トップイメージ

2014年2月27日木曜日

Recon レーコン ワンピースアロイレーシングカセット 入荷しました♪

 

Recon レーコン ワンピースアロイレーシングカセット ¥22,410(税抜)

入荷しました♪ 今回は、お客様御注文分ですが、興奮のデザインですね♪
LOWクロスのカセットの組み合わせは、まるでジュニアギアのようですが、大人用です。

 
 

この作りは、子供にはもったいない。 ゴールドの感じも合わせて大人用です。 

 

今回の商品は、シマノ11速(シマノ11速ボディ用) 12-28T:12-14-16-18-20-22-24-25-26-27-28

非常に軽量ですね♪ 組付けが楽しみな逸品です。

10速用ハブのコンバージョンタイプもございます。

リアにワンポイント。 ゴールドのカセット。 いかがですか? 

御注文は、気軽にお問い合わせください。


TEL : 029-851-2108
Mail: forzatsukuba@gmail.com

2014年2月26日水曜日

2014年2月21日金曜日

高性能パワーメーター ROTOR POWER & CycleOps PowerTap スペシャルオファー


こんにちは。 劇的ビフォーアフターの匠ことフィッター東(アズマ)です。
店内の什器配置などのフィッティングもいい感じできまった気がいたします。
特に、日中の西大通り側からの採光が大幅に改善されて、より気持ちの良い店内にできました。

しかしながら、決めたところから状況に応じて調整、修正しより最適な状態、形にすることが必要。
という点ではバイクのフィッティングと同じ感じですね♪ 

はい! 今日も、皆様お楽しみのスタッフ特選情報の時間がやって参りました!!

パチパチパチパチ!
今日は、満を持しての『パワーメーター特集』です♪


東) パワーメータというと、新井店長ですね♪

新井) SRMを使い初めてかれこれ、4年くらいになりますかね。

風間) MTBの世界でも、クランクタイプを使用することが常識的になってきましたね。

東) パワーメーターというと、昨年の恵理選手のミドルクライムのお供が思い出されます。

新井) キツかったですね。 

風間) 素敵な、夏の想い出ですね♪

東) 短期間ではありましたが、パワーメーターをつけている方と一緒に走る
   (という涼しさは、まったくなく、食らいついていく。 という感じでしたが、、、)
   ことで、体重の3倍だとこんな感じ。 3.5倍だと、4倍だと。 
   といった具合に、定量的に負荷を感じながら走ることができました。
   おかげで、筑波山の登りにおいては、このくらいだったら、4倍くらい。
   という感覚を身につけることができました。

新井) 特に登りはメーターの恩恵を感じやすいですよね。 急な勾配で頑張ったりせず、
   平均的な出力で登ることが結果的に速さにつながるというのが登りですので、
   自分の走りの出力を数値で確認しながら、出すぎていたり、出ていなかったりというのを
   感覚ではなく、数値で確認しながらすぐに走り方を最適に調整することができます。

東) やっぱり、自分のもので使いたいですね。 
   近くにいるうちは、自身のGarminで相手の数値を見ることができますが、
   あくまで、近くにいるうちだけですので。 

風間) トレーニングの成果もあって、昨夏は、結局、登りでは東さんにかないませんでしたね(笑)

東) 風間さんのパワーウェイトレシオも、一度、みてみたいですね。

新井) では、今日のオファーのご案内を。

東) そうでした。 まずは、ROTOR POWER です。 
   ROTOR社の待望のパワー測定ができるクランクということで登場しております。
   もちろん、ROTOR Q-RINGSとの相性も抜群です。

新井) 重量も、実測で554gですので、新型の3D+MASと比較しても実測重量で、
   約50g増に抑えられています。軽量に済ませることができるのは、クランク型のメリットですね。
 
東) ROTORだと、ネジ切りタイプのBBにも30Φのクランクシャフトも取付ができますので、
   フレームの相性についても、選択肢を狭くすることはありませんね。
   http://www.forza.jp/2013/06/rotor-cranks-q-rings-rotor.html

新井) ROTOR POWER については講習会のブログもぜひチェックしてください。
   http://www.forza.jp/2013/03/rotor-power.html

風間) 私も使ってみたいな。

東) そんなROTOR POWER  PCD110、 クランク長172.5mm の在庫に限り、
   通常価格 266,000円(税抜) のところ、現金でのお買い求めに限り、
   お買物券10%(26,600円)を付けさせていただきます。 
   フレームの組換などに併せていかがでしょうか?

新井) そして、今日は、もう一点。 CycleOps PowerTap ホイールのご案内です。
   SMART ENVE SYSTEM 3.4 WO リム 45mm を SAPIM CX-RAYスポークで組み上げた
   逸品です。 ZIPP共に、昨今のワイドリムの流れの中では先駆者とも言える、
   ENVEの高性能リムで仕上げられておりまして、実測重量926gと十分実戦に投入いただける
   仕上がりとなっています。 Power Tapは、G3グレードです。
   

風間) ENVEのリムや、SAPIMのスポークは、MTBでも選手が使っても耐久性に心配がない
   つくりということで、安心してオススメができる組み合わせですね。

東) 今日のオファーでは、前後セットのご案内です。 フロントホイールには、
   SMART ENVE SYSTEM 3.4 WO リム 35mm
   DT 240ハブ SAPM CX-RAYスポーク という仕様で組み上げたホイールを
   準備しています。実測重量は、670gですので、前後ペアで、1596gです。
   試乗ホイールとして使用していた時には、私も数回使ってみましたが、
   重量のネガティブな印象はなく、エアロ効果として得られる恩恵の方が
   大きく感じることができました。もう少し使いたかったなというのが正直なところですが。。。 
   
   こちらのホイール。 前後ペアで、 300,000(税抜) でご提案させていただきます。

風間) フロントホイールが定価¥141,400(税抜) ⇒メーカーサイト
    リアホイールは、リムが¥108,000(税抜)
    リアハブが、120000円(税込)ですので、
    今のG3ハブの価格を考えても非常にお買い得ですね。
    
    だって、SES 3.4 の DT240ホイール前後セットでも 305,000円(税抜)ですもんね。
    ⇒メーカーサイト

東) フリーボディは、カンパ10,11s、 またはSHIMANO 10s を選んでいただけます。
   11速でコンポを使いたいという方には、TOKEN TK1128もオススメです。
   
   綺麗に取付が可能です。 こちらのハブとカセットの関係については、
   もう少し書きたいところもありまして今日は、あまり長くならないようにこのへんで。
   また別の記事で続きは書きたいと思います。 ハブの選択や対応などは、ご相談ください。
   TOKENのカセットについては、下記の記事もご覧ください。
   http://www.forza.jp/2014/02/token-tk1128.html
 
たくさんのお問い合わせお待ちしております。

forzatsukuba@gmail.com
TEL 029-851-2108
営業時間  平日 13:00~20:00
土日祝祭日13:00~19:00
毎週 水曜定休

2014年2月20日木曜日

MT.KABA スノーライド!マナオ自然の力を知るの巻

雪ライドin Mt.KABA 皆様無事で何よりでした。
お集まり頂いた皆様、ありがとうございます。
人生で一番自転車を押した日でした。
この辺りは金、土の雪の影響はなく、先々週の土日の雪が残っているくらいだろう。
ちょっと残っていたら楽しそうだな。そんな期待を胸に、いざMt.KABAへ。
で。。。
※K波様のお写真より
これ、トレイルじゃありません。舗装路です。。。
50cm近くあったんじゃないでしょうか。ここがつくばから30kmの場所とは思えません。
では、奮闘の物語をお楽しみください。

舗装路からのアタック。日陰には雪が残っていましたが、
この程度なら山の中にもほとんど雪はなさそうだなぁ。。。等と話しながら、
トレイルまでの道のりを進んでいきます。

ダブルトラックの登り。予想以上の残雪にビックリ。
車が入ったようで、轍でペダルを引っ掛けないように、細いラインを登っていきます。
トレイルヘッドからおよそ10分。走行が困難な状態に。。。
ここからダブルトラックをひたすら押します。。。
普段なら1時間かからない登り。。。この日は2時間かけてひたすら押します。
だんだん。。。雪深くなってまいります。20~30cm程の積雪です。
ハイカットのシューズが丸々雪に埋もれるくらい。
この沢を境に車の轍も消え、まっさらな雪の上を男5人で黙々と、
自転車を担いてあがります。
 
乗れないので、皆何か違う遊び方を模索し始めた図。
つかの間の現実逃避です。

お疲れ様です!もうすぐ舗装路!舗装路に出れば、とりあえず自転車は漕げるはず。
背中にお客様の恨めしい(?)視線をヒシヒシと感じつつ、
もう少しで担ぎ終わりですから!頑張りましょう!と進んでいきます。
そして。。。

 
雪の無い沢の中を漕ぎながら、なんとか、舗装路へ。。。
お疲れさまです!さぁ、後は舗装路をこいで。。。
上がれません!!!
そんな馬鹿な。。。そもそも舗装路が封鎖されていて、車が通った形跡も無し。。。
積雪は20cm程。全然漕げません。。。

日が当たって雪が溶けたところはご覧の通りのアイスバーン。
もうね。ここまで来たら、開き直るしか無いよね。
 
舗装路を上がれば上がるほど、ここ舗装路??と疑いたくなるような状態に。。。
既に2時間近く自転車を担ぎあげている気がします。
これじゃぁトレイルも下れそうにない。。。このまま舗装路を担いで、延々と進むしか無いのか。。。
そんな恐ろしい事を考えていると。
「どうせ乗れないなら最短距離で下ったほうが良くない?」
「傾斜の急なトレイルを選べば、行けるかもしれないし!」
そんなお客さんの声が。
そうですね!もう一か八かで通称カーブミラートレイルへ向かいます。
予想通りの積雪。40cm程。しかし!この傾斜なら行ける!!
FORZAのNo1ダウンヒラーK沼さんを筆頭に雪深い急斜面を疾走。。。
できずにマナオは地面に刺さります。奇跡的な角度で自転車も90度の状態で雪に刺さります。
気持ち良いほどの前転でした。お粗末さまでした。

まともに乗れる状態じゃありませんが、このなすがまま。。。
なされるがままの状態はめちゃくちゃ楽しい♪
普段は結構エクストリームなコースだったりするのですが、
この日ばかりは加波山の急斜面に感謝です。
グリーンTRACER275のS様も満面の笑み。
鬼の担ぎが報われて良かったです。
標高が下がってくると次第に積雪量は減ってきますが、それでも雪に埋もれてしまいます。
さらに、方向感覚が分からない!何度も走っているはずなのに、
分かれ道があると不安になります。
雪解けで沢に変化したロックセクションを越えて無事にゴール!
いやぁ。それにしても身近な山で、こんな経験ができるとは。。。
しばらくはスノーライドが楽しめるかもしれませんね♪
また遊びに行きましょう!

※今週末の高峰山はDHは雪の影響で中止となりました。
高峰山のBOSSも「笑うしかねぇ」そうおっしゃっていました。
残念では有りますが、次回3/17(日)に延期いたします。

23日のMTBライドは6:30つくば店集合です。
それでは、よろしくお願いいたします。

2014年2月19日水曜日

2014 S-WORKS EPIC CARBION 29 店頭在庫車特別オファー中!



皆様こんにちは!つくばの雪男マナティです。イエティではありません。
本日もマナティオススメのMTBをご紹介させていただきます。
SPECIALIZED 2014モデルからこちらでございます。

マナ) 出ました!2014 S-WORKS EPIC CARBON 29 WC!
     定価870,000円 サイズ:S,M
     世界最速のXCレーシングバイクです!
     何をおいても試していただきたい1台です。   
   
東) EPICもだいぶ見た目が変わりましたよね。
   この2014年モデルは,フレームもとてもシャープになりましたね。

マナ) カッコイイですよね~。XCライダー待望のフルモデルチェンジです!

新井) 2014年のスペシャライズドは、マウンテンバイクが盛り上がってますよね!
     モデルチェンジに、NEWラインナップ。話題沸騰です。
    SW EPIC 29とSW SJ HT29には通常のラインナップも有りますよね。
     どのような違いが有るのですか?

マナ) 同じEPICという名はつきますが、まるで別のバイクですね。
    簡単に言うとレギュラーモデル⇒レーシング WCモデル⇒超レーシング  です。
    もともとEPICというのはXCレース用の軽量フルサスペンションバイクですが、
    このWCモデルは、そのEPICをさらにさらに、
    とことんまで尖らせた、超レーシングバイクです。

東) コンポーネントの違いは見た感じですぐに分かりますよね。
   レギュラーモデルがXTRなのに対し、WCモデルはSRAM XX1がアッセンブルされています。
   ブレーキもMAGURAのMT8。とことんまで軽量化を狙っている感じですね。

マナ) そうですね。WCモデルはアッセンブルされるパーツも,最も軽量なものをセレクトしています。
     実際にワールドカップXCOで走っているこのバイクは、
        Lサイズで9.07kgというとんでもない重量となっているそうです。
   
新井)それってアルミのロードレーサーの重量じゃないですか。
    しかもフルサスペンションですよね?

マナ) もちろんフルサスペンションです!バイクショーなんかで見かける、
     とことんまで軽量化されたスーパーバイクなら分かりますが、
     実際のレース仕様でこの重量ですから、驚異的な数字だと思います。

東) そうそう、SWクランクもモデルチェンジしていていますね。
   これには思わず感嘆の声を漏らしてしまいました。
   アーム、スパイダー共にカーボンの一体型です。

新井) マウンテンもここまでカーボン化されているのですね。 
    ロード顔負けですね。。。

マナ)このバイクはそれだけ特別なのです。
    完全に1×11用なので、スパイダーアームの交換でダブルに変換したりは出来ませんが、
    剛性感は以前のモデルと比べると格段に上がっています。

東) WCモデルはフレームも11速専用設計なんですよね。
   フロントディレイラーのマウントそのものがありません。

新井) 徹底した軽量化ですね。レースに賭ける熱い情熱が伝わってきます。

マナ) BRAINもさらなる軽量化が施されています。WC仕様でダイヤルは4クリックしかありません。
    それ以上の設定は必要ない。それ以上の幅広いセッティングが必要なライダーは、
    レギュラーラインナップ買ってね。ということでしょう。

東) 潔いまでの尖らせ方ですよね。本当に気持ちが良いほどです。

マナ) まだあります!新型のROVAL CONTOROL SL 29もお忘れなく。
    フックレス構造の新型ホイールはリム剛性がさらに高く、
    コーナーリングでバシッと狙ったラインをトレースするのに一役買っています。

新井) 次から次へとおすすめポイントが出てきますね。
    
マナ) えぇ。まだまだ紹介したいことがたくさんあるのですが、
    そこは、マナオのブログをチェックしてみてください。
    このスペシャルバイクについて詳しく記載しております。
    http://www.forza.jp/2014/02/2014specializeds-worksepiccarbon29.html

   最後になりましたが、マナオから皆様にオファーを。
   こちらの2014 SPECIALIZED S-WORKS EPIC CARBON 29 
   店頭在庫車に限り、お買い物券10%(87,000円)
  に増額してご提案させていただきます!

   皆様のお問い合わせ心よりお待ちしております。

TEL : 029-851-2108
Mail: forzatsukuba@gmail.com

2014年2月17日月曜日

ご成約ありがとうございます!サーヴェロ 2013 Cervelo S2 105 完成車 ¥372,750 (size:51)


ご成約ありがとうございます!


先日よりご紹介させて頂いているスタッフオススメの特選車。
第三弾は、サーベロの入門用バイクをご紹介させて頂きます!

東)エアロロードといえば、サーベロ。 サーベロといえば、やはり名作S2です。

風間)自分で乗っていたことがあるバイクは、やはり思い入れが違いますね。
 
東)そうですね。自分が乗っていた時には、まだトップモデルで前作のソロイストシリーズの名残で、
  シフトケーブルのルーティングがダウンチューブへの内蔵からトップチューブ上部からの内蔵に
  ちょうど切り替わるタイミングでした。当時のシステムは組立に労を要しましたが、
  今のシステムはそういったところも改善されてスマートになっています。
  ダイレクトな乗り味と、これぞエアロロードという形状が好きでした♪ 

新井)サーベロといえば、これですよね!


東)そうそう、これですよね。 一時期、FORZAでヘビーローテーションだったビテオ。
  サーベロといえば、チームCSC、バッソにサストレですね。
  ロードに興味を持ち始めたときに初めてみたときはぐぐぐと見入ってしまったビデオでした。
  世間で、エアロロードというジャンルが盛んになるずいぶんと前から着目して開発。
  そして、レースの現場に実戦投入されていました。
  サーベロがエンジニアリングに注力しているということを象徴するモデルですね。

  特に、ダウンチューブの大根が切れそうなくらい鋭利なデザインは、
  最近のエアロ系フレームでは、なかなかお目にかかれない形状になっております。
  フォークも鋭利なエアロ形状。オフセットは、43。
  ヘッドチューブアングルは73°と、R3に比べるとクイックなステアリングフィールを楽しんでいただけます。 
  乗り味としては、見た目のとおり、ダイレクトな反応を楽しんでいただけます。
  リアセンターが400と短めのデザインになっていることもそれに寄与していると感じられます。
  Stackについては、522と他社のレーシングモデルより少し低めの設定になっておりますので、
  しっかり前傾をとって、エアロ効果の高いポジションを目指したいという方にもオススメですね。
  リーチはSサイズとしては少し短めにデザインされているので、ハンドルまでの距離をコンパクトにしたい。
  そんな方にもオススメできますね。
  
新井、風間) ・・・長いですね(苦笑)

東)あ、すいません。。。ついつい。。。
 
  そんな、S2 105 完成車 ¥372,750 (size:51)が、今なら 
  スペシャルオファー!現金特価 28%OFF!!  268,000円! にてお求め頂けます!
  JACCS無金利キャンペーンもご利用いただけます。
  10回お支払いなら、月々26,800円でご購入いただけます。 

  皆様の問い合わせをお待ちしております。


新井)そういえば、1月13日(月)は 『FORZA2014餅つき大会』 ですね!!

東)コテコテのフリをありがとうございます! 
  私が一年で一番輝ける日! かもしれない餅つき大会。
  たっぷり、つきまくりますので、どなた様も、遠慮なくお越しください!

  餅つき大会のご案内はコチラ ⇒ http://www.forza.jp/2014/01/bike-shop-forza.html


 サーヴェロ 2013 Cervelo S2 105 完成車 ¥372,750 (size:51) 

ご成約ありがとうございます!

2014年2月16日日曜日

納車させて頂きました。 ANCHOR 2014 Newモデル RS8 EQUIPE


ANCHOR 2014 Newモデル RS8 EQUIPE 納車させて頂きました。


ご自宅から距離のある中、通っていただき熟考していただき決めていただいた一台。

クロスバイクからのステップアップ! ということで選んでいただきました。


納車については、ポジションをしっかり確認させて頂きます。

今回は、シューズは、準備頂いておりますが最初の1ヶ月(初回点検まで)の間は、
ランニングシューズで慣らしていただき、その後、ビンディングを導入いただきます。


今回は、ロードが初めて。 ということで、余裕をもったコラム長で組ませて頂いております。
このあたりの調整も、乗られる方に併せて調整させて頂いております。


レバーの位置も、より良い位置に調整させて頂きます。


一ヶ月点検にお越し頂くのが楽しみですね。 ありがとうございます!




ちなみに実測重量は、PD-5700-C 込で、8.35kg でした。

2014 SPECIALIZED S-WORKS EPIC CARBON 29 このバイク。。。完璧です。

皆様こんにちは!関東ではまたまた大雪。幸いつくばは雨に変わってくれて、
残っていた雪も溶けてくれたので、雪かき再びにはなりませんでした。
皆様凍結などには引き続き十分お気をつけ下さい。

さてさて、本日ご紹介させていただくのは
2014 SPECIALIZEDの話題を独占しているこの1台でございます。


2014 SPECIALIZED S-WORKS EPIC CARBON WC 29  定価:870,000
店頭在庫サイズ: Sサイズ2台、Mサイズ1台
店頭在庫車に限り!お買い物券10%(87,000円)付き

車体名にWC(ワールドカップ)の名がつくこちらのEPICは、
ご想像の通り、ワールドカップXCOで勝利をつかむべく開発されたピュアレーシングバイク。
巷でもめちゃくちゃ速い!硬い!といろいろな評判が有ります。
今回はわたしなりにこちらのバイクをご紹介させていただきます。

既に大好評で、お客様にも納車させて頂いておりますが、
皆様の反応は、想像通り、「めっちゃ速い!!最高!!」
そうですよね。ありがとうございます。

フレーム自体も2013モデルに比べ、さらにシェイプアップされ、
2013までのEPICが別物のバイクに感じてしまうほどの高い剛性を持っております。
左2014モデル 右2013モデルトップチューブの違い。
かなりつぶしの効いたフレームになっております。
まるでTARMACのようなトップチューブ形状。
左2014モデル 右2013リンク周りの違い。
リアスイングアームがワイドになり、後三角の剛性はさらにアップしております。
STUMP JUMPER FSRやENDUROと同じく、リアユニットにアルミのフレームが接続されており、
そのフレーム自体を直接押し出す形。これもユニットへの入力がよりリニアになっております。
リアのBRAINはユニット自体が新設計で調整は4クリックと大幅に簡略化され、
同時に軽量化も図られております。さらにBRAINの切り替えも実感しやすくなりました。

BRAINというのは簡単に説明すると、入力の大きさに応じて、
サスペンションのロックとオープンが切り替わるシステムと言えばよいでしょうか。
極端な話、入力量の少ない路面ならば、
リジットバイクで走るのと、なんら変わらないフィーリングを再現できます。
そのままガレ場に入ったとすると、その瞬間にはサスペンションがアクティブに動いてくれる。
そんなオートマチックなシステム。
一切の切り替えなしに、最適なサスペンションフィーリングを得ることが可能です。
こちらはフレームのエンド部分。もちろん142+という独自規格は継続されております。
しかし、ここにもWCモデルならではのコダワリが。。。
こちらは2013モデルのリアエンド。そう、レバーが付いているのです。
大体の142スルー規格のバイクにはこのレバーがついていて、車輪の脱着が容易に可能です。
何故WCについていないか。それは軽量化のため。1gでも軽くする。
そんな気合が伝わってくるセレクトですね。
WCモデルの違いは、フレームだけでなく、フロントサスペンションにも現れています。
WC専用設計のサスペンションは前後共に5mmストロークを減らし、
WC用のチューニングが施されています。
フロントフォークにはBRAIN搭載のカスタムSID WORLD CUP。
カーボンコラムの超軽量サスペンション。
リアユニットで培われたBRAINシステムが搭載されています。
とうとう、フロントフォークも15mmスルーに変更されました。
マナオ的にこの合成の秘密は、フレームはもちろんですが、
ホイールとクランクがとても効いているように感じます。
 
クランクはこの通りカーボンワンピース。スパイダーアーム分割式では無くなりました。
以前のSWクランクはスパイダーアームの交換でダブルにも対応出来ましたが、
今回は完全にシングル仕様です。
と、いうのも、このフレーム自体がフロントディレイラー取り付け不可。
軽量化のためにマウントを省いてしまいました。徹底しております。
完全に1×11速を想定して作られていますので、当然の変更でしょう。
実際に乗ると、BB周りの剛性がヒシヒシと足に伝わってきます。

そして、ホイールもフルモデルチェンジ!ROVAL CONTOROL SL29カーボンホイールは、
さらなる進化を遂げております。リム自体も一回りボリュームアップして、
その佇まいからして剛性アップが期待できるのですが、中にはさらなる秘訣が。

これ。フックレス。昨年廉価版のカーボンホイールに搭載された技術です。
2014はフラッグシップのSLグレードにもこの技術が使われております。

通常、タイヤを保持するための返しがリムの内側には作られているのですが、
こちらの新型には一切フックがありません。
「オイオイ。。。大丈夫か??外れるんじゃないの??」
等と最初はおっかなびっくりチューブレス化したのですが、
以前のフック有りリムよりもかえってビードが上がりやすいほど。
タイヤの内圧だけでも十分保持できる構造なんですね。

たくさんのお客様に使って頂いておりますが、不具合は一切ありませんので、ご安心を。
そもそも、タイヤが外れてしまうようなホイールは販売されませんしね。
で、フックが無くなった分軽くなったという単純な話も有るのですが、剛性もアップしました。
カーボンでリムのフックを作るのは、やはり大変。構造的にどうしても華奢になりますからね。
強度と軽さを保持し、さらに剛性を獲得させるのは至難の業。
その繊細な部位を廃してしまったので、単純に剛性アップにフォーカス出来るというわけです。
実際に乗った感触も横剛性、ねじれに対する剛性がアップしている感触。
ダンシングでグイグイ踏むとその違いを実感できます。

ジオメトリーを見てみてみると、ヘッドアングル、シートアングル共にWCモデルは立ってきます。
ですので、もちろんホイールベースも短く、剛性確保のためにBBハイトも少々高め。
今までのEPICにあった安定感という部分で考えると、ある程度犠牲にしているような印象を受けます。


私も、昨年末の試乗会で実際に乗ってみました。。。コースはふるさとの森MTBトレイル。
砂利道を少し下った後、シングルトラックの登りに入ります。
。。。思わず笑ってしまいます。面白いほどよく進みます。
SWスタンプジャンパーのハードテールに乗っているのではないか。。。
そんな錯覚を覚えます。とにかくBB周りからリア三角の剛性感が半端じゃありません。
自分が入力した以上にバイクが進んでいる気がします

そのまま林道を流して、急斜度の九十九折下り。
ため息が出ます。凄い。29インチとか27,5インチとか。。。車輪の規格って一体何なんだろう。
そう思ってしまうほどクイックに曲がります。もう、キュンキュンです。マナオキュンキュンです。
狙ったライン取りはほぼ間違いなくトレースできますし、上下の入力が大きくなれば、
しっかりとBRAINが働いてくれて、その瞬間はフルサスバイクに戻ります。

続いて、急勾配の二段坂、いつもはシッティングでヘコヘコ登るのですが、
ここは最初から最後までダンシングで頑張ります。
言うことなし。最高です。過去のモデルはけっこう柔らかかったんだな。
そんな感覚すら覚えます。決してそんなことは無いはず。このバイクが硬いんです。
29erは慣性をどれだけ利用できるかが早く走れる鍵。
ダンシングを多用して、一気に高速域に持ち込む。
そんな29erな乗り方をとことんサポートしてくれる剛性感。

その一方、剛性が高過ぎるだとか、クイックすぎるだとか、
ある程度走力の有る方じゃないとNG。。。とか。
XC性能をとことん突き詰めているから故に、そんな事も言われがちです。
私も走リ終えた瞬間は、そんなことを考えておりましたが、
実際にこの試乗会で乗ったお客様からは、「こっちの方が速いし、曲がるし、単純に楽しい」
。。。なるほどなお答えが返ってきました。
そうなんです。単純にこのバイク楽しかったんですよね。最高に。
確かに、ある程度踏める方じゃないとオーバースペックなのかもしれません。
ですが、例え瞬間的なものだとしてもこのバイクが楽しいのは確か。
皆様求めるものは様々ですが、根底にあるのは「楽しさ」なのかもしれません。
走力が無いならつければ良いし、そうすれば、もっとこのバイクの良さを堪能できます。
無いものは準備すればよいのです。
このバイクを選ぶ方は、走力を準備できるモチベーションを既に持っているはずです。
XCレースを楽しみたい方に、私は迷わずこのWCシリーズをオススメいたします。

店頭にはS,Mサイズの試乗車がございます。
店前の舗装路でも十分その剛性感は感じて頂けるでしょうし、ご要望があれば、
マナオ同伴で、お近くのオフロードでご試乗頂くことも可能です。
存分に実感していただき、最高の機材を納得頂いたうえで、ご検討いただければと思います。

皆様のご来店、お問い合わせ心よりお待ちしております。