トップイメージ

2015年5月18日月曜日

新サービス 新井の出張納車 S-WORKS TARMAC 9070Di2完成車 大阪編

いつもありがとうございます。FORZAの新井です。
あっという間に5月も後半戦ですね。いよいよSPECIALIZED2016年モデルの発表が近づいてきております。
首を長くして待っておりましたら、先行発表がございました。
THE TRAIL LEGEND REBORN
S-WORKS STUMPJUMPER FSRのフルモデルチェンジです。650B FATTIEのFUSEも非常に楽しみ。
2016年モデルも目が離せません。

おかげさまで、S-WORKS販売台数もダントツで日本一を堅守させていただいております。
日本一ということで、本当にたくさんのお問い合わせをいただくようになりました。
改めて、ありがとうございます。

つくばという土地柄、遠方の方からのお問い合わせも多くいただいております。
ただ、店頭での対面販売商品であるSPECIALIZED製品。
『S-WORKS BIKEをBIKE SHOPE FORZAにて購入したい。でも、遠方から何度も来店するのは難しい。。』
そんな風に感じていらっしゃる方も多いのではないか。と思うようになりました。
日本一のディーラーとして、最大限お応えさせていただきたい。
そんな思いから新しいサービス、新井のS-WORKS 出張納車を開始させていただきました。
どうぞ遠方の方も、まずはお気軽にお申し付け頂けますと幸いです。

今日は、そんな新サービスを行わせていただいた新井の一日をご紹介させていただきます。
今回の出張納車の行き先は大阪。つくばから約600kmの道のりです。
タイミングよく、武井選手と與那嶺選手のUCIレースである MTB八幡浜国際クロスカントリーレースへの移動に便乗させていただくことができました。
5時につくばを出発し、道中ちょっと寄り道。
知る人ぞ知る、BUCHO COFFEEさんです。
名古屋名物のモーニング。美味しいコーヒーと美味しいパンで贅沢な朝ごはんでしたが、
それよりもオーナーである筧太一さんの人柄というか元気に、こっちまでエネルギーをいただけるという特典付き。
朝からこんなに気分よくスタートできるのであれば、とても人気店なのもうなずけます。
知好楽 そのままな筧さんに、とっても刺激をいただきました。ありがとうございます!
そして名古屋からあっという間に大阪へ。いよいよ新井の出張納車であります。
M様 S-WORKS TARMAC 9070Di2特別完成車をご購入いただきました。
BIKE SHOP FORZAを選んでいただきまして誠にありがとうございます。
改めて、今後共よろしくお願いいたします。

組み立ての一部をご紹介させていただきます。
ホイールは、SHIMANO WH-RS81-C35-CLをセレクトしていただきました。
ホイールのセンター・横縦振れ・スポークテンション。しっかりと点検・調整をさせていただいております。
DURA-ACEとは違い、スチールフリーモディですので、サビ防止にグリスの塗布を行いスプロケットの取り付けを行っております。
バルブ口のテープは純正から、Sの文字がカッコ良いROVALに付属するテープに変更いたしました。
出荷時にすでにBBが圧入されているS-WORKSフレーム。
一度、ベアリングプーラーを使用しベアリングを取り外します。
ceramicspeedのベアリングは、グリス少なめですので純正グリスを補充します。
ベアリングをわざわざ外す理由はコチラです。
出荷状態では、まったくグリスが塗布されておりません。SHOPの腕の見せどころをしっかりと用意していただいております。
良く、S-WORKS BIKEのBBは音鳴がする。というお話をいただくことがあります。
しかし、適切なグリスを使用し組み付けた場合ほとんど音鳴は発生いたしません。
ご安心していただけますと幸いです。
もちろん、出荷状態そのままに組み付けてしまうと、音鳴は発生すると思います。
当店が使用するグリスは、NEW TARMACにはワコーズのブレーキプロテクターを使用しております。
100gで4,640円(税込)と地味に高いグリスです。
個人で買って作業するよりも、SHOPにお任せいただいたほうがお安くまとまります。
ブレーキアジャスターにも一工夫。
純正のライナーでは短く、コーティングワイヤーを傷つけてしまうことがあります。
純正のライナーから、ちょっと長めのライナーに変更し、
アジャスターの出口の干渉を可能な限り少なくします。
ブレーキの取り付けにも一工夫。
固定力を高めるために、カーボン製品用のアッセンブルグリス ファイバーグリップを塗布します。
DURA-ACEのギザギザワッシャーは十分な固定力がありますが、指定トルクでさらに固定力を増すための工夫です。
ステムのセンター・STIの左右の高さ調整は、専用の工具を使用して最終確認をいたします。
恐らく、数mmの違いがあっても分からないと思います。その誤差を身体が修正するからです。
ただ、左右ピッタリと水平が出ているのは気持ちがいいものです。
2015年モデルのS-WORKS BIKEから新たに採用された軽量プレッシャープラグです。
ステムの割の位置に合わせて固定が指示されています。
しっかりとステムのセンターを出してからでないと締め付けが出来ません。

ブレーキのライナーにも一工夫。DURA-ACE純正のアウターキャップが入るように、
2.5mmのアーレンキーで少し拡げてあげます。
3.0mmだと拡げすぎてしまうので、2.5mmがベストです。
ブレーキのフリクションを更に少なくすることが出来ます。
電動コンポーネントですので、しっかりとファームウェアアップデートを確認します。
出荷状態ではアップデートが確実に必要です。

今回ご紹介させていただいたのは、一部の写真です。
組み立ての要所要所を写真に収め、納車時に全て説明させていただいております。
写真で全てを説明させていただくのは、お客様に安心していただくことと、
お客様にもご自身のBIKEの構造をご理解いただくために行っております。

遠方ですので、どうしてもアフターケアの頻度が少なくなります。
まずは絶対にトラブルを起こさない組付けが必要です。
それは、武井選手・與那嶺選手のBIKEだけでなくお客様のBIKEも同じくです。
絶対にトラブルを起こさない。その覚悟で組み立てを行わせていただいております。

日本一販売させていただくということは、日本一S-WORKS BIKEを組み付けさせていただいているということでもあります。

ぜひ、遠方の方もご安心してお任せいただけますと幸いです。

ここからは番外編。出張納車後の新井について。
折角の大阪。つくばにとんぼ返りでは非常にもったいないおばけです。
お勉強お勉強。
大阪といえば、あのSHOP。一度は行ってお会いしたかったのです。
この写真だけでお分かりになる方も多いはず。
写真、撮らせていただいても良いですか?とお伺いしたところ、
非常に忙しいにも関わらず、アレコレと仕様をお教えいただきました。
その後も1時間ほどじっくりとお勉強させていただきました。
突然の訪問にも関わらず、本当にありがとうございました!

BUCHO COFFEEさんにお邪魔させていただいて、
M様にも直接納車させていただいて、
有名SHOPさんの人柄とお店の空気を感じることが出来て、感じたことがあります。

やっぱり直接お会いして、お話しなくては何も分かりません。

自分次第でたくさんの方にお会いすることができる事。
このお仕事の一番の醍醐味かも知れません。

 
夜は與那嶺選手の叔父様夫妻に初めての寄席をアテンドいただきました。
叔父様と2008年のツールド沖縄85kmで一緒に走ったご縁が、こんな形になるなんて。
本当に不思議で楽しいと感じます。
アテンドいただきありがとうございました♪

すっかり楽しみ、新幹線の時間が過ぎてしまいましたので、つくばっくは夜行バスにて。
充実過ぎるほどの出張納車でありました。

遠方の方で、S-WORKS BIKE 出張納車のご相談については、
商品のお問い合わせの際にお気軽にスタッフまでお申し付けください。
また、繰り返しにはなりますが、店頭での対面販売が必要でありますことを
お含みおきいただけますと幸いです。

どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。

FORZA 新井康文

0 件のコメント:

コメントを投稿