トップイメージ

2014年9月30日火曜日

9/28 うっかり八兵衛カップ 秋の収穫祭 レースレポートです。

うっかり八兵衛カップ秋の収穫祭に出場してまいりました!
茨城県常陸太田市で毎年2回開催される、うっかり八兵衛カップ。
ふるさとの森MTBコースという常設コースで行われるこのレース,
収穫祭というだけあって、地元常陸太田の新鮮な果物、野菜を使った美味しいレースでもあります。

8:30いよいよ最初の種目が開始されます。


恒例の親子レース。今回はK様親子が大健闘。
りょうすけ君は暫定三位で1周回を終えます。
そしてここが親子レースの一番の難関かもしれません。
その名も、「お父さんはやくむいてよ」
お父さんが梨を剥いて、お子さんがそれを食べるというシンプルなものですが、
息が切れるほど走って帰ってきたお子さんに梨を頬張らせるという、
これまた過酷な内容です。今回初参加のY様親子。
この日のために梨剥きの特訓を積んできたパパ。オフィシャルから見えないところで、
厚さ3cm程で皮を剥いていきます。



対するK様親子。パパの梨剥きスキルが半端じゃない!!
この競技が皮剥きの薄さを競う種目ならダントツで優勝だったはずです。
一日親子のI様&カズイ君。こちらはお母さんがヘルプ!
なしの次はお父さんが一周走って、今度は巨峰一房を親子でたいらげます。
本当過酷です。。。
 
 
さんざん食べたあと、最後はコースを全力疾走。
どの親子もkidsは元気。パパが引きずり回される結果に。。。
結果は。。。K様&リョウスケ君親子7位  I様&カズイ君臨時親子8位  Y様&アキラ君親子10位
3親子無事に完走です!そろそろ、親子レースでも優勝を飾りたいですね~。
本レース前にすべてを出し切ったY氏。
ROAD TO はやく剥いてよ2015はすでに始まっています。。。
そして、いよいよ4時間エンデューロのスタートです。
ここからは、マナオのレースレポートをお送りします。
------
9/28日 気持よく晴れ渡った空。
茨城県常陸太田市。ここを訪れるのは何度目だろう。
ここはマナオの先祖が眠る土地として、茨城県内でも有名な街だ。
そういえば今年は墓参りに来ていなかったな。と、先祖が眠る墓地へ向かいそっと手を合わせる。

会場はインターを抜け20分ほどで到着する。ふるさとの森MTBトレール。
市が管理する常設のXCコースである。
この日も県内外からたくさんのマウンテンバイカーが集まってきている。

親子レースでは、K親子、Y親子、I様臨時親子の活躍にチームフォルツァも大盛り上がりだ。
レース中に設定されている梨、葡萄ポイントは、協力プレイOK。
レースに関係の無いチームフォルツァの面々も、便乗して秋の味覚を堪能する。

もちろん私は食べない。今回私は中途半端な気持ちで走るわけにはいかないのである。
私のチーム名はシャドウ。そうシャドウである。シャドウについては下記を参照して欲しい


今回シャドウことS山氏とこのチームを組んだのには深い訳があるのだ。
上記リンクにもあるSDA 王滝100㎞。S山氏は不完全燃焼に終わり、
その溜まりに溜まったフラストレーションをどこかで発散させなければならない。
そう、私は感じていた。過去の因縁は水に流し、案の定S山氏は今回の共闘を快諾してくれた。
FORZA王滝ドリームチーム誕生の瞬間である。

第一走者は私だ。スタートライン前列に並び、号砲を待つ。
ライバルの顔と体型を確認する。
周りはもちとん、皆、アスリートである。
もちろん、彼らからは私もアスリートに見えているのだろう。それは紛れもない事実だ。、
少しくすぐったい気持ちである。
そうこうしているとスタートの号砲だ。先ほどまで親子レースに出ていた二人も、
さっきまでレースしてたのに、何故自分が第一走者なのだろう。。。
という疑問を隠せない面持ちで走り抜けていく。

私がイッツ・ショータイム!等と頭の中でつぶやくと同時に、
何か黒い塊のようなものが、ものすごいスピードで我々の前からどんどん離れていく。
なんだ?あれは。。。墓地が隣接しているコースなだけあって、
もしかすると見てはいけない者だったのかもしれない。。。いや、それは違う。
チーム・フォルツァ!O氏。彼もまた、前回の王滝でマナオに完膚なきまでに叩きのめされ、
復讐の炎を燃やしていたに違いない。もちろん、四回パンクしてDNFになってしまったことを無しにしても私の快勝であったに違いない。私はそう信じている。
彼はかなり無理をしていた。私を意識するあまり明らかにオーバーペースだ。
途中の休憩ポイントで冷たい麦茶を飲んでいる姿が何度か目撃されているが、
わざわざレース中足を止めてまで体をクールダウンさせなければならないほどに、
彼は疲弊していたのだと思われる。
もちろん、私は麦茶は飲まない。なぜならお腹が痛くなるからである。

ソロで出場するライバル達も、私の後ろを追走している、
いや、後ろというよりも、むしろ前を走っていたと言うべきだろう。
N氏にS氏。油断ならないライダー達ばかりだ。
S山氏も調子が良さそうだ。序盤戦のかかりは明らかに良い。
S-WORKS EPIC 29との相性も最高だ。
序盤戦はそれぞれ二周回づつこなし、中盤体が温まってからはそれぞれ3周回づつで回す。
私は30%程度の力を残し走っていたが、何故か肺から血の味がこみ上げてくる。
決して120%の力で心肺機能が悲鳴を上げているわけではなかったが、
私の心肺は私を無駄に心配してしまったようだ。
一方この男も本番にめっぽう強い走りで、チームを引っ張っていた。
Y沢氏。今年になってMTBに乗るのは王滝を合わせ4回目である。
そして。。。こうなる。界王拳は体にかかる負担も大きいようだ。
四時間のレース中に弁当2つ。かき氷、K大母様の手作りオニギリ数個、つけものetc。。。
あれだけ食べてよくぞここまで動けるものだ。
ちなみに、私はレース中おにぎりは食べない。なぜならお腹が痛くなるからである。
レースもいよいよい終盤戦。スタッフの方にリザルトを確認すると、
「1位の子がブッチギリで、マナオのチームは現在2位!」とのこと。
ふむ。計測をする係の方もこれだけ大勢の参加者がいれば、計測ミスがあってもしょうがない。
私の個人計測の結果では、我々は現在1位だ!
そして、彼は私の倍くらいあるスピードで激坂を掛け登っていく。無理が祟ったのだろう
現地情報では麦茶を飲む回数が明らかに増えているらしい。
係の方と談笑する姿も捉えられている。私は改めて自分の勝利を確信する。
4時間エンデューロ最後の1周回。私はライバルに感謝しながら、フィニッシュラインを切る。
やった!完全なる勝利!O氏も麦茶を飲みさえしなければ、もう少し善戦できたのだろう。
ライバルである影氏と拳を合わせ、お互いの健闘をたたえ合う。
これが、苦楽を共にしたライバル同士が味わう感動なのかもしれない。

最後のライダーが走り終え、表彰に向かうチームシャドウ。
O氏の周りでは、ブッチギリだったね!すごいね!皆が彼に声をかけている。
確かに、麦茶を飲んだ量はブッチギリだったのかもしれない。
栄光の表彰式は軽トラックの上。2位でもこれだけの商品がもらえる。
参加したライダー全員が勝者。そういった意味では我々も優勝したのである。
きっとそうだ。
この他にソロの優勝商品として、さらに米やら味噌やら大量にGETしたO氏。
その栄誉を素直に讃えよう。

O氏、個人、総合ダブル優勝おめでとう!!
次は絶対勝ってやるんだからっ!!
------
ということで、うっかり八兵衛カップ秋の収穫祭。
O氏、チームシャドウの1,2フィニッシュという素晴らしい結果で締めくくることが出来ました。
実は私、うっかりの表彰台に乗ったのはこれが初めて。やっぱり嬉しいですね~。
これも土日のライド、朝練に付き合ってくださるお客様あってのことです。
皆様本当にありがとうございました。次回のうっかりは3月ですね。お楽しみに!

2014年9月29日月曜日

S-WORKS TARMAC SL4納車させて頂きました。ありがとうございます。

S-WORKS TARMAC SL4 FORZA特別完成車を納車させて頂きました!
納車のお写真は仲の良いご夫婦一緒にパチリ。

オーナーのM様。初めてのロードバイクでしたが、
どうせ乗るなら走行性能の高いバイク。ということで、
SW TARMAC SL4FORZA特別完成車をお買い上げ頂きました。

この日は自走でご自宅までお帰り。
早速TARMACの気持ちのよいふみ心地を実感して頂けたことだと思います。
M様、シェイクダウンはいかがでしたか??
早速のライドへの参加も心待ちにしております!

ありがとうございました!

只今S-WORKS バイクデビュー応援キャンペーンとして、
店頭在庫の2014S-WORKSフレームを、フレーム価格のみで、
Newアルテグラ6800の完成車として販売させて頂いております。

※キャンペーン対象車ものこりわずか!!
下記リンクよりお買い得なフレームリストをチェックしてみてください!
http://www.forza.jp/2014/05/specialized-2014-s-works-tarmac.html



NEIL PRYDE BURA SL納車させて頂きました。


NEIL PRYDE BURA SLを納車させて頂きました。
オーナーのS様、アンカーのアルミからこの度晴れてカーボンデビュー。
BURA SLはSサイズ 710gという、その軽さも驚きですが、
とてもバランスの良い車体です。
他のレーシングバイクに比べ、乗り心地も非常に良いので、
レース~ロングライドまで、バランスよくこなしてくれる1台です。

S様も納車後の試乗でその軽快な乗り味にビックリ。
自転車ライフがもっともっと楽しくなること間違い無しの1台。

ライドイベントへのご参加もお待ちしております!
ありがとうございました!

2014年9月26日金曜日

SW SJ HT29限定カラー EGGER納車させて頂きました!

S-WORKS STUMP JUMPER HT 29 限定モデル 
EGGER納車させて頂きました!!

爽やかなボディにレッドカラーのホイール、サドルが、新鮮な1台になりました。
もちろん、完成車と同じ、SRAM XX1&ROVAL CONTOROL SL29&MAGURA MT8の最軽量トリオ。
完成車重量はこれで8kg台。ミドルクラスのロードレーサーと変わりません。。。
デザイナー兼エンジニアのROBERT EGGERさんの独特なカラーリングが、
本当に素敵な1台。シートポストまでフレームと一体になっているかのようです。
オーナーのA様はこれでSW MTBは三台目!
羨ましい限りです。。。。

ライドのご感想お待ちしております!
ありがとうございました! 

2015 FULCRUM RACING ZERO納輪させて頂きました!

2015 FULCRUM RACING ZERO納輪です!
ROAD TO 王滝 2014 を最高の結果で締めくくったY様。
ROAD TO 王滝 2015に向け、早速トレーニング機材のグレードアップ!
新型のRACING ZERO。走行性能、耐久性は既に折り紙つきですが、
2015モデルのポイントはなんといってもそのお値段。
昨年よりも1万円ほどお安くなるというのは、この円安のご時世で嬉しい限り。

男らしい剛性感、ブレーキング性能、もちろん、ベアリングはCULT。
本日シェイクダウンだったY様もここまで変わるのか!!
とご満悦でした。

次はかすみがうらエンデューロですね!楽しみましょう!!
いつもありがとうございます!

2015モデル TARMAC SPORT納車させて頂きました!


2015 TARMAC SPORTを納車させて頂きました!!
O様、通勤自転車の半分の重量のカーボンバイクににっこり笑顔です!
最初はアルミでいいかな~なんておっしゃっていましたが、
これで正解ですよね~??思う存分楽しんでくださいね!

ご紹介頂いたT様。いつもいつも大切なお仲間をご紹介くださり、
有難うございます!そろそろT様のロードも新調時期ですね!!

サイクリング部の皆様のご来店も心よりお待ちしております!
ありがとうございました!

2014年9月22日月曜日

いよいよ世界選手権!恵理選手メカニック日記 ツール・ド・4RENKYU開催中!を添えて。

いつもありがとうございます。FORZAの新井です。
今日月曜日はお仕事の方も多いかと思いますが、ツール・ド・4RENKYU、開催中です!
第一ステージから第三ステージまでの写真は、こちらからご覧いただけます♪
第三ステージは、別名朝つつじ。N田さん夫妻と伸び盛りのM澤さんが参加でした♪
私は、ちょっと機材ドーピングを。
XeNTiS(ゼンティス)カーボンクリンチャー SQUAD 4.2 DARK MATTを試乗を兼ねて使ってみました。
カーボンクリンチャーで42mmハイトのリム高があるにも関わらず、平均重量1,364gという軽さを誇るホイールです。
また、ブレーキシューがアルミ用そのまま使えるというのも嬉しいところ。
ブレーキも非常にニュートラルな効き具合。初めてのカーボンホイールの方でも安心してお使いいただけるレベルです。
そして、気になる走りは。。。
なんだか。。。リムが重い気がする。。。
タイムも更新ならず。。。(´;ω;`)ウッ…
これは、、、脚と体調のせいなの。。か??
明日も試してみます。
女性陣も頑張ってます♪
ツール・ド・4RENKYUは、いよいよ明日が最終ステージ。
筑波山100kmコースですよー♪スタッフ3人総出でアテンドいたします。
そして、遠いスペインの地では世界選手権が始まりまっております!
BMCレーシングチームが、チームタイムトライアルを制覇!
恵理選手も駆る、TM01を使用しての勝利!幸先が良いですね♪

ロストバゲージの嵐にも負けず、スペインに到着しトレーニングを始めている恵理選手。
選手とバイクが無事に到着し、本当に何よりです。
しかし!JCFが用意していたTT用ホイールがロストバゲージ!!

TT用のホイールが無くなってしまった恵理選手。。。。
しかし!遠い遠いスペインまで決戦用ホイールを届けてくれる、心強いサポーターがいます♪
専属カメラマンのS木さん、どうかくれぐれもお気をつけて!
恵理選手がロードで使用しているSLR01。TM01と同様、出発前にオーバーホールを行いました。
全日本選手権の際にも、OHは行っているので、今回の作業は比較的スムーズに。
ワイヤーの長さもこれまでの長さをコピーできますし、何よりも状態を常に把握出来ているBIKEほどやりやすいものはありません。
チェーンは縦方向への伸びに注意が行きがちですが、横方向へのヘタリにも注意が必要です。
変速は、チェーンの横方向への動きですから、横方向へのヘタリは変速のレスポンスに直結いたします。
チェーンを交換すると、変速が気持良くなるのはこのためです。
パーツは全て取り外し、洗浄とグリスアップを行います。
リアディレーラーは、プーリーを取り外し、
ベアリングを分解、洗浄。
 しっかりとグリスアップを行い、組み付け直します。
 デュラのブレーキは、このローラー部分が要注意です。
非常に錆びやすい箇所ですので、錆の除去とグリスアップを行います。
各パーツの洗浄の後は、関節の可動部もしっかりとオイルアップを行います。
ステムを一番下げるために、TOPキャップを取り外している恵理選手。
もちろん、ベアリングが水分や埃に直接晒されますのでこまめなメンテナンスが必要です。
錆も無く、ベアリングの状態も思いの外良い状態でした。
ただ、負荷をかけた時にほんのすこしゴロツキが見受けられましたので、
念の為に新品に交換を。消耗品ですし、何より妥協は必要ありません。
 グリスアップし、組み付け直します。
続いてBB周りを。ここは予想以上に汚れが酷いポイントでした。シャフトにも錆が。
ROTORのBBカップがクロモリなので仕様がないところではあります。
シャフトとチェーンリングを綺麗に洗浄し、5ピンとP2MAXの取り付けナットの増し締めを行います。
BBもしっかりとグリスアップを行い、40Nmの適正トルクでクランクを取り付けします。
ここのトルク管理が出来ていないと、パワー値も少々誤差が大きくなるので注意が必要です。
ディレーラーハンガーの増し締めとハンガー曲がりのチェックも忘れずに。
SLR01のリアディレーラーへのワイヤーの取り回しに一工夫。
フレームとワイヤーの接触は、フリクションだけでなくコーティングワイヤーを痛めてしまいます。
しっかりとライナーを使用し、フリクションを取り除くだけでなくワイヤーの寿命も延ばしてあげます。
ブレーキも同じように、純正のライナーから少し長めのライナーに変更します。
ライナーは、ライターの火で炙って変形させて作ります。
BB下のライナーも新しい物に交換します。
ちなみに、このライナーは、厳冬期は取り外す必要があります。
洗車等で、ライナーの中に水分が入ってしまうと、ワイヤーが凍って動かなくなってしまうのです。。
リアブレーキの取り付けにも一工夫。
SLR01のリアブレーキワイヤーの取り回しは非常にタイト。ほんの長さの違いで、
ワイヤーがブレーキを引っ張ったり、押してしまったりと、
SLR01随一のメカニック泣かせな一面があるポイントです。
ブレーキ取り付けの固定力を高めるために、カーボングリス(ファイバーグリップ)を塗布してから組付けを行います。
そして、各ワイヤーを組み付けて、馴染みだしと調整を行い完了です。

あっ、、完成した後の写真を撮り忘れてました。。。

今年も與那嶺恵理選手の世界選手権での走りが楽しみです!
そして、世界選手権終了後の、10月5日(日)午後2時から
世界選手権報告会兼ホームパーティーを行います♪
常連様、與那嶺恵理後援会の皆様 、どうぞご予定の確保をお願い致します。
 
どうぞ引き続き応援の程よろしくお願いいたします !