トップイメージ

2020年3月31日火曜日

新井の練習日記 2020年3月編

2020年3月31日  火曜日  ZWIFTレース26分  3.9W/kg TSS 57.0
今日も帰宅前にZWIFTレース。月末の諸々で押してしまったのでまっすぐ帰宅と超絶迷ったのですが、とりま乗るをスローガンにしてるのでとりま乗る。
19時台最後のレースにギリギリで滑り込み、ほぼアップなしでスタート。今日もDクラス。
スタートした瞬間6倍でかっ飛んでいく方がいて、流石についてけねぇやという雰囲気。
一瞬ついて行こうとした流れで11名くらいの集団が形成。
3.5倍位で進んでいく集団。手元の携帯のアプリで色々視点を変更できるのでついついかっこいいアングルを探しがち。ゲーム感強し。
コースは短めの周回コース。珍しく頂上ゴールの様子。早速登りでペースを上げて集団を絞っていく。弱いくせに動いちゃうのは凄く私らしい。
そして2周目には5人グループに。
まだまだ動く。無駄に動く。まぁ、キツイ。
最後の上りゴールは短時間高強度になるので勝ち目は薄いし逃げ切れたらいいなぁと思うけど、流石に逃げ切れず。
そして最後の登りへ。約700mのスプリントヒル。少し出遅れるけど諦めなければ諦めてくれるかもと思い最後までシッティングでもがく。
残念。追いつけず。でも出し切ったので気分は晴れやか。
ご一緒した皆様ありがとうございました!

2020年3月30日  月曜日  ZWIFTレース35分 4W/kg 1時間ローラー TSS 77.7
多くのご注文をいただきバタバタな月末。本当にありがたいことです。
ついついローラーが後回しに。ようやく一段落となりましたので練習も再開です。帰宅前に1時間ほどローラー。
エントリーしたのはステージレース?のTour of Watopia。ロードかなと思ってたらMTBレース。久しぶりだったのでDクラスから出直し。
10分ほどアップできたので4倍〜5倍でグイグイスタート。早々に10人ほどの集団に。
コースはジワジワと登ってジワジワと下るレイアウトだったようで、最初の登りにはいったところでアタック。
一人、二人とブリッジをかけて来てくれて4名で抜け出す形に。
日本のDaiさんもご一緒。一人桁違いのパワーで合流してきたのでめちゃくちゃ強いだろうなと。
グイグイと後続との差が開き、完全にこの4人での勝負に。ところどころでペースが上がったりしながらも4人でペースを保ちながら進む。久しぶりのローラー。めちゃくちゃ辛い。
なぜアタックして抜け出したのだろう。。。
そして2周目の登り。勝負所。ペースがジワジワ上がっていく。辛い(´;ω;`)
そして頂上付近でいよいよ遅れだす。しかしなんとか踏ん張りやっとこさピークで合流。その瞬間にDaiさんの桁違いのアタック。ジーザス。
そこからの緩やかな下りでついていけず終了。流してゴールへ向かう。
が、後ろから猛烈な勢いで追い上げてくるライダーが。追いつかれてもいいかなぁと思ってたけどヒートアップ(笑)ギリギリ逃げ切ってゴール。フラフラ。。。
千切れてからは流してたけど最後の追い込みで4W/kgに。ほんと最後辛かった。。。
ところで、いつも私だけRIDE ONマークがついてないのが地味に気になる。

2020年3月24日  火曜日  ZWIFTグループライド40分 TSS 51.1
今日は帰宅前にローラーのみ。こうして日記を振り返ると休養日にした先週水曜日からリズムが崩れてるのが分かります。三寒四温、花粉。まぁ言い訳は色々あるわけで。
とはいえ、起床時の身体の感触・直感はとても大切。
病は気からとも言うし、メニューを決めて遂行することも大切だけど、急がば回れ。無理しない無理しない。
まぁ言い訳は色々あるわけで。

ということで今日は押しに押して帰宅前にようやくローラー。程よいレースがなかったので初めてのグループライドへ
コースをみんなでぐるぐる回って、決まった周回でスプリントの様子。
スタートからかっ飛んでいったグループは見送りし、2つ目のグループでぐるぐる。3倍超で進む。やっぱり調子が悪いのかなんだか優れない。
良く覚えてないけどそのグループからも遅れをとってしまい、こりゃいかんと5倍で追走。追いつく。やはり気。
最後にスプリント。3本ローラーなのでシッティングで。最高で700W超。ギアは52T、ローラーの負荷はもう1つ重くできるので1000Wは余裕で耐えられそう。凄いな。。。
帰宅しないといけない時間が決まってたので途中離脱。
今日もご一緒した皆様、ありがとうございました😊

2020年3月23日  月曜日  ローラー流し 40分 TSS 35.1
2020年3月22日  日曜日  SHIV DISC ライド TSS 173.7
金曜日からの3連休。金曜日はいつものパン屋さんへ60kmほど。TSSは110ほどでしたが、あまりの爆風でTSS以上の疲れ。そして新しい花粉の出現でぐったり(ヽ´ω`)ヒノキ??
せっかく今年の花粉は飛散量が少なく楽だったのですが。。。
土曜日はライドお休みして、日曜日はT野さんアテンドで境  道の駅へ。
境サンドという行列ができる美味しいサンドイッチを求めて遠回りしながらの片道50km。
バイクはVENGEからSHIV DISCへ。後方のハイドレーションは取り外して風対策。
久しぶりのSHIVでの実走だったのでポジションとバイクの特性を確認しながら。
ほぼ平地で信号・交通量も少ない良いコースでした😊また皆で行きましょう^_^
T野さんいつもありがとうございます!

2020年3月20日  金曜日  爆風パンライド 60km  TSS 110.0 
2020年3月16日  火曜日  帰宅前ローラー30分  TSS 41.1
金土日月とまとまった練習が出来ているのと、最近喉が痛いので今日は無理せず30分のみ。
今日からバイクはSHIV DISCへ。19時10分からケープエピックのレースイベントが開催されてたので面白そうとエントリー。しかし時間に間に合わず。
いざログインしてみるとまだイベントに参加できそう?とりあえずクリックしてみるといきなりコースに放り出される。
というわけでアップなしで4W/kg の出力でスタート。SHIV DISCのエアロポジションでMTBレースとかすっごく違和感(笑)しかし、コースが新鮮でとても面白い。
ガレたロックセクションとかドロップとかは無し。緩いアップダウンのグラベルコース。
皆さん3倍くらいの出力でコースを走られてて、追い抜いていくとRIDE ONマーク?をもらえたり。あれってお返しとかこっちから挨拶ってどうやってするんだろ。
挨拶いただいたライダーの皆様ありがとうございます😊
20分ほど4倍で回して、ダウンして終了。
今週末は3連休なので、少しボリューム減らして備えよう。

2020年3月15日  月曜日  ツールドつくばコースライド  54km 789mUP  TSS 181.8
今朝はS-WORKS VENGE DISC のI様にお誘いいただきツールドつくばコース試走ライドへ。
不動峠を登るのも凄く久しぶり。ましてやノンストップでつつじヶ丘まで走るのはいつ以来でしょう。平均4W/kgを目安に進む風間さんから離れたり追いついたり。
ZWIFTでやってしまってることを実走でもやってしまうとは。。。自然とインターバルになりながらつつじヶ丘へ。キツイ。
帰路はそのままスカイラインをUターンし朝日峠まで。インターバルはキツイので今度は私が先頭でペースコントロール。登りは4倍で皆様をジワジワと苦しめ、下りは脚とブレーキを使わず。
次第に風も出てきたので最後の平地もここぞとばかりに踏む。お昼はラーメンなのだ。
久しぶりにVENGE の後ろに付きましたが、ホント速そうなバイク。もちろん実際に速いのですが、戦闘機感が半端ない。
自分で乗ってる分には気づきにくいですが、バイクから漂う雰囲気というのは相手に心理的なダメージを与えるんですね。レースでは一緒に走りたくないなぁ(笑)
I様、今日もありがとうございました!またぜひよろしくお願いいたします😊
頑張ったので替え玉してもカロリーゼロです😊

2020年3月15日  日曜日  スノーライドと春 65km 598mUP TSS 154.9
今朝は皆さんとパンライド。昨日の雨は筑波山では雪に変わってることはライブカメラでチェック済だったので、雪中ライドできるなと迷わず筑波山へ。
地上の水分が日の出と共にモクモクと蒸発し筑波山を覆っていたので、雪化粧した山肌を確認できたのは梅林公園まで登ってから。見事な雪化粧に期待が高まります。
普段走ってる筑波山の景色が一変。いつも風返峠手前から一気に様相が変わるのはいつもどおり。橋はカチコチだったので大人しく降りて景色を堪能します。
普段の景色がガラリと変わるだけで非日常感が驚くほどに高まります。ライドをより楽しくするのは非日常感。これもロードライドの醍醐味です。
幸い八郷側への下りは全く問題なかったのでゆっくり下っていつものパン屋さんへ。
筑波山の真冬の光景から一変。今度は小春日和に。冬と春を満喫できて最高の天気でした😊参加いただいた皆様、ありがとうございました!

2020年3月14日  土曜日  ローラー1時間  ZWIFTレースレポート 50分3.9倍  TSS 107.8
雨の土曜日。朝はゆっくりして1時間ローラーを。
今日のレースは1周2.9kmを12周回の平坦コース。ただゴール直前に勾配のある30秒ほどの坂があり、そこからのスプリント勝負になるだろうなというコース。
Bクラスは9人ほどでスタート。他クラスも少しだけ混ざりトータルで17人ほど。スタート早々に11人の集団に。
最初はコースを覚えながら。毎周回ゴール前の坂で5倍〜6倍のペースアップがかかる。
確か5周目の坂で油断してしまい一気に11秒ほど差が開いてしまう。かなりやばい。
5倍4分を耐え、丸っと1周を使いなんとか追いつく。瀕死。やばかった。
毎周回のペースアップに対応しながら周回を重ねる。いつものZWIFTレースは30分ほどだったので1時間近いレースは初めて。長い。ようやくラスト1周に。
毎周回のアタック時にかかってた出力だと勝機はなさそう。ということで奇襲作戦に。
残り1.3km位でスルッと前に出たタイミングでアタック。最大で5秒ほど稼ぐ。
しかしアタックが早すぎて坂の手前で息絶える。流してゴール。
全員日本の方々でした。ご一緒した皆様ありがとうございました!
明日は久しぶりにパンライド。よろしくお願いいたします😊

2020年3月13日  金曜日  夜ローラー1時間  4.1W/kg30分  TSS 100.6
木曜日は完全休養日に。休養日明けの金曜日は1時間ローラーよりスタート。
いつものレースは第2ステージということでコース変更。
長い登りは無く、前半は完全にフラット。後半にかけてアップダウンが続くコースレイアウトのようで、Bクラスのエントリー人数は99人!
またもや長く速い集団で前半の平坦を進んでいく。4倍に足りない出力だと集団後方へ。4.5倍から5倍を出して集団先頭へ移動でき、4.3倍くらいで集団先頭を維持できる感じ。
流石に集団先頭維持は無理なので、集団後半でやり過ごす。
コースも中盤、時間として13分ほどに差し掛かると2%〜3%ほどの微妙な登りが出てくる。ここぞとばかりにペースが上がり集団が伸びる。まだまだ集団は大きく、ここで緩めるとあっという間に集団後方に行ってしまうので5倍以上でついていく。
初めてのコースは先が分からないので精神的にも辛い。そしてキツイアップダウンが続く。集団は少しずつ減っていき中盤を過ぎる頃にはようやく30人ほどに。
前のコースと比べてアップダウンの斜度がキツイ。その分6倍以上の出力が求められ、ジワジワと下りで差が付き始める。
登り返しでなんとか追いつくも、もう限界。そしてちょっとしたこの差が致命的に。粘りきれずにドロップ。流してゴールへ。
なかなか耐えるだけになってしまってるけど、もうちょっと高負荷に慣れることができれば先頭に残れるかも。懲りずに明日もチャレンジ。

2020年3月11日  水曜日  夜ローラー26分 TSS 51.5
0分ほどZWIFT。またちょうどよいタイミングでレースがあったのでエントリー。とはいえ、時間的に最後まで出来ないのでできる限りプッシュ。
これまでのコースとは違い、初めて長めの登りが登場。Aクラスの方が6倍近い出力で登っていくのでなんとか粘りつつ頑張る。が、流石にジワジワ離されてドロップ。
ここまででちょうど10分 平均 280W。40秒ほど休んでると後続集団に追いつかれる。せっかくなので合流しもう一度ラップボタン押し直して再スタート。程なくして下りへ。
一気に下るのではなくゆるい斜度と平地を挟みながら下っていく。先頭とは一気にタイムギャップが開いたけど、ゆるい斜度が幸いしジワジワと差が詰まっていく。楽しい。
視界に入ってきたところで10分になったので終了。平均260W。
ご一緒いただいた皆様、ありがとうございましたm(_ _)m
明日も調子よくローラーできそうだけどTSS700超えたので一旦休憩。まだやりすぎは禁物。明日は完全休養日〜(゚∀゚)

2020年3月10日  火曜日  夜ローラー1時間 TSS 100.1
午前中に1時間ローラーを。昨日と同じレースにエントリー。昨日と違うのは人数。Bクラスでトータル128人w 
これだけ多いと集団も凄く大きい。そして速い。4倍でも集団先頭にはなかなか上がれずズルズルと後ろへ下がってしまう。
逃げができるようなペースでもないので集団中盤から後方に位置取り、耐えながら進む。
アップダウン区間が始まると集団が縦に伸びるので、それに備えて少しずつポジションアップ。5倍近い出力が続き、そのままアップダウン区間へ。もう結構ヤバい。あと1周とか無理無理
なんとか命からがら2周目へ。この時点で先頭集団は40人に。集団先頭に出れるようなチカラはなく、4倍前後で集団後方をヒラヒラ。
そして始まるアップダウン区間。縦に伸びてブチブチと切れていく集団。5倍でも遠ざかっていく。。。堪らずドロップ。終了。ZWIFTでもVENGEに乗りたい。
ダウンして切り上げようと思ったけど、せっかくなので1時間TSS100を目標に再設定。
もう一度別のレースに参加してクリア。今日もご一緒した皆様ありがとうございました!

金曜日からのTSSが673。そろそろ休養日かなぁ。

2020年3月9日  月曜日  朝夜ZWIFTレース TSS 141.3
午前ZWIFTレース  14分 266W  4.2W/kg TSS 51.0 
ローラーより。ちょうど12時からレースがあったのでBクラスにエントリー。
平日、月曜日の昼ということで参加者も少なめ。20分ほどアップしてスタート。
全クラス混合だったので5倍超でダッシュ。早々に12人の先頭集団が形成される。
土日の負荷があったので、異様に脚の強さを感じる。今日のワタシ絶好調かも。
コースは29kmで234mUP。完全にフラットというわけではなく序盤はアップダウンも。
絶好調な私はイケイケでペースアップ。今日はイケる。
そして盛大に千切れる。全くもって何をしているのか自分でも分からない。イケイケとは。
しかし、結果としてイケイケな負荷で踏めたのだから良しとする。トレーニングは自己肯定感が大切。

夜も面白そうなレース?があるので出走予定。頑張りましょう!(๑•̀ㅂ•́)و✧
夜1時間ローラー ZWIFTレース 27分 277W 4.4W/kg TSS 90.1  
で、夜。ボアッソンハーゲンのレース?があるようなのでエントリー。凄い人www
ただ、グループライドのようなので10分後のレースに再エントリー。Bクラスにて。
Bクラスのみでのレース。夜ということもあり参加者数は80人ほど。スタートから5倍強で進んでいく集団。それでもバラけず、大きな集団のままで進む。皆強い。
コースは平坦基調だけど、中盤から後半にかけてキツめのアップダウンがある。画面を注視していると脳の処理?が間に合わずグワングワン(わかります?)してしまうほど。3本ローラーでは地味に危ない。
そんなきつめのアップダウンで少しずつ少しずつ人数が減っていく。
1周終えて30人ほどの集団に。皆強い。平地やちょっとした登りでも全く気が抜けない。ちょっとでも油断するとあっという間に集団後方に下がってしまう。
この辺の調整がZWIFTは難しい。無駄に脚を使ってしまう。まぁ、実際のレースだともっと難しいのだけど。
そしてグワングワンするアップダウンが始まる。ここが正念場。下手に下りで休むと登り返しで遅れる。きっついインターバルになってしまうので、こうなったらずっと踏みっぱなしが吉。グワングワンするので画面は見ない。
踏みっぱなしになったアップダウンをやり過ごしスプリントに。しかし脚は既にいっぱいいっぱい。
しかししかし、午前中の不甲斐ないレースの二の舞だけは避けなければ。
意を決して500mくらいからかかり始めたスプリントに反応。久しぶりに追い込んだけどゴールまで持たずにズブズブゴール。
13位でした。約30分4.4倍。まぁやっぱり走り方が下手なのがよく分かる。
ご一緒した皆様ありがとうございました!

2020年3月8日  日曜日  ローラー1時間  ZWIFTレース  25分 270W  4.3W/kg TSS 91.1 
今朝はT野さんアテンドのグルメライドの予定でしたが雨予報、残念ながら中止リスケジュールに。またよろしくお願いいたしますm(_ _)m
昨日の疲れもあったのでゆっくりしてから開店前にローラー1時間。ちょうどよい時間のレースにエントリー。
週末のこの時間にZWIFTするのは初めて。凄く人多いんですね。
金曜日と同じコースを2周回。全カテゴリー一斉にスタート。
絶対スタート速いだろうなと見込んで5倍〜6倍で踏んでいく。無事先頭集団キープ。人が多くて面白い。4倍ほどに落として平坦を進んでいく。そして例の登り。
今日はなるべく先頭に食らいつこうとパワーウェイトレシオを紅に染めて応戦。あまりにもきつく黄金のタレ。30人ほどが先行し、瀕死の状態で下りに。
追いつけるわけもなく、後ろからのパックに命からがら合流。10名ほど。2周目へ。
3倍後半〜4倍で進む集団。例の登りで6倍弱でアタック。もう紅には染まらない。
なんとか登りきり下りへ。スピードが乗るまで踏む。きっつい。
平坦では4倍を維持するのがやっと。捕まるかなぁとビクビクしながらなんとかゴール。
25分270W  4.3W/kg 僅かに更新。
もうちょっとZWIFTの走り方もうまくなりたい(´-`).。oO
使用しているパワーメーターはS-WORKS パワークランク。
BB30専用のカーボンクランクで621gと超軽量。
そしてBluetoothで通信可能ですので、そのままZWIFTにパワーデータ飛ばせます。途切れることもないし地味に便利です。

2020年3月7日 土曜日  90kmライド 8分42秒 4.7W/kg TSS 228.1 
今日は久しぶりの90kmライド。今週1週間しっかり練習できたのでわくわくしながらスタート。
筑波山では先頭で突入。4W/kgほどの出力でじわじわ登る予定が5W/kg近い出力が出ている。我ながら確実にオーバーペース。しかし、練習の成果を皆に見せつける時。
するといきなり横から『きっついなー』と言いながら風間さんが勢い良く追い抜いていく。お前まじかよ。
恐らく5.5W/kg近い出力が出ているはず。あっという間に差が開く。彼も本気らしい。
流石に遅れを取るわけにはいかない。覚悟を決めて追走。
5倍以上の出力が続くのはZWIFTではやってない。かーなーりきつい。なんとか追いつき、後は後輪を見て食らいつく。
梅林公園手前になると少し出力が下がり余裕も出てきた。風間さんの上半身もかなりぶれている。彼もきついらしい。
きつそうな様子を見ると俄然余裕が増す。そのままツキイチで鳥居まで。アザス。

8分42秒 2.5km   172.3mUP  平均出力 302.8W(4.7W/kg)平均ケイデンス 79rpm 

4W/kgを長時間やるのと、5W/kg近い出力で10分ほど走るのはキツさが全く違うし、手っ取り早く強くなるのは後者。花粉が落ち着いたら朝日峠10分走を復活させねば。
筑波山まで登るとまさかの雪。気温は5℃前後だったのでそこまで寒くなくびっくり。
下って八郷のアップダウンは交互にアタックをかけての追いかけっこで非常にきつく楽しい時間に。
やっぱりロードバイクはこういうのが楽しいなぁ。安全第一。

明日はT野さんに新しいグルメポイントを教えて頂くリカバリーライド。
距離を聞くと何故か100km。リカバリーとは。

2020年3月6日 金曜日  1時間半ローラー ZWIFTレース 53分 4.1W/kg TSS 113 
木曜日は休養日に。今日は開店前にローラーからスタート。
11時半に35kmほどのレースがあったのでBクラスでエントリー。
コースは1周9kmほどの平坦基調のコースを4周回。全クラス混合にて。
1周あたりの獲得標高は75m。1分弱の勾配強めの坂があり、その後一気に下って後は平坦。
スタートから4倍強で進んでいく。一気に集団は20人ほどに。そして最初の坂。
猛者たちのパワーウェイトレシオが真っ赤に染まりかっ飛んでいく。じーざす。
僅かに粘るも7倍、8倍の高負荷に耐えれるわけもなくあっさりドロップ。
同じく千切れたメンバーと3人のパックを形成。2周目へ。
そして2周目の坂で二人は6倍ほどの負荷で進んでいく。
徐々に遅れ下りで完全に置いていかれる。まだ半分にも達していない。かなり気が滅入る。
ただ、後ろのパックの勢いがあるので合流するまでリカバリー。勢いあるなぁと思ってたらTT BIKEの方だった。4.5倍位のペースで淡々とペースを作ってくれるので4倍くらいでツキイチ。
そしてスプリントポイントでいきなり加速して、そのまま消えていった。TT BIKEがNGだったからBANされたのかも。連れて行ってくれてありがとうございました。
4倍をキープしながら残った3人でゴールまで。AIさんという日本の方もいらっしゃって意識する。
このパックで先頭をとれば多分一桁だ。
残り2kmほどでAIさんがパワーウェイトレシオを真っ赤にしながらアタック。これにはちゃんと反応。しかし既に50分以上平均4倍で踏んできた脚には堪える。
なんとか追いつき、カウンターをかける脚もなくじわじわと距離を消化。
残り800mくらいからロングスパート。一気に減っていく残り距離だけを見る。
後ろからはAIさんがじわじわと迫る。ゴールラインと私の限界も迫る。
ゴール前で刺されて9位。
あと一踏みできれば。。。。いやできたはず。。。シャワーを浴びながら反芻。
いつだって思い出は美化される。
AIさんありがとうございました!m(_ _)m

終わってみれば1時間近く4倍ローラーに。思ってたよりも戻るのが早いかも。
しかし高強度がめっきり弱くなってるのでそこは要改善。週末のライドもよろしくお願いいたします!

2020年3月4日 水曜日  ZWIFTレース 21分 3.9W/kg 
定休日な水曜日もローラー出社。ちょうどよいタイミングで28kmレースがあったのでDクラスにエントリー。
昨日はMTBできつい思いをしたので、ちゃんとロードに変更してスタート。

コースはワンウェイで獲得標高100mの平坦コース。何箇所か登りがありそこで6W/kgほどのペースアップがあり人数が減ってく流れ。
しかし、今日のDクラスはっやい。平地だから集団先頭に出たり緩めたりで脚をごまかしながら進む。しかし、今日のDクラスはクソ速い。昨日と同じく4W/kgを超えてる。キツイ。
そろそろ20分、半分を消化した頃に気づく。
周りの人、ほぼ全員Aクラスやん。。。
そうか、このレースは全カテゴリー一斉スタートだったのね。。どうりでちょっとした登りで5〜6倍のアタックかかるわけだ。。。
そしてこのコース唯一の長めの登り。Aクラスの猛者たちは5.5W/kgほどで進んでいき、ジワジワ置いていかれて終了。
多分Dクラスではぶっちぎってるはずなのでタラタラとリカバリーして、最後の10分だけ後ろから来た他のクラスに合流。4W/kgを下回るくらいのペースでゴールまで。
ありがとうございましたm(_ _)m
41分  3.7W/kg  今日も良い負荷でした。
次のレースはクラス上げてBクラスくらいにエントリーしよっと。

2020年3月3日 火曜日  ZWIFTレース 24分 4.3W/kg 夜はSHIVで30分
今日は午前中にローラー1時間。ZWIFTの再登録を行ったので久しぶりにRIDE ON
あれ、なぜかMTBになってる。
まぁいいかとちょうど開催されそうなレースへエントリー。18kmくらいのレースなので時間的にもピッタリ。久しぶりなのでDクラスから。
1周2kmほどの市街地のコースを8周回。ZWIFTレースはスタート直後のダッシュで即死することが多いのでかなり身構えるも穏やかにスタート。
1箇所僅かに登る箇所がありアタックポイント。早速そこで人数を絞り、早々に8人ほどの集団に。
なぜか私だけ出力を要する。明らかに。。これはもしかしてMTBのせい?
我慢できずところどころで飛び出しては吸収されてを繰り返し、やはり最後のスプリント勝負な雰囲気。
明らかに私だけ高い出力でそのまま抜け出しを図るも、明らかに私だけ高い出力なのにキャッチされ撃沈。やはりMTB。
結果は7位。図らずもちょっと長めのFTPテストとなりました。24分 平均 263W。
ちょうどFTP 4W/kg。思ってたよりも落ちてないけど、5W/kgまでの果てしない遠さも蘇ります。
夜も余裕があればSHIVでZWIFTの予定。見かけた時にはぜひぜひお手柔らかにm(_ _)m
夜は予定通りSHIV DISCで30分ほど。ZWIFTレースもエントリー済みだったけど間に合わず・ブルートゥース繋がらずでZWIFTは断念。3.5W/kg10分だけ負荷をかけておしまい。
3本ローラーは実走感に近く、もちろん風も無いのでSHIVのポジションに慣れるのにも安全。うまく2台使い分けてトレーニングを。

2020年3月2日 月曜日  30分ローラー 
久しぶりに自腹購入です。初めてのマイローラーを手に入れました。ありがとうauPAY。
年々酷くなる花粉症を言い訳に出来ないローラー生活の再開です。
これまで使用していた店頭試乗用の4本ローラーとも悩みましたが、3本ローラーのGROWTAC GT-Roller T1 をセレクトしました。
4本ローラー同様にしっかりとした負荷をかけることができ、足を乗せても大丈夫なほど頑丈なフレーム。そして財布にも優しい価格設定(ここが60%くらい決め手)
まずは30分ほど乗ってみましたが、今の乙女脚には十分すぎる負荷に絶句でした。
まずはFTP 5W/kgとバキバキに絞れた脚を目標に頑張ります。
ZWIFTも再開しますので見かけたときにはぜひぜひお手柔らかにm(_ _)m

0 件のコメント:

コメントを投稿