トップイメージ

2015年2月10日火曜日

メンテナンスの季節です♪ オーバーホールキャンペーン好評開催中です♪


こんにちは。 FORZAの東です。 まだまだ、寒い日が続きますね。
しかしながら、2月も残り3分の2。 寒さの峠ももう少しで下り基調です!!

メンテナンスシーズン&オーバーホールキャンペーン開催中。

ということで、メンテンナンスのお話を頂くことが増えております。
3月が近づくにつれて、作業が非常に混みあうことが予想されます。
御検討の方は、お早めに御相談いただけると幸いです。

私事ではありますが、先日、鼠径ヘルニアの手術を受けまして、
しばらくは自転車に乗れない週末を過ごす。
ということを余儀なくされることとなりましたので、
今までよりも作業キャパシティが増えました(当人比)

土日祝祭日も営業時間は、13:00~ですが、
御予約に限り午前中も対応させていただきます。

フィッティング、その場での作業、納車後の点検などなど
御検討のお客様は気軽に東(アズマ)まで御相談ください。
療養期間中の、期間限定対応となりますm(__)m
どうぞよろしくお願い致します。

forzatsukuba@gmail.com
TEL 029-851-2108
営業時間  平日 13:00~20:00
土日祝祭日13:00~19:00
毎週 水曜定休


さて、今日はフルオーバーホール、メンテンナスを御依頼頂きました例を紹介させていただきます。

SPECIALIZED ALLEZ COMP を愛用頂いておりますS様より
フルオーバーホールを御依頼いただきました。
 
ALLEZ COMPなのですが、7900DuraAce、WH9000、ROTOR CRANKS & Q-RINGS などなど
もはや名ばかりで、その名前の原型はとどめておりません。

およそ、1年間。 セカンドバイクとして雨のイベントもしっかり活躍されたということで
メンテナンスにお持ちいただきました。 
  
定期的に点検やメンテナンスをさせて頂いているバイクなので、
全体的に綺麗な状態をキープ頂いております。
それでも、ドライブ系の細かいところはどうしても汚れはたまってきます。

フルオーバーホールですので、洗浄前に交換部品や取り外せるパーツは外しておきます。
 
フレームの小物も外せるものはしっかり外してクリーニングします。
ブレーキシューなど、消耗品で交換になる部品も外してこの後の洗浄の行程に備えます。
 
分解すると、外からは目立たなかった汚れも見えてきます。

BB下のケーブルガイドです。 コーティングケーブルの外皮が詰まっておりました。
これは、フリクション増加の原因となりますので、組立時に対策を施して組立いたします。

取り外すべきパーツを外した状態です。 ポジションにかかるパーツ。
外す必要の無いパーツは、このタイミングでは外しません。

洗浄の行程です。 フレームは、水と洗剤でクリーニングします。
ドリンクの糖分による汚れなどは、やはり水を使った洗浄が効果的です。
 
カセットを外したフリーボディです。 躊躇することなく、ディグリーザーで洗浄します。
シールを傷める心配。というのは、その使い方によります。そして水による影響の心配は、
洗浄時の水のかけかたによります。 

日頃の洗車において、強い水圧でかけてはいけない方向で、かけてはいけない部分に
かけてしまうと、内部に水がたまってしまって、洗車が不具合の原因となってしまいます。

ポイントをおさえて上手くやる。 が肝要です。

外したコンポーネントもしっかり洗浄します。 
冬の洗車は手がかじかみますので、近くにお湯のバケツを置いておく。というのは必須です。
 
ディグリーザーでしっかり洗浄してあげるとピカピカになります。
 
リアディレイラーのスプリング部などは汚れのたまりやすい部分です。

カセットスプロケットも、少しつけ置きして擦ってあげるとピカピカになります。

しっかり洗浄して、このあとのメンテナンス、組立の行程に備えます。

【続く】


こちらは、チームメンバーのK様のSPECIALIZED S-WORKS VENGE
VENGEが発表された年のモデル。 いつも、しっかり乗って頂きありがとうございます。

大会の前など、一年の間でポイントとなる時には必要な部分をメンテナンス頂いておりますので、
今回は、フルオーバーホールまでは必要なく、回転部分のメンテナンスをメインに。
必要な消耗品を交換。という御依頼となりました。
  
しっかり乗って頂いているので、少しドライブ系には目立つ汚れがございます。

ということで、ドライブ系のクリーニングを追加させていただきました。
 
チェーン、カセット、リアメカ、クランク周りのドライブトレインをクリーニングさせていただきます。
 
まずはしっかりとディグリーザーで、油汚れを緩めます。
上側、下側、外側、内側と、各面からしっかりと汚れを落とします。
 
カセット、プーリーもしっかり洗浄します。 
今回は、プーリーは交換になっておりますが、汚れを戻さない。という意味で洗浄します。
 
カセットは、ホイールを外してさらにしっかり洗浄します。 
ハブについた汚れもしっかり浮きあがらせます。
 
ディグリーザーでの洗浄が終わりましたら、まずは水洗浄を行います。
 
その後、洗剤で洗浄し、あらためて水洗浄を行います。
 
しっかり洗浄してあげると、チェーンもピカピカになります。 クランクもピカピカ♪

カセットも輝きを取り戻しました。 綺麗になると気持ちがいいですね♪

Ceramicベアリングなどで、ドライブ系の軽さを手に入れた方は、
やはり、その軽さを良い状態でキープ頂くためにもチェーンのクリーニングはオススメです。

Ceramicベアリングで手に入れた『軽さ』をすべてスポイルしてしまいかねません。

【続く】


オーバーホールキャンペーン好評開催中!
詳細は、下記の記事をチェックしてください!!
    ロードバイクはコチラhttp://www.forza.jp/2015/01/blog-post_4.html

御相談は気軽にスタッフまでお問い合わせください。

たくさんのお問い合わせお待ちしております!

forzatsukuba@gmail.com
TEL 029-851-2108
営業時間  平日 13:00~20:00
土日祝祭日13:00~19:00
毎週 水曜定休

0 件のコメント:

コメントを投稿