トップイメージ

2015年5月31日日曜日

磐梯吾妻スカイライン絶景ライド たくさんのご参加ありがとうございました!


いつもありがとうございます。FORZAの新井です。
行ってきました。磐梯吾妻スカイライン 絶景ライド。

もう何度、『すげぇ!Σ(゚Д゚)スゲェ!!』と叫んだことか。
正直、ここまでとは思いませんでした。確実に最高を更新しました。
今回、ご一緒いただいた14名の皆様。この感動を皆で共有できたこと、とっても嬉しいです。
本当にありがとうございました。

では、磐梯吾妻スカイラインの感動と興奮。そして飯坂温泉の熱さにビビった一日を、たっぷりの写真(180枚撮ってました)で振り返ってみましょう。
※写真はクリックすると拡大していただけます。
今日のコースはこちら!
4時50分に集合のFORZA集合組の皆様。
FORZAキャラバンとI田支部長レジアス(いつも大変ありがとうございます!!)の2台にて、
10名10台乗り合わせにて一路、福島は飯坂温泉へ。
妻の実家がある飯坂温泉。里帰り出産の時に何度も通った道のりであります。
つくばから3時間。相変わらず中々の距離です。
渋滞も無く、予定通りに到着。現地集合の方も無事に合流。
さっと、自転車を準備し身支度を整え、コース等の説明と改めて安全第一を皆で共有。
飯坂温泉。たくさんの共同浴場があります。
その一つ、波来湯(はこゆ)さんの前で出発前の一枚。
無事に戻り、温泉でさっぱりできるように。
どうですか、この青空。アメオ? ハハッ。そんなことも言われていましたね。
どうぞ、晴れ男と呼んでください。
そして、15名となると車列も壮観。迷惑にならぬよう、安全第一にてスカイラインを目指しつつウォーミングアップを。
果物が有名な福島。今の季節はとっても美味しそうなさくらんぼ。
10kmほど走るといよいよスカイラインへ。
ジワジワというよりも、最初からしっかりと登り始めます。各自ペースを守り、互いの健闘を祈りつつペダルを回します。が、
序盤から中盤にかけてが本当にキツかった。。。
このアスファルトではない、豪雪地帯特有の路面区間。皆様も一番苦しんだポイントだったと思います。
唯一、コースを試走して頂いていたK下福島支部長(ありがとうございます!!!)に、質問が飛び交います。(主に私とM角さん。)
『こんなにキツイのはここだけだよね??きっとそうだよね?ね?ね?』
私達(主に私とM角さん)はいきなり始まったキツイ区間に、早くも弱気になり始めていました。
唯一コースの全容を知っている支部長に、この気持ちを紛らわせて貰いたかったのかもしれません。
しかし、まさに苦虫を噛み潰したかのような顔で、苦笑いを浮かべる支部長に、
私達は全てを悟ってしまったのです。
『頂上まで頑張るしか無い。』
この日、真夏日を記録した福島県。磐梯吾妻スカイラインも例外ではなく、ジリジリと暑い日差しも体力を奪っていきます。
頑張るしか無い私達(主に。。)も登るにつれて身体もほぐれ、少しずつ気持ちにも余裕が出てきました。
火山ガスの影響で、通行規制のかかっている高湯ゲート。
非常にタイミング良く、今週から10時からの規制が7時に変更され、走れる時間が長くなりました。
高湯ゲートまでくれば、景色も少しずつ変わり始め、高原の雰囲気が次第に出てきます。
やはり、登ったという実感が欲しいもの。
この景色の変化は、序盤のキツイ区間で傷めつけられた私達(おも。。)には非常に嬉しいものでした。
 ??????
 !?!?!??!?!?!?
 ????????????
 photo:Tim de Waele シクロワイアード様より ありがとうございます。
序盤で頑張るしか無くなったM角さんでしたが、
王滝での好成績を引っさげ、素晴らしい登坂力を発揮し、コンタドールばりに先頭集団にジョイント。
これには、先頭グループ大興奮。悔しいけれど、すっごくカッコよかったッス。
上りの途中に出てくる、つばくろ谷で脚を揃える予定だったのですが、
福島を一望できる絶景ポイントがありましたので、まずはここで足並みを揃えました。
写真に写っていないN井氏は、初めての遠征ライドに大興奮していただき(2時に目が覚めたそうです。)
一気に頂上まで駆け抜けて行かれました。
ついに標高1000mを超えました。筑波山つつじヶ丘 約2本分です。
そして、当初の足並み揃えポイントのつばくろ谷まで1km。

もう、たっかいのですよ。つばくろ谷に架かる橋が。脚がすくみまくりでした。
どんどん感動が更新される景色。ついつい長居してしまいます。
つばくろ谷を後にし進んでいくと、遂に吾妻小富士が顔をのぞかせました。
先ほどのつばくろ谷の感動がまた更新されました。
この時点では、ほぼあの斜面に近づけるなんて思ってませんでした。
振り返ると、また絶景。そして、感動がさらに更新。
こんなに絶景が続けて変化すると、登っている辛さなんて本当に小さくなります。
週末にもかかわらず、車の量も非常に少なくとっても快適。皆でワイワイと登ります。
眼下に広がる、あの街から登ってきたと思うと、改めてロードバイクの楽しさと素晴らしさを感じる次第であります。
本当に凄い!
各自の絶景インジケーターが振りきれる度に、各自写真の時間に。
あんなに小さく見えてた吾妻小富士がもう目の前に!
写真で見てたあの絶景ポイントが着実に近づいてきているのをドキドキしながら感じます。
M角さん、Kさん、新井の絶景インジケーターが振り切れたポイントです。
もうこの辺から、出てくる日本語は非常に限られてきます。

ただただ、凄いです。完全に日本を感じさせない景色に圧倒され続けます。
インプットは非常に大量の情報。アウトプットは非常に限られた日本語。
でも、それで良いですよね。この場にいれること。それだけで感謝です。
幸い、風がも吹いており火山ガスの影響は皆無でした。硫黄の香りも全然苦になりません。

まさに、写真で見た景色がそこに広がっていました。
こっちから登るルートは大正解でした。好きなときに好きなだけ安全に止まれますから。
好きなだけ景色を堪能しながらゆっくり登っても良し。自分の限界に挑んでも良し。
遂に到達です。お昼ポイントの浄土平。登れば登るほどに更新される絶景。
なんども振りきれる絶景インジケーター。
ロードライドで、ここまで気持ちが高揚することは、なかなかありません。
あんなに小さく見えていた吾妻小富士が、もう目の前にあります。
階段で簡単に登れるなんて。。下から眺めていた時には思ってもみませんでした。
皆で無事に登頂!いやぁ、本当に嬉しい瞬間です。

さぁ、お楽しみのお昼ごはんです。
15台の自転車。ワイヤーロックを持参していただいており、無事に施錠。ありがとうございます!
浄土平レストハウスでは、福島の郷土料理が振る舞われておりました。
こづゆ。東北を感じる味わいとその由来を知れて大満足。
15名でワイワイとお昼ごはん。やはり福島といえばソースカツ丼!
F澤兄貴は、ただ一人わらじカツ丼という大盛りをチョイス。流石であります。
1600mを登頂した兄貴の走りには、クラブライドの皆様も大いに刺激を受けることでしょう。
FORZA関係のFacebookタイムラインは、磐梯吾妻スカイラインで埋め尽くされておりました。
私も念願のソースカツ丼をいただきました。王滝のブログを見て、本当に羨ましかったのです。
お腹もいっぱいになり、下りの準備は万端だぜ。そんな雰囲気も漂っていましたが、
はて。浄土平が頂上と言いましたっけ。
最高地点は、もうちょっと後でした。(*ノω・*)テヘ。

さぁ、最高地点も過ぎ後は飯坂まで下るのみ。
しかし、15名の大人数。やはり安全第一にて景色と新緑を満喫しつつ30km後半でゆっくり下りました。
バイパスを避けるため、旧道メイン。木漏れ日というよりも、ほぼ新緑が日差しをカットしてくれます。
これは登りでも涼しげです。
本日、恐らく一番グルメを堪能していたK池さん。
下り途中の休憩ポイントでは、なんと熊笹ソフトクリームをチョイス!!
気になる感想は別途お問い合わせください。
そして、一気に写真はゴール後に。。。
この後の国道での福島までの下りは高速。FORZAが整備を行った自転車と自分のスキルを信じ、安全第一で下っていただきました。
そして、下ってきた福島市の暑さといったら。。。THE BONCHI。。。
最後の飯坂までの平坦13kmは、本当に長く感じました。写真を撮る余裕もなくなるほどでした。。
そして、無事にゴール!そしてそして温泉!
波来湯のキャパを超えてしまいましたので、鯖湖湯班との2班編成に。
忘れていました。飯坂温泉の熱さを。。。
鯖湖湯。なんと湯温48℃。。。(((( ;゚д゚))))アワワワワ
湯温の調整は、おもむろに設置されたホースを使用し直接加水するというワイルドな方法。
ちょうど、観光のおじさまもご一緒させていただいたのですが、なんでしょうあの一体感。
なんとか浸かれるように頑張る裸の付き合い。これぞ日本の文化だなと。
なんだか、最後まで楽しく頑張る一日でした。
そして、つくばっくしたのは、19時過ぎ。
事故なくトラブル無く、無事につくばっくできて、本当に何よりでした。
最後に、I田支部長とのエクストラステージin喜元門。

改めて。
5月の遠征ライドにご参加いただいた皆様。本当にありがとうございました。
私自身が行ってみたい!走りたい!この指とーまれっ!的に開催した遠征ライド、
復刻三浦半島グルメライドと絶景磐梯吾妻スカイラインライドでしたが、
皆様も同じように興味を持っていただき、満足していただき、楽しんでいただけたこと。本当に嬉しく感じています。

最近、読んだ本で 知好楽 という言葉を知りました。
自転車を知って、好きになって、気がつけば自転車を、そして自転車での楽しみをご提案するという仕事を選んでおりました。
今の仕事を通して、皆様との関わりを通して、自分自身の成長に繋げる事が出来る毎日を楽しむことができています。
そんな私は大変幸せだなぁと、素晴らしい仲間と素晴らしい景色に囲まれながら走った磐梯吾妻スカイラインでした。
本当にありがとうございます。

6月のお出かけ遠征ライドは、一旦お休みです。
武井選手、與那嶺恵理選手の全日本選手権大会のメカニックサポートに全力を尽くします。
全力で自分の成長を楽しみます。

今年の全日本選手権の舞台は、那須!
6月28日に開催されるロードレース。絶対に生で観て感じてほしいと思います。
今回のライドとはまた違った感動を味わっていただけること間違いなしです。
新井のお出かけ遠征ライドはお休みとなりますが、別途観戦ツアーを計画中です。
改めて詳細をUPいたします。

5月もたくさん遊んでいただきありがとうございます!
6月も引き続きよろしくお願いいたします。

FORZA 新井

0 件のコメント:

コメントを投稿