかなり多くの本数の試走をこなせることで、
よりコースの理解が深まるはずです。
前日、当日の試走しか出来ないので、本数こなした方が圧倒的に有利。
また、試走のし過ぎでレース本番足が売り切れてしまうなんてことも無いはずです。
アシストさまさまです。

・直線のペダリングゾーン
これ意外と思われる方もいますが、ペダルバイクの方が圧倒的に速いし楽です。
日本仕様のe-BIKEはアシストが24㎞で切れてしまうので恩恵はほぼ受けられませんでした。。。
アシストが無いと重量やモーター部分の抵抗?なのか、足かせ付けて走らされている気分。
アシストの範囲を超えてガチ漕ぎする場合、ペダリングが重いのでかなーりキツイです。
普段のライドではそんなシビアな走り方しないので、予想外のデメリットでした。

・コーナーの立ち上がり等の減速時
フラットコーナー、タイトコーナー、どうしても処理がスムーズにいかず大きく減速するようなシチュエーションでは、コーナー明けの踏みなおしでアシストが効くので本当に助かりました。
コーナーに限らず、ミスのリカバー力はかなり大きいです。

・登り返し
ENS本戦はあまり大きな登り返しは無いので、e-BIKEのアドバンテージは活かしきれませんが、
それでも細かな登り返しではアシストのお陰で速度が落ちにくく、
スムーズに次のセクションに入っていけます。精神も削られません。

こんな感じでe-BIKEにもメリット、デメリットがあるので圧倒的な有利はありませんが、
減速回数の多いビギナーのライダーさんにはメリットの方がかなり大きいかなと感じました。

次はENS第2戦白馬岩岳でお会いいたしましょう。
4/17,18日はENS富士見高原にLEVO SLで出場してきます!

皆様こんにちは。FORZAの風間です。いよいよ今週末に迫ったENS富士見高原ROUND。
もちろん私も参戦します。LEVO SLで。今年1月からSW LEVO SLに乗り始め、
ここ最近はトレイルライドからパークライドまでこのバイクで遊んできたので、
今回はe-BIKEカテゴリーで参戦させて頂きます!!
チームメンバーからは「e-BIKEは甘え」などという言葉も聞こえてまいりますが、
しっかり結果を残すことでそのような雑音はかき消してしまおうと思います。

ENDUROだったりDHだったり下りのタイムを争う競技ってとにかく試走が大事だと思うんです。どのラインが最速か、リスクが少ないか。
事前に予習をしておくことで、良い結果に繋がります。学校のテストみたいなものです。
ここテストに出ますよみたいな感じです。

ただし、ENSの場合計測地点までは自走で走らなければいけないので、
試走回数が限られてしまうんですね。体力的に。
次の日に全力で踏み抜くために、あまり試走に熱を入れすぎるとレース当日疲れちゃってタイムが出せないみたいなこともあったりします。

でも、登りで足をほぼ使わないで済むんだから試走し放題!
走れば走るだけアドバンテージが増えるわけですからこれは絶対速い!
週末が楽しみです♪

4/3 LEVO SL納車ライド
商談に商談を重ね。試乗に試乗を重ね。
ついに、LEVO SL EXPERT納車させていただきました。
オーナーのナカミ‐さんの笑顔が心なしか引きつっているのは気のせいでしょう。
これで毎日送られてくるメッセージからも解放されよく眠れるはずです(笑)
今日はLEVO SLを存分に堪能できるロングコース。
ペダルバイクだと開店に間に合わない行程なのですが、LEVOだとあっという間。
4時間強。ガッツリ遊ばせていただきました!
沢山のトレイルを繋ぐ贅沢なルート。ライド後は流石に疲れが。。。
まだまだ走って無いトレイルが何本もあるので、
e-BIKEで丸一日走っても走り切れないボリューム。
明日のライドもお楽しみに。
ベストショット!
3/28 日曜定例MTB RIDE
今日も朝からお山へ。ナカミ‐さんは3度目のLEVO試乗。
多分今回の試乗で購入を確定してくれるはずだ。多分そうだと思う。
ナカミ‐さん、いつもはあまり挑戦しない激坂区間のchallengeも成功。
LEVOに乗っているとなんてことないように見えるんですよね~
こちらは高級なペダルバイクであるMINOVO SLとLEVO SLの走行比較。
高級なペダルバイクであるMINOVO SLは登り切った後に苦痛の叫びをあげますが、
LEVO SLはいたって静か。静粛性に優れます。
最後はご機嫌コースで楽しくトレイン。楽しかったー。
3/27 プライベートe-RIDE
今日はS-WORKS LEVO SLを納車させていただいたS様をトレイルライドにご招待。
今回は少しワイルドなセクションも織り交ぜながら。
スムーズでフローなトレイルだけが全てじゃありませんからね。
岩場があったり、急なスイッチバックが連続したり。
どちらかというとそういう走りずらい場所の方が多かったりしますよね。
つくばのトレイルはどこも抜群に走りやすいので、
そういう当たり前を忘れてしまいがちですからね。
今日のライドを経てさらに上達されたことでしょう。次回のライドが楽しみです!
3/21 SANTACRUZ Chameleon R-KIT納車。
SANTACRUZ 2021Chameleon29納車させていただきました。
オーナーのF様は初めてのMTB。SANTACRUZに一目ぼれでこの車体をお選び頂きました。
週末のトレイルライドに遊びに来ていただける日を楽しみにお待ちしております!
それにしてもSANTACRUZは毎年毎年カラーリングが絶妙ですね。カッコいい。
アルミフレームのカラーは今回納車したラスベリーと、グレーベースにイエローロゴの2色。
こちらは対象的にベーシックなカラーで落ち着いているものの、やはり人気があります。
SRAM NXベースのR-KIT完成車が380,600円(税込)
一番お手頃なD-KIT完成車が295,900円(税込)

このChameleonはSANTACRUZの中でも一番人気の車種ですが、まだご提案が可能です。
2021年中に追加の入荷便は無いため、
現在庫もしくは入荷予定の商品が無くなると2022年モデルの発表&入荷待ち。
恐らく2021年での入手は難しいと思われます。ご検討中のお客様は早めにお問合せ下さい。
3/19 LEVO SLトレイル試乗。
先週に引き続き購入検討中(絶対買ってくれるはず)のナカミーさんをLEVO試乗車でアテンド。
コンディションも良かったので、距離を稼げるe-BIKEコースへ。
アップダウンが多い程e-BIKEの素晴らしさが実感できます。
ご褒美のシークレットトレイルは超ゴキゲン。
懸念事項だった下りの取り回しについては解決していただけたご様子。
たくさんのルートを試していただく事で、よりバイクの特性を理解いただけるはず。
ナカミ‐さん。。。待ってるで(笑)
3/17 定休日定例ライド。
LEVO×2、ペダルバイク×2の水曜ライド。
LEVOご検討のお客様から聞こえてくる懸念事項の一つがペダルバイクとの走力差。
特に普段仲間と走る機会の多いライダー様は自分だけがe-BIKEになってしまうと、
普段走っているメンバーと走力差が大きくなってしまい、お互いに楽しく無いのでは?という声。
私としては仲間内全員がLEVOを購入することで簡単に解決する問題だとは思っているのですが、ご安心ください。
それぞれの走力に依存してしまいますが、ECOモードで走った場合、
それほどペダルバイクのライダーさんと大きな差が出るようには思いません。
皆でワイワイ喋りながらいつも通りのライドが出来ます。
私はせっかくライドしたらちゃんと負荷も稼ぎたいので、最初の1本は電源切って走ったりして調整しています。
走力差についてはそんなに気にならないレベル。
もちろん、ガッツリe-BIKEのお客様向けのコースも準備しております。
気軽にご相談ください!
3/14 LEVOお試しライド。
今日はS-WORKSからCOMPまでLEVO SL全グレードそろい踏みのe-RIDE。
店頭試乗車で初e-BIKEのナカミーさん。
普段は勾配がきついので回避して迂回するルートも楽々クリア。
坂道発進でサドルを下げたまま、アシストが効いているのでドロッパーを上げなくても足がしんどくないんですよね。
走るフィールドの選択肢がどーんと広がるのがe-BIKEの最高なところ。
店頭にもS-WORKSからCOMPまで、全グレードの試乗車を準備しております。
試乗希望のお客様は気軽にご相談ください
3/11 LEVO散策ライド&バイク紹介
毎週弊社定休日の定例になっているLEVO散策ライド。
先日COMP CARBONを納車したJINさんとアルミLEVOのBB君。
BB君のアルミLEVOはもう完成車純正なのはフレームだけ。
全てのパーツがアップグレードされております。
ちょっと怖かったのがFLOAT X2。もともとDPX2を使用していたのですが、
どうしてもこのリアユニットが使いたいという事で、現物合わせてクリアランスを確認。
う。。。ん。。。およそ実測で1mm程度。これは。。。
まっすぐ走っている分には問題無いかもしれないけど、
捻じれるような力が強くかかった時にどうなんだろうか。
自分でも何度も乗ってフレームに横からの力をかけても接触は無し。
まぁライダーが自分から加える力なんてたかが知れてますもんね。。。
ただ、実際にX2を取りつけて走っている海外ライダーさんもいらっしゃるので、
まずは様子を見ながら試験的に使用していただいているのですが、
今のところ問題は無さそう。ちなみにレンジエクステンダーとの干渉も無し。
用経過観察ですね。
3/7 SW LEVO納車ライド
先週に引き続きLEVO納車ライドへ。今回はLEVO SL COMP CARBON。
完成車のパーツを組み替えてよりハイエンドな仕上がりに。
ご用命をいただきありがとうございます!
ホイールはROVAL TRAVERSE SL29。もちろんカーボンホイール。
S-WORKSグレード標準装備のトップグレード。
COMPグレードに付属するアルミホイールと比べると大幅な軽量化が可能です。
コンポーネントはSRAM EAGLE AXS。こちらもS-WORKS標準装備のトップモデル。
AXSを使うとワイヤー引きには戻れませんね。スプロケット、チェーンは差し色でゴールドに。特にミドルグレードからはコンポーネントでかなり軽量化が出来るので
ほぼS-WORKS使用のこのバイクの重量は18㎏。20㎏オーバーが当たり前の他社e-BIKEと比べると圧倒的に軽量。
軽量であることで下りの操作性が高く、ペダルバイクとほぼ変わらないライディングを楽しめます。
リアユニットもFACTORYにグレードアップ。写真反対側でごめんなさいのFLOAT DPX2。
フォークも交換予定だったのですが、残念ながら今季完売。。。来季モデルをお待ちいただく事に。
サスペンションのグレードでそんなに走り変わるの?なんて質問されることがありますが、
FOXトップグレードのFACTORYシリーズは明らかに走りが滑らかになります。
乗り比べるとすぐに分かるレベル。調整できる幅も増えるのでより自分のライディングに合わせたセッティングを出すことも可能になります。
個人的にですがS-WORKS以外のLEVOのアップグレードについては、
まず前後サスペンションがおススメ。明らかにライディングの質が向上します。
セッティングを終えたらいざトレイルへ。
お店から車で15分ほどの距離に最高のトレイルが広がっています。
大抵誰かしら仲間が走っているので山の中でジョイント。
今日も楽しいライドから1日がスタートです。
3/1 SW LEVO納車&試乗ツアー。
本日平日ながらLEVO納車&試乗ツアーに出てまいりました。
写真左側今回SW LEVOを購入いただいたS様。前回の試乗を経て、
予定通り(?)SW LEVOを選んでいただきました。
右は今回SW LEVOをご試乗いただいたA様。
お2人とも既にS-WORKSロードを購入頂いていて、健脚。
ペダルバイクだと案内するどころか引きずりまわされることになるのですが、
LEVOなら安心。アシストのお陰で走力がバラバラでも足並みが揃うんですよね。
平日の昼下がり。静かな山の中を独占できる贅沢。
オフロード2回目のS様は前回以上にバイクを扱えるようになっていて、ビックリ。
今回はオフロード初体験のA様にも楽しんで頂けるルートを案内。
多分、大成功だったはず。。。!しばらくすればきっとオーダーが。。。(笑)
2/26 今日は山サイルート
水曜日の今日はLEVO SL3台+ペダルバイク1台で行く山サイコース。
道の存在は知っていたものの、私も走るのは初めて。
いつものコースとは違い、アップダウンを何度も繰り返しながら走るトレイル。
ペダルバイクだとちょっとしんどい行程だし、頑張って登った割には下りで報われない。。。そんな印象のトレイルだったのですが。。。
LEOVOだとペダルバイクだと押し上げるようなセクションも余裕をもってトライできます。
登り区間で何度も繰り返し遊ぶのもなかなかキツイですからね。
LEVOなら登り区間で遊べる場所が無数に出てきます。これもLEVOの楽しみ方の一つ。
私風間がご案内させていただきます。LEVOのご試乗は気軽にお声掛けください。
2/23 バッテリー残量1の恐怖。
山伏トレイルを彷彿とさせる切通しライド。
お店から車で15分。無数のトレイルが存在しております。
LEVO SLのおかげでアプローチが過酷でなかなか走れなかった場所にも簡単に足が届きます。
これがe-BIKEの醍醐味。気の向くままにトレイルを繋いで自由にライドできちゃいます。
このままどこまででもライド出来る。そんな感じ。最高ですよね。
それでも夢の終わりは訪れます。。。幸せな時間は永遠ではありません。それが人生。
分かっていました。気づいていました。それでもTURBOモードで走っちゃうんです。。。
トップチューブに自分の命の残量が常に表示されているのはありがたいのですが、
ある意味恐怖。ご利用は計画的に。
別売りのSL RANGE-EXTENDER BATTERY 49,500円(税込)を使えば、
航続距離が50%延長されるので、こちらはLEVOユーザーには必須アイテム。
※S-WORKSグレードには標準装備
無事に電池切れる前に帰ってこれました♪
2/21 SW AETHOS納車からのLEVO SLお試しライド。
いつも大変お世話になっているN様&S様。
午前中はN様のS-WORKS AETHOSの納車。納車に来ていただいたのですが。。。
先週ご試乗頂いたS様ともお友達のN様。とってもライドの様子が楽しそうだったようで、
ご自身も試乗してみたいなぁと。もちろんそんなセリフ聞き逃しません。
納車終わった後お時間ありますか!!?と確認してトレイルライドに行くことに。
お店から車で15分。すぐ近くにMTBを楽しむための最高のフィールドが広がっております。

いつも走っているトレイルながら、昼過ぎからのライドは私も久しぶり。
日の光の差し込む方角が変わるだけで全然雰囲気も変わるし、
なによりこんな時間にお店を抜け出して来るライドは最高(笑)
もともとレースシーズン中はFTP5倍以上をたたき出すN様。
初見クリアは難しい激坂も難なくクリア。e-BIKEの必要性が少々疑問でしたが、
こうやって肩の力を抜いて遊べるのもe-BIKEの良いところ。
こんな時期だからこそ、ゆる~く遊べるe-BIKEいかがでしょうか?
2/14 LEVO SLお試しライド。
今日はSW ROUBAIX&SW AETHOSユーザーS様のトレイルデビュー。
オフロードは全くの初めてとのことでしたので、コース選びは慎重に。。。
まずは慎重にギリギリ攻略できない激坂へご招待(笑)
アシストのお陰で登坂する出力は確保できるのですが、
トラクションコントロールが上手くいかない。
ちなみに、Sさんはこの後根っこを越えた瞬間前輪が浮き上がり、
ウィリーしながら落ち葉の絨毯にダイブ(笑)
いかにe-BIKEといえども上手く走らせるための技術が必要になります。
その技術習得の過程がオフロードの楽しいところ。
今日は存分に楽しんで頂けたようで何よりです!
2/5 LEVO SL試乗&トレイルハント
今週水曜日もLEVO SLの試乗&トレイルハントへ。
個人的にこれがeーBIKEの一番の楽しみ方。
MTB始めたばかりの時って誰でも近所の雑木林にガサガサ入っていったり、
峠道の脇にある林道らしき脇道に突撃したり。皆様結構無茶な冒険した経験があるはず。

大抵の場合途中で道がなくなっていたり、自転車で走行するには困難過ぎる道だったり。
そんで来た道を自転車押したり担いだりしてヘトヘトになって戻ってくる。。。
誰しもそんなスイートな経験を経て今に至っているはず。

いつしか無駄に脇道に逸れてもあまり良いこと無いと学習して、
走りやすいいつものトレイルや常設コースばかり走っているみたいな。
それが大人ってヤツなのかもしれません。それが人生なのかもしれません。
しかし、このLEVO SLがあればあの頃の冒険心を取り戻すことが出来るのです。
それも大したリスクを負わずに。これが大人のMTB LIFE!!
これからは良くわからん怪しい脇道や、ただのケモノ道、
道に見えるナニカにも恐れずアタックしていこうと思います。
素敵な発見があるかもしれません。。。
1/20 LEVOお試しライド

今日はLEVO試乗&トレイルハントへ。
行程がハードで普段は走らないトレイル。LEVOなら朝飯前。
この日のためにS-WORKS LEVO SLも準備。
モーター付いているんだからアルミやセカンド、サードグレードで良くない?
そんな声もあるのは確か。ただ、乗ればわかるS-WORKS。
重量はおよそ17㎏。昨今のトレイル、エンデューロ系のフルサスペンションバイクは
15㎏~16㎏は普通にありますから、ほとんど重量の差がありません。
と、いう事は。。。
e-BIKEのデメリットである、重量から来る下りの取り回しの悪さをほとんど感じません。
ペダルバイクと同じように軽快に下れる事間違いなし。
最初はe-BIKEに対して重量というデメリットがあったためにあまり前向きになれなかった私も、このS-WORKS LEVOを初めて乗った時は驚愕でした。
ペダルバイクだと登るのがやっとの急こう配も、
この通りお散歩負荷で登れてほとんど汗もかかないレベル。
トレイルライドしてみたいけど、体力に自信が無くてお店主催のライドには参加しずらい。
MTBを始めたばかりのお客様からはそんな声もありますが、LEVOならそんな不安は一切なくなります。
S-WORKSに限らずアルミモデル、セカンドグレードのカーボンモデル、
それぞれお試しいただけますので、気軽にご相談くださいませ!

0 件のコメント:

コメントを投稿