トップイメージ

2018年6月19日火曜日

【6月19日更新】 FORZA東(アズマ)のメカニック日記 『S-WORKS ROUBAIX オーバーホール②』

◆2018年6月19日(火) 『S-WORKS ROUBAIX オーバーホール②

みなさまコンニチハ。 FORZAの東(アズマ) です。
さきほど、納車させていただきましたメンテナンス後のROUBAIX。
作業の様子を振り返ってみます。
 洗車後のバイクです。
 タイヤは交換時期でしたので、新しいS-WORKS TURBOに交換。
ROVAL CLX40は、ニップルが外に出ないタイプですので、
タイヤを外したタイミングで振れ取り、ホイールセンターチェックが◎です。
 フリーボディの中は、専用グリスがまだうっすらピンク色をしている状態でした。
 しっかり洗浄です。そこまでひどい汚れではないですね。
 はい。ピカピカになりました。
 組み付けは、専用グリス、耐久性の高いグリス。使い分けて組み戻します。
 CeramicSpeedのベアリングも良い状態です。
専用グリスを注入します。
 ベアリングの外側は、防錆のためのグリスを塗布します。
ブレーキシューの残量は、まだ十分ありますが、
約2年使っていただいていますんので予防交換です。
 次は、ヘッドのベアリングのオーバーホールです。
 上下ともにそこそこ汚れていますね。
汚れていますが、グリスをしっかり塗布して組ませて頂いていましたので
クリーニングすればピカピカです。
 ヘッドまわりの部品すべてがピカピカです

 ヘッドの上側のベアリングは一部に錆が見受けられましたので磨いて綺麗に。

 組み付けは、WAKO'Sブレーキプロテクターをたっぷりと。

これは見た目の問題ですが、せっかくオーバーホールで綺麗になる車体ですので、
トップキャップのボルトは交換させていただきました。
ボトムブラケットです。ベアリング表面は汚れていますが、
汚れたグリスを拭き上げれば綺麗な状態です。

グリスを注入します。
  
綺麗になったら、いつも通りグリスを使い分けて組み戻します。
ケーブルを新しいケーブルに交換したら仕上げにバーテープを交換して完成です。
バーテープは気分転換に赤から黒に。
納車の際にピカピカになったバイクを試乗いただいて作業完了です。
試乗では、「静かになった感じがします♪」と感想をいただきました。
大切な愛車。定期的にメンテナンスして良い状態を維持してくだね(^O^)/
メンテナンスのご依頼は気軽にご相談ください。
029-851-2108

◆2018年6月17日(日) 『BMC SLR01 メンテナンス
みなさまコンニチハ。 FORZAの東(アズマ) です。
BMC SLR01のメンテナンスのご依頼。
先日、作業させていただきました。 
ブレーキシューの交換・調整と
ホイールを交換されたということで変速調整のご依頼でした。
ブレーキシューの残量は、まだ使える状態でしたが、
経年劣化を考慮し予防交換のタイミングでした。 
ホイールをご自身で交換されてからカセットから
チャラチャラ音が鳴るようになったとのこと。
ホイールを交換するとメーカーの差で調整のインデックスがズレることがあります。
ホイール交換の場合には要チェックです。
FORZAで購入いただいたホイールは納品時に併せて調整させて頂きます。 
Pioneerペダリングモニターも購入いただき楽しく遊んでいただいているお客様です。
Pioneerといえば、キャンペーンが開催されます。
キャンペーンの開催期間は、6月22日~8月27日まで
SGX-CA500+SGY-PM910Z=通常価格159,400円(税別)のところ
特別価格138,000円(税別)で購入いただけます。
通常価格より21,400円(税別)お得な価格となっております。

SGX-CA500+SGY-PM910Z(R or L)=通常価格104,600円(税別)のところ

特別価格94,800円(税別)で購入いただけます。
通常価格より9,800円(税別)お得な価格となっております。

断然、ダブル(左右)タイプがお得ですね。

日頃からパワーメーターの導入を検討されていたお客様は
是非この機会を利用して購入いただければと思います(^O^)/

キャンペーンについてはメールで気軽にご相談ください。
メールはこちらより

↑クリックいただくとメールフォームが開きます。

【FORZA謝恩キャンペーン】BMC SLR01 特別価格も好評いただきまして、
残りわずかとなっております。
ご検討のお客様は下記リンクの記事をチェックしてください(^O^)/
http://www.forza.jp/2017/11/bmc-2018-new-slr01.html

◆2018年6月16日(土) 『TARMAC ELITE 定期点検
みなさまコンニチハ。 FORZAの東(アズマ) です。
今日はTarmac Elite に乗って頂いているお客様より定期点検のご依頼です。
購入いただいて約1年。半年ごとに点検にお持ちいただいています。
点検では、各部増し締め、ホイールフレ取り、ハブの状態、ヘッド、BBの状態
ブレーキシュー、チェーンなどの消耗品の確認、前後変速、ブレーキの確認調整
ステアリングのセンターチェック。と各部に渡り点検調整をさせて頂きます。
増し締めでは、ディレイラーハンガーの固定ボルトは
普段気にならない部分ではありますが緩みやすい部分です。
何気なく使っているボトルケージの固定ボルトも振動などで緩みやすい部分です。 
ステアリングの要。ヘッドのプレッシャープラグの緩み、
ヘッドのガタが出ていないか?チェックさせていただきます。
ホイールのフレも定期点検がオススメです。
 ステアリングのセンターチェックも行います。
こちらは点検とは関係ありませんが、リアディレイラーの一部に傷がありましたので
タッチペンで傷を目立たなくさせていただきました。
綺麗に乗って頂いていましたのでサービスで対応させていただきました。
ここで紹介させていただいた作業は、
ほんの一部ですが点検をご検討のお客様に参考にして頂けると幸いです。
愛車を良い状態に保っていただくには定期点検がオススメです。
当店で購入頂いたバイクは、3240円(税込)
他所で購入されたバイクは、5400円(税込)
で作業させていただきます。
梅雨空の季節。 愛車の点検などいかがでしょうか?
点検をご依頼の際はご予約をお願い致します。
029-851-2108
ご連絡は、メール、電話で気軽にご相談ください。
Tarmacが気になる!というお客様は
下記リンクの記事をチェックしてください(^O^)/
http://www.forza.jp/2018/05/105ultegratarmac-comp.html

◆2018年6月12日(火) 『S-WORKS ROUBAIX オーバーホール①
みなさまコンニチハ。 FORZAの東(アズマ) です。
今日は、オーバーホールをご依頼いただいたバイクの仕込みです。
まずは洗車から。
チェーンの伸びをチェックしたところ、まだ乗っていただける状態でしたので
今回は交換ではなく、洗浄で対応させていただきます。
 カセットスプロケットやチェーンにはオイルと併せてホコリが付着しています。
 まずは、ディグリーザーで汚れを浮かします。
 そして水で流した後に中性洗剤で洗い上げます。
 ピカピカになりました。

そしてバイク全体を洗って洗車完了です(^O^)/

洗車後のチェーンには水が付着しております。
チェーンのコマの内部に入った水は錆の原因になりますので、
水置換性のあるWAKO'Sのラスペネを注油します。
注油後は余分な油分をさっと拭き上げて完了です。

そろそろ梅雨入り。しばらくメンテナンスをしてないなぁという方には、
雨で乗れないタイミングのお手入れがオススメです。
素敵なバイク。快適な状態を保つためには定期的なメンテナンスは必須です。

メンテナンスのご依頼は気軽にご相談ください(^o^)
029-851-2108
forzatsukuba@gmail.com

◆2018年6月11日(月) 『TARMAC MEN COMP納車させて頂きました。
みなさまコンニチハ。 FORZAの東(アズマ) です。
先日、納車させていただきましたN様。
はじめてのロードバイクに、TARMAC MEN COMPを選んで頂きました。
いつもどおり、しっかり組ませて頂きました(^O^)/
ステアリングの要。ヘッドのベアリングは一度バラします。
これからの夏の汗や、突然の雨。洗車でも大丈夫なようにしっかりグリスアップ。
クランクとBBも一度外して組み直します。
組み付けのお供は、WAKO'Sスレッドコンパウンドです。
ネジ部分とクランク軸に塗布します。
ボトルは、SPECIALIZEDの新しい保冷ボトルを選んでいただきました。
これまでの保冷ボトルよりも柔らかくなりました(*^^*)
ロードバイク入門にオススメなTARMAC MEN COMP。
絶賛キャンペーン開催中です。 是非ブログをチェックしてください(^o^)

◆2018年6月9日(土) 『ROVAL CLX32の納車 with TARMAC COMP
みなさまコンニチハ。 FORZAの東(アズマ) です。
先日、ROVAL CLX32 を納品させていただきました。
ペダル込で7.59kgでした。
ペダルは、Garmin Vector3 を使われています。
パワー測定ができるので仕方ないですが重量は少し重ための316g
ボトルケージ2ケ、Garminマウントの100gを併せて引くと
完成車重量としては、 7.17kg。非常に軽量なバイクですね(^o^)
TRMAC COMP の完成車重量が7.7kg
そこからSLX24ホイール(1680g)とCLX32ホイール(1280g)
の重量差が400g。スプロケットが105(248g)から
DuraAce(205g)への変更で43gの軽量化。
7.7kgから443gを引くと7.26kg。
90gの計算上の誤差(軽くなる方向に)がありますが、
まぁ重量計算値と実測の差は個体差含めてこんなところでしょう。
タイヤは、S-WORKS COTTONを選んでいただきました。
しなやかさだけではなく転がり抵抗の軽減にもオススメなタイヤです(^O^)/

ROVALホイールは、7月より21600円の値上げ。
値上げ前に!!という方はお急ぎください。ブログもチェックしてください。
http://www.forza.jp/2016/07/2017-specialized-roval.html

ロードバイク入門にオススメなTARMAC COMPのキャンペーンも
併せてチェックしてください。絶賛スペシャルオファー中です!


◆2018年6月5日(月) 『GIANT TCX ADVANCED PRO 納車準備
みなさまコンニチハ。 FORZAの東(アズマ) です。
今日は、武井選手が使っていたGIANT TCX ADVANCED PRO の納車準備です。
 まずは洗車より。メンテナンスの基本でございます。
キレイになりました(^o^)
 BBが激しく傷んでいましたので交換させて頂きます。
 専用工具でBBを取り出します。片側は全然回転しない状態でした。
 新しいBBを組みます。
 BBの接触面には、WAKO'Sのスレッドコンパウンドを使っています。
専用工具で圧入し、クランクのシャフトにもスレッドコンパウンドを塗布します。
次にヘッドベアリングのメンテナンスです。
それなり汚れておりますが、耐久性の高いグリスのため
グリスの変質は非常に小さい感じです。
クリーニングしてあげればベアリングはピカピカです。

今回はさらに耐久性の高いWAKO'Sブレーキプロテクタで仕上げさせて頂きました。
ブレーキのメンテナンスです。パッドの残量チェック。問題なしです。
そしてキャリパーのピストンのクリーニングを行います。
ブレーキのオイル交換とエア抜きです。
左がフロントです。フロント側のほうが少し汚れている感じです。
もっと黒いオイルが出てくるんじゃないかなーーとも思っていましたが、
武井選手のバイクコントロール下においてはブレーキは最小限なので
それほど汚れがないということと推測できます。
最後にホイールのハブのメンテナンスです。フロントホイールからです。
アルミホイールは、練習用ホイールということもあり汚れは少なめ。
ベアリングの状態は、とても良好です(^o^)
リアハブです。DTのスターラチェットです。なかなかの汚れです。

新しい状態だとキレイなピンク色をしています。
ワシャワシャとパーツクリーナーで洗浄します。

フリーボディ側もキレイにします。

ピカピカになりました♪♪

キレイになったらピンクの専用グリスを塗布します。
フリーボディの外側は耐久性のあるグリスで仕上げます。

組み上がったら試乗して完成です。大変よくできました♪♪
選手の使っていたバイクですので、しっかりメンテナンスして
お客様にお渡しさせていただきます(^o^)
與那嶺選手、武井選手が乗っていたバイクに興味のあるお客様は、
下記リンクのブログをチェックしてください。


◆2018年6月3日(日) 『ROVAL CLX32 ホイール納品準備
みなさまコンニチハ。 FORZAの東(アズマ) です。
今日は、ROVAL CLX32の納品準備です。
メーカーから出荷された状態で「はいどうぞ」ということはイタシマセン。
必ず状態をチェックしてから納品させていただきます。
まずは、フレの確認。センターをチェックさせていただきます。
ROVALは出荷時の検査状態も優秀なのでほとんど調整は必要がありません。
それでも、たまに微小なフレやセンターずれがございます。
そういったものがお客様の手に渡らないようにチェックさせて頂きます。
そして次は、ハブのグリスの状態をチェックします。
スターラチェットのグリスは良好(^o^)
カセットスプロケット側のベアリングは汚れの影響を受けやすいので
出荷時のグリスを拭き取って強めのグリスを塗布します。
そして、リアの反ドライブ側のベアリング、フロントのベアリング表面の
グリスの状態をチェックします。CeramicSpeedのセラミックベアリングの
性能が維持されるように表面のグリス塗布は必須。少ない場合は補充させて頂きます
そしてタイヤの取り付け
まずはチューブ。最近のSPECIALIZED 軽量チューブは
バルブコアが外れるようになっています。
外れるということは緩む可能性があります。緩んでしまうとエア漏れの
原因になりますので取り付け前にバルブコアを増し締めします。
タイヤは、S-WORKS Turbo Cottonを選んでいただきました。
バルブが出る部分は、専用のステッカーでカタカタ音が出ないようにします。
ツールドつくば前に機材投資!!
そして、7月の値上げ前に!!ということで購入いただきました。
昨日もROVAL CLX50を納品させていただきました。
好評いただいております、ROVAL ホイールのキャンペーンは
下記リンクの記事をチェックしてください(^o^)
http://www.forza.jp/2016/07/2017-specialized-roval.html


◆2018年6月2日(土) 『BMC Roadmachine 01 ブレーキメンテナンス
みなさまコンニチハ。 FORZAの東(アズマ) です。しばらくお休みしていたブログを再開。今日は、BMC Roadmachine 01のブレーキメンテナンスよりお仕事スタート(*^^*)
先日もブルベ400kmを完走された、しっかり乗って頂いているお客様。
前後のブレーキをメンテナンスさせていただきました。
リアブレーキは、リーチが近くなりすぎてしまう。ということでエア抜き。
フロントは、ブレーキをかけたときにカクっとしてしまう。という症状。
片側のピストンの動きがカクっとなっていましたので、まずはピストンのクリーニング。
ブレーキパッドも消耗していたので交換させていただきました。
こちらの作業でしっかり改善でした(^o^)
ブレーキパッドは、まだ使える状態ですがリアに比べて消耗の早いフロント。
そして、ブルベ400kmなどしっかり乗っていただいている
お客様なので早めの交換がオススメ。
納車から今回の交換まで約5000kmの走行距離とのことでした。
定期的な車検って大事ですね。と改めて思います。

ディスクロードは、マウンテンバイクに比べてブレーキパッドの消耗は緩やか。
それほど走行距離がなく、平地がメインというお客様の場合
2年ほど交換なしで使えてしまうことも。
それでも、最低一年に1度は、
点検で残量チェックをしていただくことをオススメします。

ブルベやロングライドに最適な

BMC Roadmachine 01のキャンペーンを開催しております。
下記リンクのブログをチェックしてください♪♪
http://www.forza.jp/2018/05/bmc-2018-roadmachne01-ultegradi2.html

◆2017年3月6日(木) 『BMC 2017 New Timemachine 01 試乗車の準備を開始しました。
いつもありがとうございます。 FORZAの東(アズマ) です。

今週は、お預かりの作業が超級山岳ステージ的な状況ですが、
スムーズに、かつ安全に作業を行うために環境整備も進めています。

高級料亭や高級寿司店の板前さんを見習うにあたっては。
やはり、綺麗でスムーズな作業ができる道具の配置になっていること。
というのは、お客様の安全を守る。という観点でもとても大切なことです。

ジテンシャは、楽しいですが、本当に一歩間違うと死に至ってしまう。
そんな危険な側面も併せ持っている遊びです。
特にロードバイクでは、60km以上で走る自動車の横を走ることもあります。

不運な事故においても、決して、自分の作業のミスでお客さまを残念にさせてはいけない。
そのようにココロに決めて作業に当たらせていただいております。

ときとしてお時間をいただくこともございますが、
このような点から決して手抜きで急ぎの作業はいたしませんのでご了解いただけると幸いです。
手前味噌ですが、たぶん社内で一番システマチックで綺麗な作業場になったと思います。
⇒ちょっと前まで一番汚かったくせに。というのは棚上げです。棚を設置しただけに。

今週は、お預かりの作業が超級山岳ステージ相当なので、
なかなか進めることができませんが来月には
BMC 2017 New Timemachine 01 店頭試乗車を乗れるようにしたいと思います。

コツコツ準備を進めていきます。

以下の動画は、スゴイ機構のブレーキです。 こんな複雑なバイクの作業もおまかせください♪


が気になる方は、下記リンクの記事をチェックしてください♪
https://goo.gl/ydGbKf



◆2017年3月16日(木) 『BMC Roadmachine 01 納車させていただきました。②
先日納車させていただきました。BMC Roadmachine 01 
ちょっと、組立の様子をご紹介させていただきます。
SPECIALIZED VENGE ViAS のように、フォークにブレーキが内蔵されるのですが、
特筆すべきは、コラムの中。ではなく側面に沿ってステム側にケーブルが回り込むようです。
 ベアリングは、しっかりグリスで防錆処理して組み付けします。
ヘッドの受けの部分。またエアロ的な形状を取り入れられたヘッドコーンなど。
細かい部分ではありますが、組立を行う際にBMCの製造上の精度の良さを感じることができます。
最終的には、コラムの側面からブレーキホースとエレクトリックケーブルを引き出します。
ブレーキホースは、ステム下でしっかり固定されます。
ハンドルに向けては一度外に出る構造のためハンドルの交換も容易です。
この構造のおかけで、非常にすっきりしたステアリング周りでありながら
ステム取付部の高さを調整することができるため、ポジションの確認を簡単に行うことができます。
レースに機材を供給しながら、必要である最高の技術を凝縮させる。
そんなBMCの気質を感じるバイクです。

BMC Roadmachine が気になる方は、以下の記事を是非ご覧ください。

◆2017年3月16日(木) 『BMC Roadmachine 01 納車させていただきました。
こんにちは。 FORZAの東です。
こちらもご無沙汰しておりました。コツコツ再開させていただきます。
BMC 2017 Roadmachine 01 納車させていただきました。
東京からお越しのT様。  昨年9月にご注文を頂いてから、大変お待たせしました。
こちらのフレーム。通常は、Ultegra Di2仕様の完成車ですが。
このカラーが気に入って。ということで新型DuraAce R9150仕様でご注文頂いておりました。
しかしながら、油圧Di2仕様の入荷が当初の見込み(3月)より遅れてしまう。
ということで急遽、STI、ブレーキ本体、ブレーキローターを貸出と形で仕上げさせていただきました。
工賃のアップチャージをご理解いただきご提案させていただきました。
クランクは、パイオニアペダリングモニタを選択いただきました。
DuraAceの選択肢もありましたが、ペダリングの解析重視の選択で選んでいただきました。
こちらは、昨年、12月に開催させていただきました、
『FORZA・トライアスロンDAY with 竹谷賢二』での練習のヒトコマ。
納車前だったT様にはSPECIALIZEDのTESTBIKEでご参加頂いておりました。
ペダリングモニタのベクトル表示では、こういった意識の変化を画面で捉えることも可能です。
ワタシの場合は、このペダリングを意識すると上死点付近のベクトルが
少し進行方向を向くように変化することが画面で確認できました。
ちょっと、話が車体の話からそれてしまいました。 もとに戻します。
リアメカ、フロントメカは、新型DuraAce Di2 R9150シリーズです。
レバーはST-R785ですが、シンクロシフト対応です。
セミシンクロモードで納めさせて頂きました。
このカラーのフレームで、DuraAceR9150仕様というのは、
日本で何台走っているでしょうか? 初めてじゃないかな♪と思ったりします。DuraAceが入荷しましたら、あらためて組み換えさせていただきますが、
まずは、素敵なバイクを納めさせていただきました。

納車後、さっそく乗っていただいた感想をいただきました。
--
あの後、帰宅し30kほど土手を走ってみました。
今までのバイクより1キロほど軽いのを差し引いても
出だしがいい感じです。

また、25cとの相乗効果で安定性と振動吸収性能は
抜群ですね。

スピードが30kを越えたあたりからの空気抵抗が違い、
今までのバイクと比べて、同出力で3~5km/h早い感じがします。

スピードを出した方がメーターの効率も50~60ほどの数値で
走れるようです。

(中略)

いろいろとありがとうございました。
また、レバー等の交換時にはお世話になりますが、

今後ともよろしくお願いいたします。
--

さっそく、楽しんでいただけた様子が浮かんできます♪♪
ファーストインプレッションをいただきありがとうございます!!

BMC Roadmachine が気になる方は、以下の記事を是非ご覧ください。

【限定モデル】BMC 2017 Roadmachine 01 LTD フレームセット ご注文頂けます。


【BMCスプリングキャンペーン♪】BMC 2017モデル 店頭在庫商品に限りスペシャルオファーにてご案内させていただきます。


◆2016年11月4日(金) 『COLNAGO C60 のサイズについて(適切なバイクサイズの選び方)
こんにちは。 FORZAの東です。 COLNAGOアウトレットキャンペーン開催中♪♪
ということでサイズについてまとめておきたいと思います。

そう。 どれだけ素敵なフレームであっても、観賞用を除いては
素敵なフレームをカッコよく乗っていただくためには、
どれだけ、シートポストを出せるか??よりも、乗った状態がカッコよく乗っていただけるか?
ということが重要です。 見た目にカッコイイなぁと思えるポジションは、
自然で効率的なライディングポジションでもあります。 
無理な姿勢は、かっこ悪いですし場合によっては、ひと目で、『あ、あの人無理してる。』とバレてしまう
ダサいポジション。ということになります。 
素敵なバイクは、カッコよく乗りこなせるライディングポジションで乗っていただきたいと常々思っております。

そんなライディングポジションを作る。または、乗り始めてから作っていくためには
サイズ選びが非常に重要です。

その時に参考になる指標は、Reach(リーチ)とStack(スタック)です。
トップチューブ長ではなく、シートポスト長でもなく。
リーチとスタックです。 そして、そのうちスタックが重要です。
サドルとハンドルの落差を決める要素であるスタックは、これからどのくらいの落差にしようか?
また、すでにポジションが決まっている方にとってはどのサイズが自分のサイズか?

を決めるにあたって非常に重要なファクターとなります。

こちらに関しての詳しい説明は、過去の記事を参考にしていただけると幸いです。


ということで、サイズの目安を考えやすいように、
当店、取扱主要メーカーのSPECIALIZEDのTarmacとRoubaixを参考に比較いただける
一覧表を準備してみました。 
Roubaixは、イメージいただきやすいように新型ではなく、これまでのSL4の数字を掲載しています。
たとえば、Roubaixで、56を乗られているお客様で、もう少し落差があってもいいなぁ。
というかたには、COLNAGO C60 52sサイズを選んでいただける。
という見方ができます。 今乗っているバイクから、次はどんなサイズにしようか?

そんなことを検討されている方は、
是非、『これ乗れますか?』と、サイズから気軽にご相談ください。

TEL 029-851-2108
Mail forzatsukuba@gmail.com

C60の御注文は下記の記事からお問い合わせください♪


◆2016年10月29日(土) 『選手のシクロクロスバイクの準備⇒完了♪
いつもありがとうございます。 フォルツァのアズマです。
やっと、準備ができました\(^o^)/ 武井選手、與那嶺選手。 2人併せて6台のバイク。

JCXシリーズは、10月10日の小貝川ラウンドを初戦としてスタート。
10月30日(日)開催の山形・寒河江ラウンドで第三戦となります。
先日まで、ロード世界戦だった2人にとっては、初戦となります。

いやはや、なんとか間に合いました。
チューブラータイヤの取付&ホイールの準備は、マナティ風間氏にフォローしてもらいつつ。
⇒MTBのチューブラー作業でも慣れているので♪
なんとか準備できました。 という感じでした。

7月のイタリア遠征依頼の作業負荷というか、集中力といいますか。限界感といいますか。

TSS(Training stress score)ならぬ、WSS(Working stress score)は、最高潮。 
そんな指標があったなら。 きっと400を越えていたことと思います。

普段のお仕事は、マラソン。 プロのレベルを続けることが大切。
毎日、そんなことをしていてはいけません。 と思います。

しかしながら、命を削って?できあがったバイクは、カッコイイですねぇ♪ 
2016-2017シクロクロスシーズン、
両選手はGIANT TCX ADVANCED PRO 1 を駆って転戦いたします♪

選手の活躍も楽しみにしつつ、まずは選手サポートの作業は大きな山を越えましたので、 
お待たせしていた、お客様のバイクに注力させていただきます!!

では、今日もよろしくお願い致します。


◆2016年10月2日(日) 『ペダルのお仕事。LOOK KEOBLADE
LOOK KEOBLADE2 Ti 30th限定モデルを注文いただきました。
LOOK社が特許を持つカーボンブレードは、標準装備の12Nmに加えて16Nmも付属。
 16Nmをご希望ということで、交換して納めさせていただきますm(_ _)m
ソックスも、2足ついて、プロチームTiモデルより1000円(税別)安い、43000円(税別)!!
標準モデルも、39000円(税別)ですので、30thモデルのほうがお得感ありますね♪

Tiアクスルモデルをご検討の方にはオススメです♪
数量限定ですのでお早目に!!

その他の写真は下記リンクのアルバムからもチェックいただけます。
https://goo.gl/photos/kMPzXRNAZofb3NDp6

LOOK 2017モデルの様子は、下記リンクの記事からチェックいただけます♪



◆2016年9月24日(木) 『BMC Roadmachine 01 が入荷しました。
待望のBMC 2017モデル RM01 が入荷しました♪
 ステムの取付位置の調整は、分割式のコラムスペーサーのおかげで、
ステムを外すことなく、ステムを少し浮かせる形で調整することが可能です。
 ステム裏に固定されているケーブルを少し緩める程度で調整が可能となります。
コラムに沿った内蔵ケーブル式ですが、こういった形で簡単に調整できるのは嬉しいですね♪
シートピラーのクランプ構造も秀逸です。 
下部のOリングのおかげで、クランプが納めた位置からはずれることがありません。
安心して、シートピラーを挿入することができます。
このパーツがシートチューブからBB付近まで落下すると面倒。というフレームは多々あります。
こういった改善は、メカニックとしては本当に嬉しいですね。

やっぱりBMC。 技術屋さんがしっかりデザインしているブランドのプロダクト!!
その他の写真は下記のリンクからご覧いただけます。

その他のモデルが気になる方は、下記リンクの記事も要チェックです♪
http://www.forza.jp/2016/07/bmc-2017-bike.html

試乗会も開催予定です!
http://www.forza.jp/2016/09/bmc-2017-slr01-rm01-roadmachine01-bike-shop-forza.html



◆2016年8月10日(木) 『YONEX CARBONEX XXSサイズを店頭でお試しいただけます♪
いよいよ今日は與那嶺選手のリオオリンピックタイムトライアルの日ですね!!
活躍に期待です!! GO! GO! ERI-san!!

YONEX CARBONEX XXSサイズの試乗車が店頭に届きました♪ 
しっかり練習で試すぞー!(^o^)!

試乗を御希望の方は、気軽にご連絡(御予約)ください。
TEL 029-851-2108

◆2016年7月14日(木) 『與那嶺選手のYONEX CARBONEX アルミホイール練習仕様』

イタリア帰国後のメンテも、ひと山越えた。 かな?



◆2016年7月13日(水) 『與那嶺選手の練習用アルミホイールのメンテナンス』

今日は、イタリア帰国後、アメリカ遠征時に壊れたホイールの修理でした。
EASTON EA90 SLX 素敵なホイールです♪ 
様子は、下記のFacebookの2つの投稿からご覧ください!




◆2016年7月10日(日) 『Giro Rosa 9°TAPPA  無事ゴール!!』



◆2016年7月10日(日) 『Giro Rosa 9°TAPPA  第9ステージ(最終ステージ)の朝』




◆2016年2月29日(月) 『VENGE ViAS T様 S-WORKS 6 ROAD SHOES WIDE 納品させて頂きました。』
先日、S-WORKS VENGE ViAS を購入いただきましたT様。 
入荷をお待たせしていたS-WORKS 6 SHOES WIDE が入荷したということでお越しいただきました。
いつも遠方よりお越し頂き本当にありがとうございます!

S-WORKS 6 SHOES は、大きくモデルチェンジされております。
カカトのホールド感は、ビックリするほど良くなっており人によってはためし履きで痛いかも?
と思うかたもいらっしゃいますが(私もそうでした)すぐに馴染んでなれていただけます。
これまで、幅が合わず選べなかったという方もWIDEのラインナップのおかげで選んでいただけます。
シューズはサイズが肝心。ということで、各サイズを店頭で揃えていますので、
ぜひ、店頭で試していただきしっかり合うものを選んで頂ければと思います。
シューズが気になる方は、コチラをクリック!

 さて、話を戻しまして。 シューズの導入に併せて、
インソールもチェックいただきました。 ブルーが適正の見込みですが、
グリーンも確認いただくことで、よりブルーが適正ということをしっかり感じていただけます。
VENGE ViAS 御注文前に、併せてBody GeometryFit を受けて頂いておりましたが、
シューズの部分のみ、シューズ入荷待ちとなっておりましたが、
これでやっと御注文のバイクが完成!!となりました。
微調整させていただいたポジションの様子が楽しみですね。 
今日も長い時間お付き合い頂きありがとうございました。 インプレッションお待ちしております♪

◆2016年2月28日(日) 『ROVAL CLX64 納輪させていただきました。』
横浜からお越しのw様。 ROVAL CLX64 納輪させていただきました。
遠方にもよらず、足を運んで頂き本当にありがとうございます。
ハブチェック。 いつものことではありますが。
防錆のグリスチェック&フリーボディの回転が重たくならないように、注油させていただきます。
 センターチェックに、フレ取り確認もセットでございます。
ホイールバランスの調整も御依頼いただきました。
素敵なホイールを選んで頂きありがとうございます! 
最近は、私もTamrac PoCLX64ホイールセット。 
エアロ効果だけでなく、見た目によらない軽快な乗り味とワイドリムによる硬すぎないフィーリング
はオススメポイント。 人気の商品ということもあり、ただいまメーカー欠品となっております。
当店で、すぐにご案内できる在庫も 残り 1セットとなっております。
次回は5月見込みとのことですので、春に使いたい!という方はお急ぎください!!


◆2016年2月22日(月) 『月曜の朝はお片付けから。』
東京シクロクロス明けの先週も、フルオーバーホールに組換に、新車組立、ホイール納品などなど
多くの御注文を頂き本当にありがとうございます!! 御依頼が多いため、現在納車までの時間を
長めに頂いておりますが、もう一息。 今週ガンバレば通常のスケジュールに戻せそうです。
御注文お待ちしております♪
忙しいときほどお片づけ。ついつい、もったいない症候群になってしまいがちなワタシ。
まずは、捨てることが肝要です。
ということで、今朝は、iPhoneの中をお片付け。 消しても消しても残してくれる最近のスマホさん。
削除の削除と、バックアップで侵入していたPCのデータもすっきり☆

これで、トレイルの動画もたっぷりトレール。 なんちゃって♪
さぁ、今週もよろしくお願い致します\(^o^)/

◆2016年2月6日(金) 『シクロクロス世界選手権から帰ってきたバイクの点検②』
洗車後のバイクは、東京シクロクロスに向けてすぐにトレーニング。
なんだかブレーキが効かないなぁ。 とみてみると。。。 みたことの無い消耗具合。
結局、2台 3セットを交換して改善となりました。
ゾルダーの砂。 恐るべし。。。 次は東京シクロクロスです!!


◆2016年2月5日(木) 『シクロクロス世界選手権から帰ってきたバイクの点検』
今日は、シクロクロス世界選手権Zolderゾルダーから戻ってきたバイクのチェックです。
戻ってきた当初はドライブトレインは非常に回転が重たく、『こ、これは。。。』という状態。
しかしながら洗車で随分と改善しました。 というところまでが昨日の話。

與那嶺選手のバイク。 フロントは、110PCDで使えるWOLF TOOTHを使っているのですが、
ギアにもしっかり砂とチェーンルブが合わさったものが少し残っている状態だったようです。

さあ、いよいよBBとのご対面。 回転は悪くは無かったのですが・・・
いきなり、ゾルダーの砂とご対面。 
シールを開けると細かい砂がビッシリと。

国内レースですと、非常にひどい泥コンディションでもここまでの侵入はありませんでした。
そういった経緯から、ある程度回転の軽さ重視のパーツ選択を行っておりました。

幸いに、シール性の良いグリスにベアリングは守られている様子ですが、
ベアリング内への若干の侵入も考えられます。
ここまでのコンディションの場合には、シール性重視のほうが良いかもしれません。 

日曜は、千葉シクロクロスに出場予定ですので、さっと仕上げたいと思います♪

今月は、新車の御注文に加えてメンテナンスの御依頼も多数頂いておりますので、
気合を入れて!!張り切ってまいりますー♪

◆2016年1月26日(火) 『與那嶺選手・シクロクロス世界選手権出発』
アジア選手権を終えた與那嶺選手は、今日はシクロクロス世界選手権出場のため
ベルギーに向けて出発。 25日は、そのためのシクロクロスバイクの最終準備でした。
世界選手権でしっかり、もてる力を発揮していただけるよう出来る限りの準備をさせて頂きました。
あとは、無事に最後までトラブルなく走ってくださいと念を送るとともに、現地のメカニックの方へ
できるだけスムーズにバトンを渡す。 ということが私にできる事と思います。

バイクに梱包の状態、内容物の場所などのメモを添えさせていただきました。 
現地での限りある時間が少しでも有効に使われることを願って。 

シクロクロスのサポートも世界選手権でまずは一段落。
(といっても、帰国後は、すぐに東京シクロクロスもやってきますが♪)
まずは、お待ち頂いているお客様のバイクを全力で進めさせていただきます。

Facebookでも情報を出しています。チェック頂けると幸いです!

◆2016年1月19日(火) オリジナルジャケットのお手入れ
今日はシクロクロス練習だー♪ と、ご機嫌の朝は、すっきり早起き。
おっと、先日の転倒でウェアが破損していたのを忘れていました!!
修理用の補修布は、手配していましたので、さっと修理です。
幸いにダメージは軽微で場所も良かったことからさくっと練習前に修理できました♪

大切なウェア。 ほころびが出てきたら、早めに対応してあげることで長く使ってもいただけます。

補修布は、もちろん半袖ジャージにも使っていただけます。
裁縫系のお店やAmazonで入手できますよ。
KAWAGUCHI(カワグチ) ジャージ用 補修布 アイロン接着 幅11×長さ32cm 黒 93-017 KAWAGUCHI(カワグチ)
KAWAGUCHI(カワグチ) ジャージ用 補修布 アイロン接着 幅11×長さ32cm 黒 93-017
リンク: http://www.amazon.co.jp/dp/B002JIM7AM



◆2016年1月4日(月) 仕事始めはNewバイクの準備から
こんにちは。 FORZAの東です。 本年もどうぞよろしくお願い致します。
今日は、事務処理などなどを進めつつ、最後に今年から乗らせて頂くことになりました新車の準備♪

SPECIALIZED EDITION TARMAC DISC POWER 
¥780,000(税込) Size:49

POWERがコンセプトのスペシャルエディションには、SRAM 「Quarq ELSA パワーメーター」が
標準装備されています。 VENGE ViAS と共に最高のエアロ性能をひっさげ登場した
ROVAL CL64ホイールと併せて、エアロ☓パワーの最高のパートナーシップが表現されています。

また、今回のモデルは、ディスクブレーキモデルですので、カーボンホイールを日常的に使いたい。
というモチベーションの方にも、安心して使って頂ける仕様となっています。
とっても素敵なバイク。 早速、梱包を解いてみると。。。
ななななな、なんと!! 
130台限定のうち、No1ではないですか!!!
年初の、おみくじで、超大吉を引かせて頂いた気分です♪ 
早速、大切に使わせて頂きます♪ うーーーーん、上がるぅ♪♪♪

◆12月28日(月) 仕事納めのバイククリーニング
しばらく更新が空いてしまいました(汗) 師走ですね。
そしてあっという間に、今日は、2015年の仕事納め。
ということで、7月からお世話になったバイクのお手入れです。

おかげ様で、12月もたくさんお仕事を頂きました。 
いつも変わらぬご支持を頂き本当にありがとうございます。
 
テクニカルでお時間を頂いており来年に持ち越すご依頼もございますが、
バイクメカニックの基本。バイククリーニング。
やっぱり、これだけは済ませておかないと、年を越せない。 ということで優先させていただきます。
 
今年7月から乗り始めた、YONEX CARBONEX。 安全に、怪我なく、事故なく。
ノートラブルで乗り納めまでライドにイベント、レース。 楽しく付き合ってくれました。
そして、安全だけでなく、大いに私自身を盛り上げてくれました♪
『出会えてよかった!ありがとう!!』 な気持ちの洗車の時間でした。

 1月、2月もモリモリ乗るぞ!という方もいらっしゃれば、
寒い時期はお休み。という方もいらっしゃるかと思います。

年に1度は、しっかり愛車のお手入れをしてあげましょう! そして、気持ちよくシーズン・イン!です!!
⇒オーバーホールのご予約は気軽に御相談ください。

では、今年も一年ありがとうございました! 来年もどうぞよろしくお願い致します!

◆12月13日(日) 野田エンデューロ後のバイクチェック
今日は、野田エンデューロで、シクロクロス2hソロを楽しませて頂きました♪
 すごい泥。 ですねー。 これでもメカトラ無し!! 
とうのは、やはりフロントシングルの恩恵は多きですね♪
ここまでの泥での評価は特別な条件でもありますが。
チェーンオイルは、やっぱり定番が良さそうな感触。 
見れば見るほどに、無事に走らせてくれて有難う!! な状態でした。

明日は選手が出発!! ということもあり、戻ったらすぐにさささささっとメンテナンスでした。

泥レース中の機材の素敵さ♪は、またのちほどお届けしたいと思います♪♪


◆12月10日(木) グリスのさしすせそ
こんにちは。 FORZAの東です。 今日は、普段使っているケミカルの紹介をしたいと思います。
私がバイクの組立やメンテナンスの際に使うグリスは、
カーボンの固定力アップに用いるファイバーグリップを除くと主に3種。です。
ケミカルについては、多くのメーカーから多くの種類が販売されていますが、
場所に併せて、用途に併せて主に写真の3種を使っています。
⇒スタッフによって、ちょっと異なったりもします。
その時のベスト。に併せてより良いものがあれば臨機応変に変えていますが今のところはこの3種。
あまり、複雑に、あれやこれやと使い分けてはいません。
度々、作業の記事でも紹介していますが、クランクシャフトやベアリングなど大きな力が加わる部分の
組み付けには、高粘度のWAKO'S ブレーキプロテクターを。
ベアリングの防錆処理には、TACURINO シーリンググリスを。
ヘッドベアリングなど、水の侵入を防ぎたい目止め+防錆という場合にはSHIMANO プレミアムグリスを。
適材適所。使い分けて使っています。

【取引先ご担当者様へ】
 ここには、コレを使ったほうがいいよ!という情報がありましたら営業いただけると幸いですm(_ _)m

◆12月8日(火) レース後のメンテナンス
こんにちは。 FORZAの東です。 週末は、野田エンデューロでシクロクロスを借りる。
そして、明日は與那嶺選手はシクロの練習。ということでレース後のお手入れです。
昨日までに、ベアリングに問題ないことを確認していましたので、今日はグリスアップと全体的な確認です。
 
アダプタ・スペーサー類、ベアリング表面をクリーニングします。
気になるコンタクト部分は、さっとタッチアップを。 こういった確認も、まずは洗車から。なのです。
BBのグリスアップを行い、その周辺の汚れもクリーニング。
さっとバリアスコートも掛けてあげると、見た目もぐっと綺麗になりますね♪
そして、レース前とくらべてチェーンキャッチャーの位置が気になりましたので再確認。
遊びの範囲を加味した取り付け位置を改めました。 動いて固定ボルトなどに接触してしまい
回転動作を妨げる位置ではよくありませんので、接触トラブル分のマージンも確保しておきます。
チェーンについては、これまで使っていたオイルから、よりスラッジの付着が少ないタイプ。
をテストすることに♪ その効果は如何に? 
泥コンディションが予想される週末の野田エンデューロでもテストしてみよう♪と思います。

◆12月7日(月) 第21 回全日本シクロクロス選手権大会のあと
こんにちは。 FORZAの東です。 昨日、開催されました全日本では與那嶺選手は3位でした。
今日はレース後のバイクチェックです。
バイクの様子からもレースの激しさを感じます。 まずは洗車からですね♪
 
ドロドロに加えて、ペダルには草が多く詰まっていました。ちょっとくらいでは出てきてくれません。
そんなコテコテの汚れも、洗車でピカピカです♪ チェーンは錆びないようにさっと水を拭き取ります。
さっと外観チェック。 泥はたくさん付いていましたが、外観上のダメージはとくに見受け得られません。
今日のお楽しみは、BBのチェックです。 ドロレースのあと、どうなっているかな? です。

まずは、クランクを外す前に回転をチェックします。 問題なさそうです♪
 
クランクを外してベアリングのお顔を拝見します。
問題なく。いい顔してますね♪ 触診もOKです♪♪
『BBのベアリングの回転の軽さは、ベアリングシールの構造で決まる。』
と、私は考えています。 Ceramicベアリングを選択する前に、まずはベアリングのシール構造。
クランクの組まれ方。 です。 上の動画のような軽さであれば、通常の鋼球ベアリングでも
再現することは不可能ではありません。 與那嶺選手のベアリングはSPECIALIZEDディーラーが
買うことができるCeramicベアリングを使用しています。 十分な軽さと価格のバランスがGOODです。
ベアリングとクランクの間に入るスペーサについては、SPECIALIZEDディーラーだからこそ買える
スペーサーを採用しています。 30Φのクランクを使う場合で、通常、手に入れやすい
スペーサーは、FSAのBB30用です。値段も、2ヶ入 540円とリーズナブル♪
シール構造もしっかりしていますので、グリスの保持性、シール性の観点から優れていいます。
シールが接触する部分が多いため、その分、回転は重たくなります。トレードオフの関係ですね。

右側は、TOKENやSRAMです。これらは、PF30用で、BBの受け構造から異なります。
これらも、作りが良く使いやすいところではあるのですが、3mm厚のため使うことができません。

写真の右下は、ROTORのBBに採用されているものです。 ENDURO社ですね。
これもシール性はバツグン。ROTORクランクと組み合わせる際には、この厚みでないと組めない。
ということも多々ありますが、SPECIALIZEDのOSBB の場合には、2mm厚でほぼ問題ありません。
しかしながら、ROTORクランクは生物のようで、モデルなどによって異なるので、現物合わせが必須。
と感じております。 ROTORとBBネタの記事を掲載すると、度々、お問い合わせを頂きます。
記事を読んで頂きありがとうございます!! 当店購入でないバイクのお持ち込みの作業も、
出来る限りの対応をさせて頂いております。 しかしながら、たまに、「構造だけ教えてほしい」
という内容のお問い合わせを頂くこともあります。 こういったお問い合わせをお考えの方は、
少し考えていただきたいなと感じます。 

このバイクは、週末の野田エンデューロで私が使わせて頂きますのでレースに向けて、
明日から調整に入ります♪♪

◆12月5日(日) S-WORKS VENGE ステムとサドルの交換
こんにちは。 FORZAのアズマです。 今日は、筑西のA様のS-WORKS VENGEのステム&サドル交換。
納車させていただいた際には、90mmのテストステムと、
143mmのTOUPE COMPGELという組わせで仕上げさせて頂きました。
しばらく乗って頂いてからのフィードバックで、やはりステムは伸ばしてみたい。
ということでステムは10mm伸ばして100mmに。
そして、当初お見積りしていたRitcheyのホワイトのステムに。
⇒今はホワイトカラーのステムのラインナップが激減しているのですね。希少です。
そして、サドルはさらに快適さを重視。ということで、POWER EXPERT を選んで頂きました。
グロス感のあるホワイトのバーテープと併せて素敵な1台に仕上がりました♪
  ⇒アルバムはコチラ https://goo.gl/photos/ngPTmZJNnDovEevs6
納車時がゴール。ではなく、納車はスタートです。

S-WORKS VENGE で素敵な1台を!という方には下記がオススメです。

http://www.forza.jp/2015/11/specialized2015-s-wokrs-venge-size.html
艶のあるブラックのカラーは非常に高級感があります♪
本当に、残り1本限りですよ。

◆12月3日(木) S-WORKS VENGE ViAS の作業
静岡からお越し頂いておりますT様。今日は新調いただきましたホイールのセットアップにご来店。
お待ち頂いている間には、最近マイブームのケーキ作りの産物。
「今日のケーキ」を提供させて頂きました。
左は、キビ糖ときな粉が薫るタイプ。 右は、豆腐とココアが特徴のケーキです。
なかなかの仕上がりでした(自画自賛) 趣味の様子は、Facebookを見ていただけると幸いです。
ホイールのセットアップ後は、ポジションのセッティング状態を改めて確認させていただきました。
その際に、サドル高が少し下がっている。
ということが確認できましたので、納車時の高さに戻させていただきつつ固定ボルトの増し締めを。
私が納めさせていただきましたVENGE ViAS にて2件確認できた症状ですので、
初期の馴染みによる緩みがないか?増し締め確認を是非お願いいたします。
やはり、定期的な点検というのは大切。と改めて感じます。
写真のBIKE SETTING TOOLは、納車時のポジションが命のVENGE ViAS 販売においては
必携のツールとなっております。メカニックツールも大切なパートナーであります。
SPECIALIZED VENGE VIAS が気になる方は、是非、下記のページもチェックしてください!
 ●SPECIALIZED 2016 S-WORKS VENGE ViAS
 ●VENGE VIAS 相談室
さぁ、来週は、久々の野田エンデューロです。 ステム長を90mmに戻したポジションも楽しみ♪
この週末の練習も楽しみです! どうぞよろしくお願い致します!

◆12月3日(木) シクロクロスメカニックサポート(全日本に向けて!!編)
こんにちは。 FORZAの東です。
シクロクロスは、トップ選手はスペアバイクと2台体制で臨む。が基本でございます。
今日は、もう1台のバイクを。
ディレイラーハンガー。レースでのダメージで曲がっていたので交換しました。
ちなみに、SPECIALIZEDの場合、使用するギアに併せてロングとショートが選べたりして
調整しやすかったりします。ちなみに與那嶺選手は、フロント34Tシングル。
リアは、11-32Tを組み合わせています。通常は、ショートケージの場合28Tまで。
というのがメーカー指定ではありますが、RD-6870-SSに併せて、通常付属するロングの
ディレイラーハンガーと併せて問題なく使えています。 
さぁ、いよいよ全日本選手権に向けて出発です!! FORZA!!FORZA!!

◆12月1日(火) シクロクロスメカニックサポート(全日本に向けて!!編)
こんにちは。FORZAのアズマです。 もう、12月ですね。 
12月12日(土)はFORZA大忘年会です\(^o^)/
参加表明がまだの方は、至急スタッフまでご連絡ください!!

さて、今日は、週末の全日本シクロクロス選手権大会に向けて、バイクの最終調整です。
野辺山シクロクロスから登場のK-EDGE 直付用クロスシングルXLですが、
本来は、上記のような画像の状態で取り付けたいパーツです。
しかしながら、フロント34Tというチェーンリングサイズから取り急ぎこのように取り付けておりました。
通常ボルト2本での固定を1本で固定という形は、強度的な不安がありますので、
要改善という作業でしたので、今日はこちらの対応を。
 
ちょっとさげれば、このように固定することができます。
しかしながら、しっかりチェーンに干渉してしまいます。
  
シートアングルやフレームとの相性から、チェーンとのクリアランスはこのような感じ。
FD台座を削る案もありましたが、厚みが危険な薄さになってしまいますので、
それでは強度アップのための対策としては本末転倒。
  
ということで、本体側を削ることにします。アルミですので、サクサク削れます。
目安のラインも引いておいて、あとは調整しつつ。
 
内側の出っ張りは大きく影響しましたので、ピタピタに平らにしました。
 
これでバッチリ♪という取り付け状態です。 
『なんとかする』 というのはメカニック作業の醍醐味ですね♪♪

◆11月30日(月) シクロクロスメカニックサポート(洗車編)
メカニックサポート。レース後の月曜日は洗車から始まります。
野辺山のレース後としては、ドロは少ない方でしょうか。
始めにブレーキパッドを外します。 洗車の際にパッドに油分が付着しないため。
また、ブレーキキャリパーのピストン部のダストを洗浄するためにも必要な作業です。
洗車している時は、こんな顔をしているんですねー再発見です。
ちがうなーと再発見です。
洗車の際には、基本的に強い水勢は使いません。
回転部分はベアリングシールから内部へのダメージにつながりますので、基本ヤサシイ水勢です。
やっぱりドライブトレインは、ピカピカが気持ちいいですね♪
全日本シクロクロス選手権に向けては、與那嶺選手は平日の練習も少し入りますので
明日から早速、乗ってもらえるように洗車後の作業へと続きますー♪

◆11月30日(月) シクロクロスメカニックサポート

こんにちは。 FORZAのアズマです。 いつもありがとうございます。
しばらく投稿が空いてしまいました(汗) 早いもので、もう12月ですね(汗汗) 
野田エンデューロまで、あと2週間ですね(汗汗汗) 私は、シクロクロスソロでエントリーしました。
ということで、心新たに始まる12月。ということで、皆様どうぞよろしくお願い致します。

この週末は、武井選手與那嶺選手は、野辺山シクロクロスに参戦しておりました。
そして、12月6日(日)は、全日本シクロクロス選手権大会です。

ということで、メカニックサポートにも力の入るタイミングとなりました。
  
BBについては、以前の仕上げはベアリングの中のグリスについても追加しており、
耐久性重視となっておりましたので、決戦に備えて回転重視のセッティングに。
Ceramicタイプのベアリングに交換し、シールやグリスの塗布も最低限に軽快な回転に仕上げます。
⇒メカニックの作業については、適材適所。といいますか、
 耐久性があるから良いとか悪いとか、軽いから良いとか悪いとか
 ではなく、ライダーや使用状況に応じて必要なセッティングであることが重要と心得ます。
シクロクロスにおいては、脱チェーンというトラブルは致命的なトラブルになり得ますので、
こちらについても、チェーンガイドを追加するのと合わせて、リアディレイラーのケージテンション
をアップさせる作業を行いました。
 
スプリングの取り付け位置をずらすことで、テンションアップをはかることができます。
 
こういった配慮があるということも、日本の会社。シマノ。ジャパンスピリッツを感じます。

全日本シクロクロスでの両選手の活躍が楽しみです( ̄ー ̄)
皆様、応援よろしくお願い致します\(^o^)/


0 件のコメント:

コメントを投稿