トップイメージ

2016年6月1日水曜日

新井のMY BIKE SPECIALIZED STUMPJUMPER FSR 6FATTIE整備日記

新井のMY BIKEである、2016年モデル SPECIALIZED STUMPJUMPER FSR 6FATTIEの整備日記です。
ロードとは違い、数多くの規格がてんこ盛りになっている昨今のMTB事情。
日々日々勉強であります!
練習日記でも取り上げさせていただいた記事を見直しやすいようにまとめてみました。
ご不明な点やお気づきの点はお気軽に新井までお申し付け頂けますと幸いです。

2016年6月1日 水曜日 ブレーキブリーディングとブレーキパッド交換
いつもありがとうございます。FORZAの新井です。
季節の変わり目の影響をガッツリ受け、体調を崩し気味のワタクシ。
皆様もくれぐれもお気をつけ下さいませ。

そんな練習ができない時こそ、BIKE整備のタイミングであります。
普段はライド後の洗車・注油とタイヤ・サスペンションのエアー管理のみを行ってきましたが、
前回のしっかりとしたメンテナンスからまるまる4ヶ月。
シェイクダウンから早くも半年が経過しており、そろそろブリーディングのタイミングでもありました。
シマノのミネラルオイルは、新品の状態でピンク色。これが劣化とともに次第に色が薄くなり、最後は汚れと合わさり黒くなっていきます。
ブレーキ側からレバー側へ注射器にてオイルを送るのですが、その時にレバー側へ押し出されるオイルの色を見る瞬間はいつもドキドキ・ワクワク。
写真に残すことが出来なかったのですが、私の使用頻度で半年経過したオイルは薄ーーいピンク色。少し透明に近い状態でした。
早め早めの交換で、気持ちの良いフィーリングを長持ちさせたいですね
オイルよりも衝撃だったのがブレーキパッド。
前回のライドの終盤。明らかにフロントブレーキのタッチと音が変わったのでブレーキパッドを交換しなきゃなーと思ってたのですがここまでとは。
良い大人の皆様は真似してはいけません。。これこそ早め早めですね。反省。
純正はレジンパッドだったのですが、今回はメタルに。これで耐久性もUP。
ブリーディングと合わさり、非常に気持の良いかっちりとしたフィーリングになりました。
次のMTBライドが楽しみです♪
この体調不良も自転車に乗ったほうが治る気もするなぁ。。

そんな私が愛用するSPECIALIZED STUMPJUMPER FSR 6FATTIE。
既にメーカー在庫今期完売ですが、Sサイズのみ店頭在庫ございます。

しかも!!!30%OFF!!294,000円(税込)でご提案中です。

こんなに楽しいBIKEが30万を切るオファー。。。1台限りですのでお早めに!

こちらのbikeradarの記事も要チェックです。
抜群の安定感と安心感。そして実際に速い!27.5+(6FATTIE)は、来期も更にラインナップの増加が予定されております。
ぜひぜひ、このタイミングをお見逃しなく。


たくさんのお問い合わせお待ちいたしております。

2016年 2月1日 月曜日 変速一式XT化!
 
先日のスノーライドで壊れてしまったSRAM GXリアディレーラー。。。
交換をと思いましたが、メーカー在庫も欠品中。
しかも地味に高いのです。19,440円(税込)なり。
じゃぁ、シフターとリアディレーラーを一気にM8000系のXTにしちゃえば良くない?ということで、11速XT化してみました。
ちなみに、シフター(5,975円)・リアディレーラー(9,966円)の計 15,941円(税込)ということでお財布にも大変優しいのです。
 
そして、XT化することでブレーキとの一体感も増すことができます。
FSR 6FATTIEには、元々Deore i-spec Bタイプのブレーキレバーが採用されており、i-spec Bタイプのシフトレバーを選ぶことで非常にスッキリと取り付けが可能になります。
ブレーキレバーに設けられている取り付け穴に、シフターに付属するナットを装着。
そしてシフターをボルトオーーーーーン!!!
なにこの合体感。。。か、カッコイイ。。。幼少期の記憶が蘇りウズウズ。。。
ハンドル周りが非常にスッキリ♪
そして変速のタッチがとても気持ち良いです。
カチン!カチン!カチチン!カチチチン!!(多段変速)。
この変速してるぜ!的な手に帰ってくる感触。素晴らしい。。。

明日の朝朝日は、チューブレスとXTのシェイクダウン!楽しみです!

2016年1月27日 水曜日 待望のスノーライド!捻挫!RD破損!そしてチューブレス化。 
ライドで痛めてしまったリアディレーラーの確認と6FATTIEのチューブレス化を行いました。
リアディレーラーはどうやらご臨終の様子。この機会にXT化を図ろうかな。。。
そしてこの6FATTIE完成車はチューブ仕様ですが、シーラントを入れればチューブレス化が可能な2BLISS READY対応となっております。
既にリムテープも専用品ですので、チューブを抜いてシーラントを入れればOKなのです♪
チューブレス化することにより、さらに低圧で走ることが出来ますので更にグリップが高まります。
リム打ちパンクの危険性もグッと下がりますので良いことずくめ。
そして、チューブが太い6FATTIEやFAT BIKEでは足回りの大きな軽量化を図ることも可能です。
チューブレス用バルブも最初から付属してきます。シーラントと併せて177gの重量増です。
チューブを取り出し、専用バルブに少しグリスを塗り気密性をUPさせつつリムに装着。
そしてシーラントはダイレクトにタイヤへ。
後はいつもの様にタイヤを嵌めて、一気に空気を入れてビードを上げます。
そして気になるチューブの重量測定。流石6FATTIE、チューブも重いっす。
その重量差146g。これが前後ですのでトータルで300g近い足回りの軽量化になりました。
私自身、MTBのチューブレスに乗るのが初めてですので
チューブから実際どの位変わるのか、本当に楽しみです!

2016年1月13日 水曜日 オートサグ編
SPECIALIZEDのリアサスには、オートサグという素晴らしい機能があります。
サスペンションには装備品を含むライダーの重量に適した空気圧をセッティングしなくてはなりません。
体重は大きな変動はなかなか無いですが、装備品の重量は持っていく水の量などで大きく変わります。
いわゆるサグだしと言われる準備ですが、オートサグならとっても簡単♪
300PSIほど空気を充填して、バイクに乗車。
そして、赤いバルブを押して空気を抜くだけで適正なサグが取れてしまいます。
私のようなビギナーは、まずは基本を忠実にです。

2016年1月12日 火曜日 SJ FSR 6FATTIE整備日記
いつもありがとうございます。FORZAの新井です。
今朝は、窓をあけると小雪混じりの雨。サプライズな雪に一気に目が覚めました。
明日のMTB遠征ライドはもしかしてスノーライド!?なんて期待もしつつ、
先日のMTBライドで痛めてしまった6FATTIEの整備をご紹介いたします。
 
まずは、内蔵コマンドシートピラーの再調整を。
SJ FSR 6FATTIEに採用されているコマンドポストは、IRCC 43,200円です。
シフタータイプのレバーでワイヤーを引いて、サドルへの荷重を調整することによってシートピラーの高さを10段階の微調整が可能となっております。
このレバー(6,480円 税込)もとても操作が行い易く、ワイヤー調整もスムーズですのでオススメです。
このエンドキャップとワイヤー留めまでの長さは、17mmと細かく定められております。
組み付け時は、ワイヤーの伸びを考えて1mmほど短くしてしまっておりましたので、もう少し余裕を持たせて再調整しました。
ここの長さが短いと自然とワイヤーを引いてしまうことになり強い衝撃でサドルが下がってしまうのです。
そして立ちゴケで大きくダメージを与えてしまったリアディレーラーハンガー。まずは現状確認を。
なんと2cm近く曲がってしまっておりました。ライド中は再調整が必要なほどでしたので覚悟はしておりましたがここまでとは。
ここまで曲がってしまうと交換がベストです。
交換する前に、応急用のスペアとして携帯するために修正してみましたが、思いの外柔らかくて修正完了。
しかし何度も曲げると強度が劇的に落ちますので常用は出来ません。
新品のディレーラーハンガーに交換し、チェック。気持ちいいくらいにピッタリです♪
ギアの調整も気持ちよく決まります。
そして、洗車をして終了です。

0 件のコメント:

コメントを投稿