トップイメージ

2019年8月24日土曜日

SANTACRUZ NOMADO275 C追加!MTBお買い得品のご案内!8/24更新!

皆様こんにちはFORZAの風間です。
こちらはBIKE SHOP FORZAMTB特価品のご案内になります。
旧モデル(フレームは現行モデルとカラーのみの違い)や、
塗装の軽微な傷、一部パーツの有無などございますが、大変お買い得となっております。
現品限りとなります。お急ぎを。
また、納車後のライドは私風間が実際にトレイルやDHコースでバイクの使い方をレクチャーさせていただきます。お客様のご希望に合わせてご案内可能ですので、
是非、ご利用ください。
BIKE SHOP FORZA
MAIL: forzatsukuba@gmail.com
TEL:  029-851-2108
2018 SANTACRUZ NOMADO C R-KIT完成車 定価:697,680円
サイズ:M
現金特価!498,000円!!
2019継続モデルです。フレームは最新モデルと同型。もちろん新品
SANTACRUZの中ではDHバイクを除き、
170mmストロークと最も下りに適したジオメトリ。
ENDUROはもちろん、パークやゲレンデのDHでもしっかりお使いいただける1台。
SRAM NX11speed仕様。チューブレス対応です。
暑さも落ち着いてきましたし、これからのトレイルやパークライドにいかがでしょうか。
2019 S-WORKS STUMPJUMPER 27.5 フレームセット 定価(税込)594,000円
サイズ:S 
現金特価!フレームセット 398,000円!!
※フレーム、フロントフォーク、ドロッパーポストの3点セットとなります。
全てメーカー完成車純正品です。
NEW XT12s 完成車498,000円
※組み立て工賃別途32,400円頂戴いたします。
SHIMANNO NEW XT12速搭載の特別完成車もご用意いたしました。
S-WORKSがこの価格で乗り出せます。
展示時にチェーンが接触してしまい、チェーンリング付近に軽微な小傷がございます。
お渡しの際はタッチアップ補修をしてお渡しをさせて頂きます。
2019 S-WORKS DEMO 8 FSR 27.5   定価(税込)885,600円
サイズ:S ※1台限り
現金特価!598,000円!!
別途組み立て工賃(32,400円を頂戴します)
お買い得の理由はコチラ。お客様対応のパーツ取りでクランクがありません。
完成車付属はSRAM XO DH。定価68,000円。はい。割引額と計算が合いません。
もちろん、クランク不足以外に特筆するような不備は一切ございません。
同クランクをお選びいただくもよし、アルミクランクを選んでコストを抑えるもよし。
事前にクランクをご指定いただき、当店で組み付けを行い納車させていただきます。
その他パーツ構成も純正完成車と全く同じものとなります。
S-WORKSですから、基本トップグレードのパーツ構成ですね。
コスミックブラックはこのガッツリ入ったフレークが印象的。
名前の通り宇宙を連想させるような塗装の仕上がり。
今後DHバイクにも29インチ化の波が押し寄せてきそうな気配。
特に小柄なライダーさんは、今のうちに275を選んでおいた方が良いかもしれません。
1台限りの特別なご提案となります。お問い合わせは風間までお早めに。
BIKE SHOP FORZA
MAIL: forzatsukuba@gmail.com
TEL:  029-851-2108

2019年8月19日月曜日

【アズマさんの納車】2019年4月8日(月)SPECIALIZED S-WORKS VENGE DISC QUICKSTEP TEAM EDITION

こんにちは。 FORZAの東です。
大阪から遠路お越し頂きました。S様。
SPECIALIZED S-WORKS VENGE DISCを納車させて頂きました。

最高の1台を御注文頂きありがとうございます!

こだわりの12°ステム。VENGEに似合います。
バーテープは、こだわりのリザードスキン。
ご希望に合わせて薄めに巻かせて頂きました。

ペダルやPioneerペダリングモニタのブルーもいい感じ♪

ホイールはステッカーチューンでホワイトロゴに。チームバイク感が増しますね♪

ちょっと?納車の様子、組立の様子を紹介させていただきます。
⇒冒頭から余談ですが、購入から納車までには
 90通以上のメールをやり取りさせて頂きました。

納車の日は、予想外の寒さ&予報外の雨。
さすが春の天気。読めないですね(汗)

最寄りのつくば駅には、9時54分着の電車でお越し頂きました。
営業時間は13時からですが、御予約の場合には営業時間前も対応させて頂きます。
⇒商談など、ご希望の御客様は気軽に御相談ください。

心配だった天気ですが、幸い納車時のポジション確認、バイクの説明を
させて頂く間に路面も乾き、なんとか試乗できるコンディションに。
ブラケットポジションなど確認した上でバーテープを巻かせて頂きました。

作業中の待ち時間には、S-WORKS EXOSを試着頂いたりしながらお待ち頂きました。
⇒気に入って購入いただきました。

納車の際には、バイクの調整の確認やポジションの確認などを
御一緒に走らせて頂きチェックさせていただきます。

もちろんバイクの性能も感じて頂きます。
カメラを構えていたところで、ダンシングでの反応チェック!!
( ゚д゚)ハッ! ( ゚д゚)ハッ! ( ゚д゚)ハッ!
あっという間に千切れてしまいました、、、さすがVENGE(汗)

実走行でバイクの性能に御満足頂いたあとは、撮影ポイントで記念撮影。
満面の笑みをお伝えできないのが残念です(笑)

バイクの重量です。ペダル込で7.42kg、ペダルが208gなので
ペダル無しの完成車重量で、7.21kg。
ガーミンのコンピューターマウント込ですのでイイ感じですね(^O^)/

店に戻ってからはバイクの微調整。
eTAPを使って慣れているとのことでシフトモードについては、eTAPっぽく。
右レバーでフロント&リアのシフトアップ。
左レバーでフロント&リアのシフトダウン。
せっかくなので、1時間ほど走ってこられるということで
その前に腹ごしらえを。ということで、御一緒にラーメンランチ。

最近マイブームで、ラーメン、つけ麺、まぜそば。
どれを食べても外すことがない七福軒へ。
鶏白湯が主力のお店ですが、その日のオススメは『純鯛蕎麦』
珍しい&以前に食べて美味しかったのでオススメさせていただきました。
私は、食べたことが無かった『担担鶏SOBA』をチョイス。
鶏白湯ベースに担担な挽肉とピリ辛な感じが相性バツグン。
最後は、スープを少し残してライスを入れたい味でしたがダイエット中につき自粛。
ラーメンについては、かなりのデーターを蓄積していますので(当社比)
お好みに併せて的確なお店を御紹介できます。気軽に御相談ください。


店に戻って、1時間ほどのライドに出かけていただきました。
お戻り頂いて、改めてバイクの性能に満足頂いたのですが、
1点。問題が発生。

ハンドル内部を通るブレーキホースが
振動でカチカチと音を鳴らしていました。右側だけです。
何台もVENGEを納車させて頂いておりますが初めてのケース。

ダウンチューブを通るブレーキホースには、
音鳴り防止のためにフレームセットに付属のウレタンチューブを通して予防するのですが
ハンドルは今まで音鳴りは発生したことがなく入れた経験はありませんでした。

しかし、音鳴りを防止するためには入れる必要がありました。
ウレタンチューブを分割して入れていきます。
そのままでは、ブレーキホースから外れてしまいますので、

心臓外科医よろしく。はずれないようにタコ糸で2箇所縛り挿入しました。
無事に解決。後ほどポジションを調整できるようにホース長に余裕を持たせたために
発生したのでは?と想像いたします。
今回の経験で次回発生した場合にもスムーズに対応できます。

お帰りは、輪行にて。ホイールのステッカーにダメージが入らないように
ホイールは付属のホイールバッグでしっかり保護。
マニュアルや小箱、シューズなどはかさばるため発送させていただきました。

全てが終わりお店を出ていただいた時間は16時頃。
行きは夜行バス+電車。帰りは電車。
弾丸ツアーで6時間滞在いただきました。
遠路足を運んでいただき本当にありがとうございました!!


せっかくなので、バイクの組立の様子も紹介させていただきます。
ちょっと長くなりますので、お時間の良い時に御覧頂けると幸いです。


まずは、ガラスコーティングより。サイズのステッカーやシリアルNoのステッカーなど
不要なステッカーを剥がします。

専用のアルコールで油分とホコリを併せて除去します。

コーティングを行います。

まんべんなく塗り込みます。その後、水拭き&乾拭きで仕上げます。
水拭きすることでコーティング剤と反応しガラス膜が塗装上に定着します。
コーティング後から組立までには最低1日は定着させるために保管します。
次にホイールの準備。
今回はのタイヤはチューブレス。 Continental Grand Prix 5000 TL です。
スペシャライズド・ジャパンとしては、ROVALホイールはチューブレスでの使用を
保証していません。ビードが簡単にあがらないということが要因になっています。
世界的にはOKです。当店では、すでに何ペアもチューブレスで納めさせて頂いております。
ただ、取付には苦労することがあります。

しかし、このタイヤは違いました。
まずは動画を御覧ください。
フロアポンプは片手で十分。簡単にビードを上げることができました。
このビードの形状がいい感じ。ということだと思います。
満を持して発売されたContinentalのチューブレスタイヤ。
後発ということでワイドリムのホイールとの相性も考えられた
設計になっていることと想像いたします。
さすが Hand made in Germany ですね。

重量は、実測で300~310gでした。 
25cなので、このあたりがバランスの良いところなんでしょうね。
CLX32、CLX50、CLX64、CL50、C38
すべてのモデルで簡単にチューブレス化可能です。気軽に御相談ください!!
シーラント剤は、片側30cc入れました。
タイヤを取り付ける前には、ホイールの出荷状態を確認しています。
振れは無いか? センターはしっかり出ているか?
ROVALの場合は出荷状態が良いのでほとんど調整することはありませんが、
リアホイールの微小なセンターずれの調整は数件行ったことがあります。
今回は問題なしでした。
 
ハブキャップを外し内部の状態を確認します。
 
 DTSwissのピンク色の専用グリスがしっかり塗布されていることを確認

フリーボディの外側は、汚れや水の影響を受けやすいので
出荷状態のグリスは拭き取り、より耐久性の高いグリスを塗布します。


他の部分にも、グリスを塗布します。

ホイールの準備ができたので、ホワイトロゴのステッカーを貼ります。
この作業は変速調整と比べると50倍くらい集中力が必要なんですよね。
けっこうたいへんな作業なんです。

キレイにできました♪

いよいよバイクの組立。

コラムをカットします。

バリはしっかりキレイにします。

次はBBのベアリングを専用工具で外します。

工場出荷時の状態で、接着はされているのですが、
接着の強度にムラがあるため必ず外して再度、接着剤を塗布し圧入しています。

ベアリングを外したほうが
Di2ケーブルの配線が行いやすくなるという作業場のメリットもあります。

外したベアリングを圧入していきます。
ちなみに赤いシールが表側(外側)黒いシールが内側になるように入れます。
内側は、シートポストの隙間から入る水の影響を受ける可能性がありますので、
対策のためグリスを塗布しています。

メーカー指定の接着剤を塗布します。 フレーム側に薄く。

ベアリング側にも薄く塗布します。 圧入すると余分な接着剤は押し出されるので
無駄にフレーム内に残らないように最低限の量を塗っています。

専用工具で圧入して、元通りです。

最後にベアリング内にグリスを補充します。

外側のベアリング表面には、やはり保護用のグリスを塗布します。

今回はシマノクランクを使いますので、アダプタを使います。
アルミとスチール。異なる金属が長い時間接触する状態は、
金属の変質が発生し固着することがあります。
そうならないように、適切なグリスを塗布します。

金属同士が接触するところに塗布します。

次にコクピットを仕上げていきます。

ヘッドのベアリングは外しておきます。フレーム側はパーツクリーナーで脱脂します。
工場出荷時のグリスを拭きます。

ヘッドには耐水性が高いグリスを使います。汗や雨の影響を受けやすいので
最もシール性、耐久性の高いグリスを選んでいます。

ベアリングにもしっかり塗布します。

これは、ヘッドの下側です。ベアリングを入れてから更にグリスを塗布します。

こちらは上側です。ブレーキホース、Di2ケーブルもハンドルに向けて出てきます。

こちらも、しっかりグリスを塗布します。フレームからはみ出さないように丁寧に。

細かいところですが、コラムに入れるプレッシャープラグも一度バラします。

金属同士の接触面にグリスを塗ることで、しっかり締まってくれます。
見えない部品ですがステアリング調整の重要な部分です。

トップキャップもグリス塗布。

方向性がありますので向きを揃えてコラムに取り付けてステムの取付まで完了。

ハンドルを浮かせて固定するとホースとDi2ケーブルの引き回しが楽ちんです。

コクピットの配線が完了。 ステム下の配線もカチッと決めてクランプします。

ブレーキホースの取付には、コネクターインサートという部品をホースに入れます。

 専用工具で押し込みます。

 オリーブという真鍮色の部品をコネクティングボルトで押しつぶしブレーキ本体に取付
シフトレバー側も同じ作業を行います。

シートポストの配線とジャンクション(コネクタ兼充電ポート)を行います。

シートポストの中にエレクトリックワイヤーを通します。

バッテリーは専用の部品でシートポスト内に固定します。

今回はワイヤレスユニットをご希望いただきましたので、ここに取付します。
こうすることでシートポストを脱着することが可能となります。

これは、シートポストを固定するためのクランプです。

これもばらして、接触する部分とボルトにグリスを塗布。

シートポストの取付は、固定力を増すための
所謂カーボングリス(ザラザラしたグリス)を塗布します。

ジャンクションを取り付ける小ねじにもグリスを塗布します。
この黒いネジは錆びやすいんですよね。

ブレーキシステムにオイルを入れていきます。

しっかりエアを抜いて完了です。

あとは、チェーンを張って、変速調整して、ブレーキを微調整して、
バーテープを巻いて完成となります。

新品のチェーンは、品質保護のためにネットリとしたオイルに浸漬されているので
軽く脱脂を行います。余分なオイルはゴミの付着を促進してしまいますので。

こんな流れで、1台1台。丁寧に組立させて頂いています。

最後まで御覧いただきありがとうございます。
記事を御覧頂いて気になるところ興味を持っていただけたところがありましたら、
私、東(アズマ)まで気軽に御相談ください。
RETUL FIT も好評受付中でございます。
TEL 029-851-2108
forzatsukuba@gmail.com

下記はオススメのバイクのご案内です。是非、御一読ください。

VENGE PRO DISC UltegraDi2 完成車 783,000円(税込)

先着10台限定!純正のCL50 DISCホイールを、
最上位グレードCLX50 DISCへ交換させていただきます!
こちらのプランも好評頂いています。10台限定ですのでお早めにご相談ください。
TEL 029-851-2108メールはこちらより
↑クリックしていただくとメールフォームが開きます。

TEAM BORA カラーは、52サイズ残り1本!!がご提案可能です。
完成車とフレーム入替え完成車価格135万円です。
DuraAce完成車。SRAM eTAP完成車。どちらも御提案が可能です。

通常モデルのS-WORKS VENGE も在庫がございます。
是非、併せて御検討ください。
S-WORKS VENGE DISC 完成車 1,350,000円(税込)
現金でお買い上げの場合には、お買い物券64,800円分をお付けします。
新サービス『FORZAマイル』対象バイクです。
店頭在庫(52、54サイズ)限定
ROVAL CLX50入替えプラン、CLX50買い増しプランも好評頂いています。
2020年モデルが発表されましたが個人的には2019モデルのロゴが好みです♪♪
52サイズ → 店頭在庫有り(店頭試乗車もございます。)
54サイズ → 店頭在庫有り 
スペシャルオファーは店頭在庫限りの御提案となります。
お問い合わせはお早めに!!
TEL 029-851-2108
メールはこちらより
↑クリックいただくとメールフォームが開きます。

S-WORKS VENGE DISC 完成車 1,350,000円(税込)
SRAM eTAP 完成車もオススメです。49、52、54、56各サイズを御注文頂けます。

お問い合わせはお早めに!!
TEL 029-851-2108
メールはこちらより
↑クリックいただくとメールフォームが開きます。

その他、気になることがありましたら大小によらず
私、東(アズマ)まで気軽にご相談ください。
RETUL FIT も好評受付中でございます。
TEL 029-851-2108
forzatsukuba@gmail.com
お客様にとって素敵な1台を選んで頂くお手伝いをさせて頂けると幸いです。