トップイメージ

2017年1月30日月曜日

ENSのお供に! 2017 S-WORKS ENDURO650B 

2017 S-WORKS ENDURO 650B入荷!!
2017 S-WORKS ENDURO 650B 定価(税込)989,280円
カラー:サテングロスグラファイト/カーボン/ブラック    サイズ:S

皆様こんにちは。BIKE SHOP FORZAの風間です。ヤバイの入荷してます(^^)
2017年SPECIALIZEDのMTBラインナップの中で最も注目される1台。
S-WORKS ENDUROがBIKE SHOP FORZAでご覧頂けます。
フルモデルチェンジを果たしたENDURO。早速ご紹介させていただきます。
まずはフレームからですね。ENDUROといえば特徴的だったのがX-WING。
発表前にDEMO8とフレームがかなり近くなるようなデマ情報もでておりましたが、
安心してください。しっかりXでございます。つや消しと艶有りのツートングラファイトカラー。
 
ENDUROもホース類は完全内装式になりました。
RDのところの出口も、シフトワイヤー1本分。遊び無し。
今まではここの出口がガバッと空いていたので、
マッドコンディションや洗車のときに気になるという方も少なくなかったのではないでしょうか?
細かいところですが、こういった部分のアップデートが素早いのが素晴らしい。
BBがねじ切りタイプに変更になっているのにも驚き。
異音、BBの耐久性、汎用性それらを加味してこの規格に戻してきたとのこと。
SPECIALIZEDがライダーに寄り添ったブランドであることの証明でもあります。
それもそうですが、何か気になりませんか?
そう、これ。リンクボルト一体型のワイヤー受け。EPICやSJ FSRと同じく、
BB下から外装にする方法も合ったと思うのですが、ストローク量の大きいENDUROの場合、
フルストロークした時にワイヤーがかなり大きく引っ張られますので、
ワイヤーの余裕を大きく取らないとなりません。結果BB下で弛ませることになります。
昨今のフロントシングル化に伴い、チェンリングが小径化されたことにより、
チェンリングの面位置とBB下のワイヤーの面位置に差が無くなり、
大きな障害物の乗り越えの際に、
ホース類がダメージにさらされるリスクも多くなってしまったともいえます。
だからこそのこのルーティングなのではないか!!などと想像しています。
場所的にタイラップでまとめづらいし、タイラップ止めは美しくない。
そこでこのアイディア。カッコイイっす。
リアユニットにはDEMO8開発でタッグを組んだオーリンズ製のリアユニット。
触るのは初めてだったのですが、セッティングが比較的容易であることと、
動き出しのスムーズさも抜群です。ストロークさせると、奥でしっかりと粘ってくれるような印象。
ENDUROになるとDHレースでの使用や、パークライドも十分有りえますので、
トレイルバイクよりはDHバイクに少し寄せているような印象です。早く走らせてみたい。。。
165mmトラベルです。
コンポーネントには、XX1 EAGLEのフルセットがアッセンブルされてきます。
リア50Tいつ見ても大迫力です。カラーはBK。
ゴールド程の激しい主張はありませんが、バイクの色を邪魔せずに、渋くまとめ上げています。
余談ですが、私イーグル=鷹だと思っていました。鷹はホークで鷲がイーグルなんですね。
主観ですが、なんとなく鷹のほうがカッコイイイメージだったので、
鷹だとばかり思っていました。鷲さんすみません。
さて、歯の形状がさらに最適化されたEAGLE。
これにより従来のXX1と比べチェン脱落とロードノイズが低減されるらとのこと。
チェンの脱落に関しては11速時代からほとんどありませんでしたが、
よりハードなライディングが想定されるENDUROには嬉しい変更点。
このクランクセット単体で11速時代と比べ大幅な軽量化を果たしており、
12速&50Tという壁を乗り越え重量増を最低限(100g以下)に抑えております。
フロントサスペンションにはROCK SHOXのリリック。
こちらもENDUROレース用に一気に最上位グレードへ格上げとなりました。
インナーチューブはPIKE同様より高剛性の35mmへ変更され、
もはや説明不要のチャージャーダンパー搭載。ストロークは160mm。
そして、2017モデルからBOOST規格採用となっております。エンド幅は110mmです。
BOOST規格採用により、剛性も格段にアップし高速域での動作もより一層スムーズに。
どんどん無敵感が強くなっていくなこのバイク。。。
ホイールにはTRAVERSE SL 650B
内径30mmのワイドカーボンリムを採用。3.0インチまで対応可能なホイールです。
完全に下り仕様に振っているにも関わらず、重量は1530g!
ワイドリムが良い理由はロードと同じで、タイヤの空気容積が増えることで、
乗り心地が良くなることなどが有りますが、個人的には、
チューブレス使用時に強い横方向への変形が発生することで、
タイヤが捩れてシーラントが吹き出すあの減少が大幅に軽減されます。
「バーピング」というんですって。初めて知りました。
びっくりするんですよね、バーストしたかと思って。
重量級ライダーの私は低圧で乗ると結構バーピングするので、非常に助かります。
ブレーキには評判の良いSRAMのGUIDEシリーズ。RS CARBON。
4ポッドピストンの大きな制動力と、繊細なコントロール性能を兼ね備えております。
まさにこのバイクにピッタリのブレーキ。S-WORKSは上位グレードのRS CARBON搭載。
 
もちろん内装式ドロッパー搭載です。このトリガー型レバーは本当に使いやすくで便利。
新型のIRCCポストもほぼ無段階に等しい感覚で使用できますし、
非常にシンプルなシステムなので、耐久性が高く、
セッティング変更などでワイヤーの長さを調整する際も本当に手早く完了できるので、
ライダーとしてもメカニックさんとしても嬉しい1品。

店頭で実物をご覧頂くことが可能です。
S-WORKS ENDUROをお探しのお客様は、是非BIKE SHOP FORZAにお越しください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
下記、無金利キャンペーンもぜひご確認ください。金利手数料を弊社が負担いたします。
 JACCS 無金利キャペーン  
  
JACCSのキャンペーンはコチラl
お問い合せはお早めに。詳細はスタッフ風間まで、お気軽にお問い合わせください。
メールでのお問合わせはこちら!
BIKE SHOP FORZA
MAIL: forzatsukuba@gmail.com
TEL:  029-851-2108
茨城県つくば市二の宮1-13-2
営業時間  平日 13:00~20:00
土日祝祭日13:00~19:00
毎週 水曜定日

0 件のコメント:

コメントを投稿