トップイメージ

2018年6月23日土曜日

UCI ディスクブレーキ全面解禁!日本も早くぅ〜 S-WORKS TARMAC SL6 DISC Di2完成車 フレーム重量公開中


いつもありがとうございます。FORZAの新井です。 麓では降って無くても山の上は雨。そんなシチュエーションが増える季節ですね。ワイドリム・ワイドタイヤの組み合わせなので下りはより慎重に。 転がり抵抗の低減は同時にグリップの低下ももたらします。太いタイヤで安心!ではないのです。 特にウェットコンディションでは顕著。 空気圧の微調整とコーナーで自転車を寝かせすぎないことがポイント。 その点、DISCブレーキなので下りでのスピードコントロール・ブレーキコントロールはとても安心でした(^^) DISCブレーキだと、リム熱からも解放されるので ラテックスチューブも安心して使えますね😊 BIKE SHOP FORZA forzatsukuba@gmail.com #sworks #roval #specialized #sworkstarmacsl6disc #ディスクロード #スペシャライズド #ロードバイク #ロードバイク女子 #ロードバイク初心者 #bikeshopforza #トライアスロン初心者 #トライアスロン #つくばスポーツサイクルショップ
FORZAさん(@bike_shop_forza)がシェアした投稿 -

いつもありがとうございます。FORZAの新井です。
もうすっかりリムブレーキSL6には乗らなくなってしまいました。
それほどまでにSL6 DISCが面白い。
リムブレーキモデルとは明らかに違う加速感。DISCのほうがバネ感というか、伸びがあって自転車を進ませるのが楽。そして楽しい。

そして下りの安定感の高さ。下ってる最中、ニヤニヤしっぱなし。
いつも走る筑波山の八郷側への下り。ブレーキポイントも少なく速度も乗るのですが、高速コーナーの安定感、ライントレース性能、どれもが素晴らしい。
はっきりとスルーアクスルと広がったエンド幅の恩恵を感じることができます。控えめに言って速い。
もうこれ(下り)ばかりはリムブレーキは勝てる余地が無いなと思わせるほどでした。

油圧DISCブレーキもコントロールしやすいし、何よりブレーキに使う力がとても少ないので、めちゃくちゃ楽ができます。これは長距離になればなるほど顕著に表れます。
もう、すっかり機材に甘やかされてます。DISCゆとり世代。
リムブレーキのカーボンクリンチャーでは使用できなかったラテックスチューブも、DISCロードなら安心して使用できます。ラテックスチューブならSOYO一択。2,700円(税込)/1本。
バルブ長は55mm。50mmハイトのホイールにはジャストフィット。
サッとちょい乗りでもブチルチューブとの違いをはっきりと感じ取ることが出来ます。
これは本当に素晴らしい。TURBO COTTONの良さをさらに引き出してくれます。
快適性は確実に向上し、ワイドリムで高まるタイヤ剛性のデメリットを上手く打ち消してくれます。チューブレスよりも手軽に導入できるのも良いですね。
ちなみに、CLX50 DISCのスーパーワイドリムとTURBO COTTON 26Cの組み合わせでは空気圧5.5BARで乗ってます。(体重62kg) ワイドリムとワイドタイヤの組み合わせでは上げすぎ注意ですよ〜。
ラテックスにすることで、6.0BARに戻して試してみようかと思います。

そしてUCIがディスクブレーキを7月1日より全面解禁!
国内(JCF競技規則)への反映が一日も早く行われることを切に願います。
次のレースイベント ニセコクラシックでは使用可能。もてぎエンデューロでもOKです。
もっと乗り込んでしっかり使いこなせれば、機材的優位を得ることができそうです。
ま、身体はか・な・りヤバイですけどねーw
2019年アーリーモデル S-WORKS TARMAC SL6 DISC R9170Di2完成車 
販売価格:1,188,000円(税込)  在庫カラー/サイズ:
GLOSS FLO RED/METALLIC WHITE SILVER/SATIN BLACK  49・52・54・56サイズ
SATIN BLACK/SILVER HOLO/CLEAN  52サイズ 
現金でお買上げの場合、5%(59,400円)分のクーポンをサービスさせていただきます。 
JACCS無金利キャンペーンをご利用いただくと、月々99,000円/12回 にてお買い求めいただけます。 Learn more
VENGE VIAS DISCやROUBAIX DISCでも感じ取れることですが、エンド幅の拡大、スルーアクスルによるエンド回りの剛性向上は俊敏性、加速性能の向上も伴います。
そしてブレーキマウントがなくなることにより本来の仕事に集中できるフロントフォーク、シートステーにより快適性が大きく向上します。 
どうしてもDISCブレーキ自体に注目されがちですが、本質はそこではありません。リムブレーキモデルではできなかったフレーム設計が生み出す走りこそ注目すべきです。
そしてDi2完成車にはS-WORKSパワーメーターが標準装備。軽さ、剛性、そして計測精度。その全てで最高を目指して作られました。BB30専用というだけでなく、このクランク一番の特徴であるS-WORKSフレームとの相性の良さもしっかりと受け継いでおります。
まず入荷したカラーはサテンブラック/シルバーホログラム/クリーンの52サイズ。
SPECIALIZEDのカラー表記は、フレームカラー/ロゴカラー/差し色(orロゴカラー)という特徴があります。サテンブラックはつや消しのフレームカラーを表し、シルバーホログラムクリーンがロゴカラーを表しております。
シルバーに光るホログラムカラーのS-WORKロゴが最高にカッコイイですね。そして、カーボンのシート模様が透けて見えるほどの絶妙なマット塗装にうっとり。。
店頭でじっくり手にとってご覧いただけます。
そして!店長試乗車として56サイズも入荷いたしました。
お客様にご提案する立場として一番大切なのは、ディスクブレーキが良い!ディスクブレーキはまだいらない!という一辺倒な考え方を持つのではなく、
何がお客様にベストで何が必要なのか、判断できる知識と経験とそれに基づく考えを持つこと。ロードバイクの楽しみ方は本当に人それぞれですから。
妄想接客にならないように、まずはしっかり乗って自分の言葉でお伝えできるように、リムブレーキSL6との2台体制です。
ロードディスク完成車は、既に油圧ブレーキもセッティング済みの状態で出荷されてきます。ご丁寧にオイルも通った状態でブリーディングもされています。
ただ、やっぱりフレーム重量が知りたかったので、完全にフレームの状態へ分解。。
果たしてその重量は。。。
56サイズのフレーム重量810g!フォーク重量340g!
ちなみに、リムブレーキUltra Light 56サイズのフレーム重量は783gですからたった27g差。
今回はS-WORKS POWERメーターを使用するので、ペダリングモニターを組み込んでいるリムブレーキSL6よりも軽量に仕上がる見込みです。
そして、新型S-WORKSパワーメーター脅威の605g。ノーマルのS-WORKSクランクとの重量差たった31gです。。。。
クランク長172.5mm、52/36Tです。軽い、軽すぎる。。。
FC-R9100 DURA-ACEクランクが170mm・52/36Tで実測重量 621gですからね。

2019年アーリーモデル S-WORKS TARMAC SL6 DISC フレームセット 販売価格:486,000円(税込) 
現金でお買上げの場合、5%(24,300円)分のクーポンをサービスさせていただきます。 
そして豊富なカラーラインナップがあるのもDISCモデルの特徴です。 
ちなみに、2019年リムブレーキモデルは21,600円の値上げが予定されておりますので、DISCフレームも7月を目処に価格改定の見込み。
カラーとサイズによっては完売もちらほら。こちらもお早めのお問い合わせがオススメです。

S-WORKS TARMAC SL6 DISC購入のご相談は、下記メールよりよろしくお願いいたします。ご不明な点やご要望はお気軽にお申し付けください。店頭での対面販売商品となります。
 ↑クリックいただくとメールがそのままお送りいただけます。
メール対応可能時間 9時〜24時  定休日も対応可能です。お気軽にお申し付け下さい。

BIKE SHOP FORZA
MAIL: forzatsukuba@gmail.com
TEL:  029-851-2108
茨城県つくば市二の宮1-13-2
営業時間  平日 13:00~19:00
土日祝祭日13:00~18:00
毎週 水曜木曜 定休日

0 件のコメント:

コメントを投稿