トップイメージ

2016年11月4日金曜日

愛車のSTANTONで行く。風間のBIG TRAIL RIDE。

BIG TRAIL RIDE 今回も素敵なTrail tripへ繰り出してまいりました。
朝8時キリッとした寒さの中、お目当てのTRAILを目指してアプローチの峠を登る一行。
気温は6度。かなり冷えます。
今回のお山はかなり上まで舗装路でアプローチできるので非常に楽ちん。
とはいえ標高は1000mを越えているので、1h程舗装路を登っていきます。
皆でワイワイ話をしながら登るとすぐに体も温まってきます。
TRAILに入るとお約束の押上げ。40分程。皆押上げが早い。
私はあっという間に置いて行かれます。。。
熊がいたらどうしよう。とか、すごく気になってなるべく大きな声で叫び続けます。
誰か僕の自転車を担いでください。と。
愛車のSTANTON BIKES SLACK LINE。いつ見てもカッコイイ。
ハードテールになって、担ぎがとっても楽に。。。なったのですが。。。
担ぐスピードは変わりませんね。
  
ガッツリ登った後はガッツリ下ります。
HHH代表横田さんの気持ちのよいライディング。
もう少しすると紅葉の最高に気持ちのよい景色の中走れそうですね。
前日の雨で根っこゾーンはなかなかテクニカルな状態。
ハードテール乗りの私とM角さんは微妙なライン取り、トラクションのかけ方等、
試行錯誤しつつフルサス組の皆様に続きます。
根っこ&ドロップゾーン。今までフルサスの恩恵が大きかったのだなと、改めて実感する瞬間。
縦の動きが大きいと、リアサスがない分、スピードを出せば出すほどに。体に負担がかかります。
しかし、どこに体重を置くべきなのか、どうすればよりスムーズに走れるのか。
常に模索しながらのライドはとっても楽しい。
こんなポイントもあったり。上下左右に本当に楽しませてくれるTRAILです。
この日は結局おかわりして2本目まで。流石に2本の担ぎで足はパンパンに。。。
紅葉の中、落ち葉の絨毯の上を走る気持ちよさはこの季節の醍醐味です。
最後にMY BIKEのご紹介も少し。
このSTANTON。ハードテールで下りをガシガシ攻めたいライダーにはピッタリ。
私はオールマウンテン系フレームのSLACK LINE。
推奨ストロークは100~140mm。体への負担を軽減するために、
フロント三角により柔軟性の高いパイプを使用し、マイルドな乗り心地。
そのくせ登りはスイスイ登ってくれる、まさにオールラウンダー。
リーチが深めなので、しっかりと前に荷重をかけることが出来て、
コ-ナーリングもかなり気持ちいい。今一番おすすめのリジットフレームです。
フレーム価格は129,000円。
こちら現在入荷待ちのSWITCH BACK。こちらはより下りに特化させたフレーム。
推奨ストロークも120~160mm。基本的にチェンステー短め、BBハイト低め、リーチ深め。
というポイントは抑えつつも、よりヘッド角を寝かせたジオメトリで、
高速域での安定感も抜群なんだとか。。。パークライドにもオススメのフレーム。
すでに3本ご予約ていただいております!入荷が楽しみ♪
こちらのフレーム価格も129,000円。
STANTON BIKESの御相談は是非FORZAの風間まで!よろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿