トップイメージ

2015年1月22日木曜日

後藤のオススメ SPECIALIZED TARMAC EXPET編

こんにちは、後藤です。
NEW TARMACはサイズ毎にそれぞれ適したフレーム設計をしているので、どのサイズに乗っても非常の乗り味が良く、小さいからどうの、大きいから・・・というものがなくなりました。

私が実際に使用している、EXPETモデルの関しても同様の開発で進められています。S-WORKSの意思をしっかり引き継ぎ非常の乗り味の良いバイクに仕上がっています。
TARMAC EXPET (税込)405,000円
Satin Carbon/Charcoal 52
先日の試乗会では「下りで安心感がある」という言葉をたくさんいただきました。これは重心バランスを意識して作ったからこその安定性となっています。

フレームは単に軽量化すれば良いだけでは無くなっています。軽量化するためにはフレームを薄くしますから、どうしても強度が必要になりますので、薄くても強度が高い素材を使用します。そのため、地面からの振動がダイレクトに伝わったりして疲れやすくなってしまう所が難点なのです。

そして、トッププロの世界ではバイク重量の制限が決まっています。その重量を簡単に下回るようになってきており、軽量以外の所にも重点が置かれるようになってきました。
ペダル無し重量で7.4キロとなっています。実際には十分軽量な仕上がりになっています。
私が実際に使用している状態の重量でも7.8キロペダルやガーミン、パワーメーターをつけてこの重量ならば十分レースでも使用できます。これにカーボンホイールを使用すれば、実践使用で7.4キロほどまで軽くできます。

今年のTARMACは重心バランスを意識して作ることにより安定性の高さ、乗り心地を求めました。

軽い=早いではないという事ですね。ライダーの疲労を軽減させ、ストレスもないようにすることを目的とされているのではないでしょうか。

さて、なぜEXPETモデルがオススメなのか。
ターマックの持ち味であるダンシングの軽さ。これはフレームの剛性やカーボンの編み方など様々な要因もあるのですが、フロントフォークが一番重要なポイントになってきます。

実はこのフロントフォークはS-WORKSモデルのものを使用しています。そのためS-WORKS TARMACと同じようにバイクの振りが非常に軽くなっています。また、頭の部分といえば良いでしょうか、ボリューム増えているので、少し剛性も上がっているのでしょう。そのためにバイクの振りがより軽量になっていることでしょう。
シートクランプ部分もS-WORKSモデルと同等の形式をとなっています。見た目も良く軽量化も成しとげています。
フロントフォークだけではなく、シートポストもS-WORKSが使われているのです!うっすらと見えるこの文字!良いパーツをしっかり使い乗り味をよくしてくれるのが魅力ですね。

このシートステーを見直したからこそ振動吸収性が良くなり乗り心地が良くなったのではないでしょうか。
スプリントしたときに感じた事ですが、乗り心地が良くなったから柔らくなったという感覚ではなく、素材を見直して剛性はそのままに、振動吸収性が高い素材になったのではないでしょうか。
フレームの頭部分と言いましょうか、前面部分の形状が少し改善され、空力も考えられた形状となっています。
空気という壁は非常に重いものとなっているので、空力を考えられている事は非常に重要なポイントになっていますね。早く走るためには空気抵抗を少なくする。これは私達レーサーの課題でもあります。
コンポーネントはSHIMANO ULTEGRAがつきますので、変速性能やブレーキ性能では安心のできるグレードになってきます。

クランクはFSAのカーボンクランクがつきますので軽量化を考えているバイクでもあります。

ステム、ハンドルには軽量アルミのパーツがアッセンブルされています。

最上級グレードとあまり変わらない乗り心地を実現し軽量化もしてくれているわけですが、なんとその価格!
405,000円(税込)
いいじゃないですか!この値段でここまでの性能がある完成車が買えるとは!
ここに、様々なパーツを組み合わせることで最高のレーシングバイクい生まれ変わります。
例えば、パワーメーターを導入する。カーボンホイールを導入すれば、もう完璧なレーシングバイク間違いなしです!
人気の車体となっておりますので、在庫が少なくなってきております。お問い合わせはお早めに、スタッフ後藤までお気軽にご相談ください。

BIKE SHOP FORZA
MAIL: forzatsukuba@gmail.com
TEL:  029-851-2108
茨城県つくば市二の宮1-13-2
営業時間  平日 13:00~20:00
土日祝祭日13:00~19:00
毎週 水曜定日

0 件のコメント:

コメントを投稿