トップイメージ

2016年5月2日月曜日

お泊りで行く!山伏トレイルツアー初日。西伊豆でMTBを堪能しています。

お泊りで行く、山伏トレイルツアーご参加ありがとうございました!
GW初日、念願の一泊二日の山伏トレイルツアー。
新緑美しい西伊豆のトレイルを二日間に渡り堪能し尽くしました。
それでは、ツアーの模様を振り返ってまいります。
西伊豆松崎町。お天気の心配されたGW初日でしたが、晴れ間も覗く程に回復。
時々通り雨がありましたが、西伊豆の新緑をより一層色濃く見せてくれていました。
10名でのツアー。搬送車もフル稼働です。
3年前に注目の的だったこのキャリアー。まだまだ現役で活躍しております。
雨上がりの森のなか。緑の匂いが立ち込めます。
コンディションはウェット気味。前日に相当雨が降っていたらしいのですが、
水はけの良い山伏トレイル。翌日にはこの通り、走行可能な状態に。
まずはK沼さんのライディング。1本目は体も硬いので、
走り慣れたこのコースで体をほぐします。
試運転でもK沼さんのクールなライディングは健在。勉強になります。
カラフルな山の中。人数が多いと、山の中でも笑い声が尽きません。
私の笑いのセンスも冴える一方でした。
しかしながら撮影の技術は一向に冴える気配がありません。。。
ちなみに。。。動画以外はほとんどK波様からのいただき物。
動画の編集から、写真データの提供まで。いつもありがとうございます。
今回山伏初参加のT留さん。本格的なトレイルは1年ぶり。
の、割には。。。全く恐れること無く、爆走。二日前に組換させていただいた、
NEW XTRいかがでしたか?
この通り。下りの姿勢にも余裕があって、柔軟なんですよね。
フルサスとハードテール、両方に乗っているというのもあるかもしれません。
全てのセクションで転んだ!と笑っていましたが、
多分今日あたりは体もバキバキなのでは。。。引き続きライドのご参加お待ちしております!
そして、今回のツアー参加の発起人でもあるM角さん。
初日はFIRE EYEのFLAME。フロントにはROCK SHOXのYARI140mm。
山伏トレイルを楽しむためのバイクと言っても過言ではありません。
まだ納車して間もないのですが、だいぶ乗り方も理解されてきたご様子。
そして翌日はSW EPICでEPIC RIDEツアーに参加。
と~っても贅沢な楽しみ方をされていました。
トレイルを下りきるとすぐに海。山と海。この距離感が関東平野に育まれた我々には、
羨ましいところでもあります。GWということもあり、海岸にはチラホラと観光客の方も。
早速海で遊ぶ私とM角さん。洗車を怠るとホイールが大変なことに。。。
なんとなく構図が「こらこらぁ♡待てよこの~」「うふふ♡待たなぁ~い」
的な感じな事に大きな意味は無いはずです。
片や砂浜での転倒をメイクするT留さん。
なるほど。全てのセクションというのはこの事だったのか。。。
と、あっという間にお昼ごはん。徒歩30秒の民芸茶房さん。
小鉢にこれでもかと並べられる山の幸、海の幸。
特に塩辛は絶品。毎回必ずおみやげに買って帰るのです。

昼食を終えると、皆様のギアもどんどん上がっていきます。
 
私もシャドさんに撮っていただきました。いやぁ楽しかったなぁ。このトレイン。
撮影のために結構詰め詰めではしっているので、前を走るSさんを信用して走ります。
転んだら私も一緒です。多分。
私が撮影したのがこちら。Sさんとは久々にご一緒させていただきましたが、
こちらもご機嫌なライドですね~。
そしてご機嫌な発射!ブラウンのナイスフォローも入り、間一髪。
そして私は笑いすぎ。
幸い怪我もなく、1日目のライドは終了。
そしてここからが松崎町を遊びつくす第二部の始まり。
徒歩1分のホテルにチェックインし、温泉で汗を流したら、
徒歩5分にある地元の絶品料理を出してくれる「さくら」さんへ。
山伏トレイルツアー代表の松本さんも合流し、楽しい楽しいトレイル談義。
キンキンに冷えたビールと、海鮮料理に、山菜の天麩羅。
1品しか頼んでいないはずなのに、テーブルの上はこんな状態。
天ぷらサービス、他にも色々。食べきれない程。本当最高。
こうして松崎町の夜は更けていきます。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿