トップイメージ

2018年8月5日日曜日

【#8 クイックフィッティング ~N様ご家族の巻~】アズマのフィッター日記 ~S-WORKS販売日本一のショップが贈る フィッティングサービス~


#8 クイックフィッティング ~N様ご家族の巻~ 2018/8/5

皆様こんにちは。 FORZAの東です。
今日は、N様ご家族でクイックフィッティングを受けていただきました。
まずは奥様より。
サドルの悩みを主に改善したい。ライディングポジションを診てほしい。
というご要望をもとにフィッティングスタート。
まずは、ポジション変更前。
見た感じリラックスして乗っていただけている状態ですね。
すぐにサドルを交換したくなりますが、まずは基本のセッティングの確認より。
・クリート位置がニュートラルな位置にあるか?
・サドル高は適切か?
・サドルの前後位置は適切か?
すべてのフィッティングは、ここからスタートします。
クリート位置を調整。少し浅すぎる位置でしたので少々深めに。
そして、脚のポジションが内側になるように調整させていただきました。
サドル高は調整が必要のない状態でした。
サドルのお悩みは、中心部分の圧迫が痛みとして気になる。とのこと
坐骨幅の測定ですと、SPECIALIZED 155mm幅が適切な様子。
標準装備のサドルでは細すぎるため中心部の圧迫が起きていると判断しました。
はじめにPOWER 155mmを試していただきましたが、内腿の接触が気になる。
ということで、POWER ARC 143mmに変更させていただきました。
ARC 155mmも試していただきたかったのですが、
先に御予約頂いていたお客様のフィッティングで使ってしまったので
まずはARC 143mmで様子をみていただいてから、改めて試していただくことに。
※写真はステム20mm伸ばした状態
足回り腰回りの調整を終えたところで、まだ少し後ろ気味に座ってしまう癖がありました。
ここはサドル位置では調整せずにハンドルまわりの調整に。
肘をリラックスさせていただいた状態で詰まったポジションになっていたので
ステムを伸ばさせていただきました。
70mm⇒80mm⇒90mm
結局、90mmで良い感じに収まりました。
こうして改めてサドルの前後位置(膝の位置)を確認したところ
良い位置に収まっていました。詰まったポジションから身体が後ろに行きたがっていた。
ということですね。
上死点、下死点ともに綺麗に回していただけています。
調整前と調整後を並べると明らかな変化を見て頂けます。
股関節、ハムストリングス、足首の柔軟性は良好。
ですので、自然な前傾姿勢をとっていただける状態でした。
自然でリラックスしたライディングポジションはカッコよくもありますね。
実際に乗って頂いた感想が楽しみです(^O^)/
続いて息子さんです。身長180cmバイクサイズはTarmac SL6 58。
非常に力強いペダリングです。
以前に、エンデュアライフで松田さんのフィッティングを受けられたことがある。
ということで、どれだけ調整シロがあるのかなぁ~???
と思って始めたフィッティングでした。
股関節、ハムストリングスの柔軟性は問題がないものの、
足首の柔軟性は少し制限あり。
踵が高めのペダリングになるため、許容範囲内でサドルを高めにセッティング。
サドル高を10mm高くさせていただきました。
柔軟性の制限があると駄目。ということではなく、自身の体の特徴を理解いただき
その特徴に合わせた自然なポジションになっているか?
ということが肝要と思います。
その上で、さらに自由度の高いライディングポジションのために何ができるか?
と課題を設定いただくことで、よりよいポジションに調整できる。
そんな順番で考えていただくことがオススメです。
あとは、サドルの幅が気になりましたので、
POWER 143mmから155mmに変更させていただきました。
坐骨幅の測定では155mmのレンジに入っており、
見たところ真ん中に座るという安定感が少し気になるなぁと思いましたので
テストサドルでお試しいただくことに。
ビフォー・アフターでは、あまり大きな違いがみられませんね。
気持ち肩周りのリラックスした感じがポイントですかね。
それよりは、より深い姿勢になったときの上死点の抜けやすさ。
ここが感じていただける大きなポイントになりますね。
あとは、フィッティング中に
「エンデュアライフの松田さんにもまったく同じこと言われました。」
というポイントが多かったこと。
「同じ人みたいです。」と。これは嬉しい感想でした。
エンデュアライフさんでは多くのフィッティングを手がけてらっしゃるので
同じ目線でフィッティングサービスを提供できているという感想は
フィッター冥利に尽きる感想ですね。
奥様と同じくしっかり乗っていただいたあとのインプレッションが楽しみです(^o^)

もうちょっと、写真とっておけば説明もわかりやすかったのになーーーと反省。
フィッティング自体を集中して行っているのでしょうがないですね(^_^;)

ライディングポジションが気になるお客様は
当店購入のバイク、他店購入のバイクによらず気軽にご相談ください。
メールはこちらより
↑クリック頂くとメールフォームが開きます。

#7 クイックフィッティング後 ~ハンドル&ステム交換~ 2018/7/28
皆様、こんにちは。 FORZAの東です。
今日は、クイックフィッティングを受けていただきましたI様の
ハンドルとステムを交換させていただきました。
フィッティング後、2週間様子をみて頂きこれでOKという感触を持って頂きました。
DEDAで統一されていたコクピットはSHIMANO PROに一新。
バーテープの青いラインもトップチューブのロゴといい感じにマッチしますね♪
サドルはTESTサドルで試して頂いた
SPECIALIZED POWER ARCを気に入って頂き御購入いただきました。
今年の富士ヒルクライムではブロンズを獲得。来年はシルバーを目指したいとのこと。
フィッティングの効果が結果につながると嬉しいですね。
ステムの角度は10°のため、DEDAの6°よりも
もう1段階ハンドルポジションを下げることができました。
コラムは今後、バイクを乗り換えた時に譲ることを考えてカットせず。
見た目や安全の観点からは、コラムカットがオススメですが、
お嫁に出す予定がある方は、カットしないのが◎ですね。
ポジション同様にカッコいいバイクに仕上がりました(^O^)/

より良いライディングポジションのために、ハンドル、ステムを交換する。
たったそれだけでも、新車に乗るように変化を楽しめる!!
そういったこともスポーツバイクの良いところだと思います(^o^)

ライディングポジションが気になるお客様は
当店購入のバイク、他店購入のバイクによらず気軽にご相談ください。
メールはこちらより
↑クリック頂くとメールフォームが開きます。


#6 クイックフィッティング ~自分にとっての最適なポジションは?~ 2018/7/16
皆様、こんにちは。 FORZAの東です。
昨日は、クイックフィッティングを施術させていただきました。
古河市からお越しのI様
--
ロードバイクを始めて約3年経つのですが、完成車で購入したときから
感覚でサドルの高さ、シート位置の調整、バンドの高さ調整をしてきました。
自転車仲間からフォルツァ様でフィッティングをやっているというお話しを聴き、
お店もつくばという事で行きやすいかなと思い、問合せをさせていただきました。
これを機会にポジションを見直せれば
--
ということでフィッティングをご依頼いただきました。
左がビフォー。右がアフターの画像です。
ハム筋、足首、背中、腰、各部の柔軟性は十分なI様。
余裕がある状態ですが、さらにリラックスした状態で乗られていました。
ですので、柔軟性に併せて前傾が取れるように調整させていただきました。
具体的には、
 ・サドルを10mmアップ
 ・ステムを10mm延長
 ・ステム取付位置を10mm下げ
といった形で、ポジションを調整させていただきました。
またサドルをプロロゴから
SPECIALIZED POWER ARC EXPERT に変更させて頂きました。
プロロゴのサドルでは前傾姿勢を強めた際にサドル中央の圧迫を感じられていました。
これも前傾を深くとれない一因になっていました。
また、サドルの乗車位置としては少し前乗りになってしまっていたので
こちらは適正な位置に乗っていただけるように意識を変えて頂きました。
フィッティングは、サドル高やステムの長さなど物理的な変更も必要ですが、
意識の変更もより良いポジションを得るためには必要です。
こういったところは、必要に併せてアドバイスさせて頂きます。
ステム、サドルは、TEST品を準備させていただいておりますので、
まずは、2週間試していただき、その後確定となりましたら
お買い上げ頂いたパーツに交換させていただきます。
最後に
 ・ハンドルのシャクリ具合
 ・STIレバー位置を近づける
を調整させていただき、フィッティング完了となりました。
ご依頼いただきありがとうございました!
しっかり乗っていただいてからのフィードバックが楽しみです(*^^*)

Body Geometry Fit までは、、、というお客様も気軽にご相談ください。
30~60分のクイックなフィッティングメニューも準備しております。
ライディングポジションが気になるお客様は
当店購入のバイク、他店購入のバイクによらず気軽にご相談ください。
メールはこちらより
↑クリック頂くとメールフォームが開きます。

#5 Body Gemetry Fit ~トライアスロンなお客様~ 2018/6/4
皆様、こんにちは。 FORZAの東です。
今日は、トライアスロンモチベーションの女性のお客様の
フィッティングをさせていただきました。
まずは、お持ちいただいた状態を確認させていただきます。
20項目以上のアセスメントを経て、
バイクやシューズ、クリートの調整、サドルの交換をさせて頂きました。
とくに特徴的だったのはこちら。上死点を通過する際に、もう少しかかとを下げて
いただくとパワー発揮しやすいなぁというところでシューズの形状的な問題で
下げていただきにくいということがありました。
こちらはタンをカットさせていただき少しですが自由度を確保。
サドルとハンドルの落差はお持ちいただいた状態でハンドルのほうが40mm高い状態。
体格、柔軟性からは、せめて落差ゼロにしたいなぁという状態でしたが、
フレーム形状の限界からサドル+10mmアップ、ヘッド-10mmで
20mm落差を増やすことができました。
 
そしてアフター。少し反り腰の傾向がありますので、

お腹(体幹)を意識していただき肩の力が抜けて自然な形をキープしていただく
マインドチェンジをお願いして完了となりました。

フィッティングは、形だけでもダメですので
意識の変更も併せてご案内させて頂いております。

トライアスロンの大会前ということでしたが、
少しでもパフォーマンスアップに寄与できると幸いです。

当店でのフィッティングの案内は、下記リンクのページをチェックしてください。


#4 体幹・パワー領域とサドル ~New Power サドル~ 2017/7/13
いつもありがとうございます。 FORZAの東(アズマ) です。
なんだか、とてもご無沙汰。になってしまいました(汗)
全日本選手権前のバタバタバタバターっとしたサポートの時間を
少しだけ言い訳にさせて頂きます。
 
サポートの機会をもと得られた経験は、皆様にフィードバックしていきたいと思います。
さて、話しをフィッティングの話しに戻しましょう。
SPECIALIZED 2018モデル。 Tarmac だけじゃないですよ(*^^*)
というシリーズ。ではないのですが、楽しみなアイテムが多数なSPECIALIZEDです。
S-WORKS POWER ARC ¥27,000(税込)
すでに、ネット上での記事なので目にしたことがある方も多いと思われます。
SPECIALIZEDでダントツの人気を誇るパワーサドルのNewモデルです。
これまでのパワーサドルと比較すると、
 少しトラディショナルな感じのシェイプにシフトしており、
ペダリング時の内腿の擦れを低減させる方向にデザインされている。
そして、約20gも軽量♪という点は、注目されていることと思います。


しかしながら、個人的には、クッション性が向上している♪♪
という点に注目しています。
※動画ではわかりにくいかもしれませんが。
POWERサドルのフィーリングは非常に気に入っているけども、
坐骨へのコンタクトの硬さが気になる。。。というか痛い。。。
そんな理由で、S-WORKSモデルの使用を断念し、Expertモデルをお使い頂いていた
お客様も少なからずいらっしゃいました。
⇒比してS-WORKSはパッディングは薄くなるものの、
 しなりがあるためクッション性は十分♪というお客様もいらっしゃいます。
そんな、「ちょっと、、、痛いねん、、、」という印象をお持ち頂いていた
S-WORKSモデルが、従来のExpertモデルと同等。それ以上?のクッション性を持って
POWER ARC として新登場したわけです。

まだ、私自身使っていませんが、幅的には極端に実効幅が狭くなるわけではありませんので
ほぼ、同じ幅で使っていただけるのでは?と想像しています。
またパワーメーターをお使いのお客様でしたら、3.5倍20分以上的なパワー領域で
(出力で)登られる方においては、サドルへの体重の荷重は大きく無いことが想像されますので、
この場合においても、実効幅は若干狭いことは問題になってこないと考えます。

坐骨幅を測定してサイズを選択する。というのは、もちろん王道でありますが。
それ以上に細いものを検討する。というシチュエーションにおいては、
どのくらいサドルに荷重する乗り方をしているか?ということは、
サドル幅の決定に大きく寄与するファクターと思います。

いわゆる体幹でしっかり状態を支えてペダリングが出来ている方と、
どかっと座ってしまっているライダーの方では、、、、?

また、平均時速37km/hで1時間走れるライダーの方が、
あえて、平均時速20km/hで走ったとすると、お尻は、、、???

やっぱり痛くなる。という方は少なくないと思います。

つまるところ、坐骨幅以外に、サドルの形状を考える要素は多分にある。
ということになると思います。どんな乗り方をしているか?
どんな乗り方をしているときの快適性能が欲しいのか?

そういった視点で改めてサドルを検討いただけると、
ご自身のより良いパフォーマンスを引き出していただくことにもつながるのでは?と思います。

フィッティングも随時、御予約を承っております。

気軽に御相談ください。

forzatsukuba@gmail.com


#3 Why? 意識の大切さ 2017/5/24
いつもありがとうございます。 FORZAの東(アズマ) です。
この日は、バイク購入前のフレームサイズ確認のためのFittingでした。
トライアスロン復帰。ということで
一度、手放されたロードバイクを改めて準備するべく
サイズ確認にお越しいただきましたM先生です。
息子はじめ、東家のかかりつけ医としてもいつもお世話になっています。
いつもありがとうございます。
お仕事が忙しくしばらく乗られていなかった。
ということと、私自身のフィッティングスキルのアップデイトもありましたので、
事前のポジション確認は必須であります。
⇒しばらくフィッティングを行っておらず、フレームの買い替え。というお客様についても
 かならずサイズ確認をさせていただいております。新しいポジションを試すチャンス。
 より良いライディングポジションを模索するチャンス。そんな貴重な機会です。


まずは、さっとまたがっていただいただけ。
M先生。少し身体硬めという意識をお持ちですが、とくに大きく違和感はなく。
こんなところ。といった印象。 しかしながら、少しハンドルが遠そう。
肩周りに緊張が見られる。といった初見がうかがえます。
⇒この時点では、お客様には初見をお伝えしません。意識してしまうと調整後に
 うまく変化できない。可能性があるからです。

まずは、オーガニックな状態で、初期の状態を確認させていただきます。

それから、各部を確認させていただき、調整させていただきました。
さらに、少しだけ意識を変えていただきました。 
すると、、、、



少し遠いなぁ、と思っていたブラケット(レバー)までの距離感は、
急に近くなってしまいました。

一体、何を調整したでしょうか?

実は、、、 サドル後退幅が基本の位置よりも前乗りになっていたので、
10mmほど後退させました。

そうです。 ハンドルから、遠くなる方向に調整させていただいたのです。

Why ? Why ? Why ?

これがFittingServiceの醍醐味でもあると思います。
バイクフィッティングがエンターテイメントになる瞬間?そんな感じです。

あくまで、フレームサイズを確認するための事前確認。
ですので、15分程度のさっとした確認です。

もっと、ディープな世界に興味のあるかたは、フルタイプのフィッティングを御用命下さい。
プロショップのお仕事をさせていただくと、度々、お医者様がお客様。
というシチュエーションがございます。相手は、医療分野での身体のプロです。

しかしながら、バイクフィッティグに関しては、私達がプロです。
遠慮なく、物怖じせず。お伝えできることはお伝えさせていただきます(^o^)

バイクの購入をお考え。フレームの入替えをご検討のお客様は遠慮なく御相談ください。
下記のメールアドレスをクリックしてお問い合わせいただけると、
この記事を読んでいただいたお客様からのお問い合わせ。ということが判るので幸いです。

forzatsukuba@gmail.com



#2 S-WORKS販売日本一のショップが贈る フォローフィッティングサービス 2017/5/14
いつもありがとうございます。 FORZAの東(アズマ) です。
このところ、クイックなフォローフィッティングの御依頼が増えています。
⇒納車後やフルのフィッティングサービス後のクイックなフィッティングを
 フォローフィットと呼ばせて頂いております。

日曜は、S-WORKS VENGE オーナーのS様。
先週、S-WORKS SHIV でやはり、フィッティングの見直しをさせていただきました。

先日のPioneerのセミナーのフィードバックも組み込ませていただきつつ。
臀部、ハムストリングスといった大腿四頭筋以外の大きな筋肉の動員。
をよりスムーズに行っていただけるように。ということが今回のポイントでした。

SHIVのフォローフィットから一週間明けて。よいフィードバックをいただきつつ、
VENGEのフォローフィットに臨ませていただきました。
最初、拝見した際には、課題となっていた骨盤倒しすぎない。
体幹で支えるという基本的なところは早速、意識いただき自然に姿勢維持できるように
変化されていました。ですので、VENGEでは、大した変化は期待できないかなー?
と、臨んだフィッティングだったのですが、パッド落差20mmアップ。
エアロバー先端までの距離を調整。といったところで、姿勢的には大きな変化となる
フィッティングとなりました♪ 最後のバイクの調整まで含めて約1.5hですかね。

僕にとっても、次回お会いするのが楽しみになる素敵なフィッティグでした。
フィッティングサービスに興味がある方は、下記のメールリンクをクリックして
お問い合わせいただけると幸いです。

forzatsukuba@gmail.com
※上記の写真でご覧いただけるとおり、当店のフィッティングエリアでは、
 Mr. SPECIALIZEDの竹谷賢二さんが目を光らせていますので、
 下手なフィッティングは一切できないようになっております(*^^*)
 安心して御相談ください。



#1 S-WORKS販売日本一のショップが贈る本気のフィッティングサービス 2017/4/28
いつもありがとうございます。 FORZAの東(アズマ) です。

やっと、新しい記事を投稿できました。

文字数が、3000文字超と非常に長い記事になってしまったので。
お時間のある時にゆっくりご覧いただけると幸いです。


おかげさまで、まだまだご注文いただいたバイクの組立は続きますが、
まずは、一区切り。というところに到達できました。

組立作業の傍ら、毎日30分の開店準備の掃除の時間を利用したりしながら
コツコツと店内レイアウトの改善を行ってきました。
アルバイトにも3時間の助けをもらいましたが、ほぼ。私一人で行ってきました。

SPECIALIZED S-WORKS 販売日本一のショップが誇る。
最高のフィッティングサービスの提供を形にする場所が準備できました。
夜もなかなかイイ感じです♪
実は、私。 アズマは、あまり日本一。という言葉に親近感を持っていませんでした。
持てないでいました。 なんか、使うと疲れちゃいそうで。

実際は、そうなのですが。謙遜する。とい意味でもなく。
なんか、こう。 これまでは、しっくりこなかったのです。
しかしながら、立場上の特権といいますか。 ある道で日本一になったことがあるかた。
また、その立場を継続されているかた。そして、オリンピックにも出たことのある方。

そんな方々と、仕事を一緒にさせていただいたり、時間を一緒にさせて頂く傍ら。

日本一。と言うことは、そんなにストレスなことではない。と感じるようになりました。
一番の自分の中での変化は、
『日本一って楽しいこと。』
という理解に至ったことでした。
FORZAには、竹谷賢二さんのジャージがあります。
これは、今の店舗の前の店舗に移転開業するときのお祝いで頂いたものだそうです。
私の入社は、2005年の1月です。今、13年目です。

なんだか、この考えに至るまでに。とても長い時間を費やした気がします。
そして、多くの方の時間を投じていただいたと思います。

ほんのすこしずつですが、応援いただいた皆様に。お返しがすすみそうな気がします。

少し、感慨深いところもあって。 前置きが長くなりました。

本題に戻ります。

S-WORKS販売金額ナンバーワンのプロショップですので、
フィッティングサービスにも注力しています。

しかしながら、一部のお客様はお気づきかもしれませんが、
SPECIALIZEDのWebサイトの店舗検索の画面において、
フィッティングサービス提供店舗の目印となる。FitアイコンがFORZAにはありません。

なぜ無いのか? ということは少し置いておいて。

アイコンが無い店舗は、本気でフィッティングサービスに取り組んでいないのか?

という話しをしたいと思います。

当店には、フィッティングサービスを提供できるスタッフは3名在籍しています。
⇒社長も取得していますが、そもそも、日本にさえあまり居ないので(汗) ノーカン。 ノーカウントってわけです。

つまり、在籍するスタッフ全員がSPECIALIZEDが提供する
Body Geometry Corse を終了しているのです。
私は、2010年に修了し、新井、風間は、2013年に修了しています。
ちなみに、SBCU。 SPECIALIZED BICYCLE COMPONENTS UNIBERSITY
も、日本で開催される前に。 本国で受講させていただいたことがあります。
もちろん全て英語。通訳なし。 今思いだすと。よく当時の英語力で行ったもんだ。
と懐かしい想い出となっていることを感じます。

すぐに話しがそれてしまいます。 僕の悪い癖ですw
本題に戻しますね。

それで、3人の認定フィッターが居るのに、なぜ公式サイトにFitアイコンがないのか?
という話しは置いておいて、

常にフィッティグサービスを良いものに。

と考える場合に、やはり2人のスタッフが同時に行えるようにしたい。
と思うようになりました。

BIKE SHOP FORZAでは、フィッティングサービスというのは、
フィッティングを単品で御依頼(ご注文)いただいた際はもちろんですが。

バイクを選んでいただく際にも行います。

これらのフィッティングで取得した数値は、組立に反映させていただきます。
特に、現在のバイクから新しいバイクを追加いただいたり組み換えを行う場合には、
非常に重要なデータとなります。
そして納車の際にも。もちろん。
 
そして、納車後も。
乗っていただいて変化を感じていただくごとに御用命いただきます。
⇒現状、再フィットなどの料金設定が都度なので不明確ですが、今後もう少し判りやすくさせていただきます。
納車後のフィッティングは、
サドルの変更や、シューズの交換。クリート交換などのタイミングで
御依頼いただくことも多いです。

ということで、フィッティング命。なフォルツァ(特に私、アズマさん)としては、
週末などになると、フィッティングエリアのキャパシティが原因で
納車や、バイク検討の御予約を調整させていただく過去もありました。

なので、2台以上の同時フィッティング。という環境整備は必然だったのでした。

これで、社内の予定調整もイチイチ確認しなくても、
状況に応じて、鏡側をどちらが使うか? という調整くらいで済みます。
⇒もちろん、鏡の追加も検討しています♪

フィッティングエリアの設備。トレーナーの仕様について、説明させていただきます。

手前味噌になりますが、
またフィッティングエリアを2つ用意しているというのは
全国でも少ない事例だと思います。
※検索していないので知りません。知っている方はメールでこっそり教えてください forzatsukuba@gmail.com

そして、すぐに6種のホームトレーナーをすぐにお試し頂ける。
そんなショップも、かなり少ない例だと思います。

一番、最近導入させていただいたのはコチラです。

 MINOURA  FG540 51,500円(税込)
今後の販売増加が予定される、ディスクロード対応のために導入させていただきました。
MTBでのフィッティングも、これまでは、一工夫必要。でしたので、
これでスムーズにフィッティングに望めます。
シクロクロスも選手サポートをはじめ、販売注力させていただいていますので、
FG540のフォルツァでの活躍は必然です。

一番稼働率が高いのは、
 MINOURA  FG540 41,500円(税込)
です。
水平がだしやすい。という点と。
店頭試乗車で購入前のフィッティング、サイズ確認をさせていただく場合に
速やかにバイクsettingが可能。ということも理由になります。
フォルツァでは、販売前のサイズ確認をより具体的に感じていただけるよう。
【写真準備中】
SPECIALIZED Tarmacのサイズ49、52、54、56、58という
国内展開サイズ。5サイズを全て試乗車として準備しております。

ご自宅用に購入がオススメなのは、MADE IN JAPAN のグロータック社の製品です。
 GROWTAC  GT-Roller Flex3 74,196円(税込)
実走行感がしっかり感じていただけるフロント固定タイプのトレーナーです。
負荷調整も可能。バッチリもがきたい!!という方にもオススメ。
残念ながらスルーアクスル対応アダプタは現在開発中。
ということと、フィッティングにおける水平調整が3点必要。
という理由でMINOURA FG540を急遽導入したのです。
静音性と実走行感で選ぶならコチラがオススメです。
メーカーサイトはコチラ
 GROWTAC  GT-Roller Q1.1 95,040円(税込)
いわゆる4本ローラーです。3本ローラーと同様にバイクをトレーナーに固定する。
という準備が無いために、毎日トレーニングしたい。という方にもオススメです。
毎日練習したいけど、
『準備がなーーーー。今日は時間が微妙なんだよな。。。』
そんな方にとってトレーニング継続のための時間節約にも寄与してくれます。
メーカーサイトはコチラ

ローラー。ホームトレーナーの購入をご検討の方は、スタッフまで気軽にご相談ください。

forzatsukuba@gmail.com
029-851-2108

 
そうそう。 課題だった。 VENGE ViAS の完成前の試乗チェック。
これも、ハンドルポジション。ステム長、ステム取付高を変更しながら
実際に走ってポジションを確認いただいてから組立の仕上げに入る。
というシステムも、ほぼ完成しました。 
当店にてVENGE ViAS の購入を検討されていて、コチラのシステムが気になる方は。
私、東(アズマ)まで、ご相談ください。
下記のメールリンクから、お問い合わせいただけます。

forzatsukuba@gmail.com

詳細は、新連載でアップさせていただく予定ですが、
アップに1週間ほどかかる予定なので、特にVENGE ViASのリムブレーキタイプを
ご検討でお待ちいただけない方は上記リンクより早めにご相談ください。  
店頭在庫、メーカー在庫 ともに残りわずか。となっております。

長文。最後までお付き合いいただき。本当にありがとうございます。

引き続き、皆様の応援(御注文)をチカラに変えて。
記事の連載を継続させていただきます。

面白い!! という方は、そんな感想も気軽にメールいただけると幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿