トップイメージ

2016年1月14日木曜日

風間のBIG TRAIL in DAIGO!!今日もトレイルは最高です。

2016水曜ライド第二弾。BIG TRAIL RIDE in DAIGO。
スタッフ3名でのMTBライドは実は初。東フィッターとのMTBライドは。。。
実に3年ぶり??全開のライドに続き、良い画が撮れるかもしれない。。。
そう思い一路北へ。茨城最北端を目指します。
出発は少しゆっくりと朝9時。同じ茨城でも北と南では大違い。縦長の茨城県。
前日の天気予報を見ると山頂-17℃という目を疑うような数字が。。。
いつも以上に防寒を厳に。しかし。。。約一名普段のロードライドと変わらない背の高い人が。
雲一つない快晴に、風も穏やか。今回も天気に救われました。
アプローチの長い長い舗装を走ります。
山頂までは一気に峠道を登ります。ちょっと道を間違えます。
あれ??こんなに長かったっけ??それに急勾配。。。長い峠道。
今回もご参加(実は水曜が休み)のヒーハーズハウス代表。
3年前は舗装路を登るのすらバイクを押して。登り切った頃には魂が半分抜けかかる、
トレイルに入って全て抜けるという苦い思い出を払拭するのも目的でしたが、
余裕の表情。人の成長とは凄いものですね。
ずっと一緒に走らせていただいている私としては、感慨深いものがあります。
何が一番驚いたかというと、3年一緒に走ってきて、
水曜日がお休みだった事に初めて気づいたということです。
毎週休んで大丈夫なのかな?とリアルに心配していたのですが。。。
およそ90分程のアプローチを経て山頂へ。景色も最高です。
四方を山に囲まれ、筑波山も遠くに。小休止の後いよいよトレイルへ。
熊笹の群生を抜けていきます。
年代物のROCK HOPPERで参戦の東フィッタ-。Vブレーキ仕様です。
そう、走りだしたら止まらないのが東フィッターなのです。


しかし。。。この熊笹。。。こんな具合です。これはまだ良い方で、全然走れている方。
道らしき場所をなんとなく見極めながら走りますが、倒木が横たわっていたり、
切り株が出ていたり、直前まで目視できないので、スピードを出すのはかなりの恐怖。
先頭の役割はスピードをコントロールし、障害物を後続に知らせることでもあります。
私は動画撮影があるので、先頭の新井Tを信じて進みます。信じて。。。

1:30突然目の前に熊笹に隠れた倒木!!
そうウチの店長目が良くないのです。決していじわるしたわけでは無いのです。本当かな。。。
おもしろ動画作成はゴメンですので、私が前を走ります。
そして問題はこの後、動画3:00辺りでしょうか。後ろから叫び声が聞こえます。
走っていた私が振り向くと

!!

物凄いスピードで走り去る黒い塊!
うりぼうが前輪に激突。そして店長落車。激しく尻もちを付きしばらく動けなくなります。
一瞬冷や汗が出ましたが、お尻で良かったですね。ちょっと動画欲しかったっす。
その後もトレイルは尾根沿いに下っては登ってを繰り返します。
止まらない男改、止まらない自転車に乗る男東フィッター。
流石ですね。しばらく乗っていなくても体は覚えているのです。
減速をしない(できない)走りには眼を見張るものがあります。何かが起きるかもしれません。

2:16とうとうその瞬間は訪れます。ハンドルを木にヒットさせ、
体制を立て直そうとしたところに倒木というミラクルな配置に奇麗に前転。
柔道で培われた受け身でもちろん無傷。
 
そしてこの日の一番のお楽しみでもあります。ランチ。
山で食べるカップラーメンは本当最高♪
機材を用意してくれたヒーハーズハウス代表には本当に感謝です。
最後は代表。MTBの厳しい洗礼を受けたこのトレイル、もちろん最後まで走りきりました。第一回目トレラン、第二回目ロストの私も初完走。
我々二人にとっても感慨深いライドとなりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿