トップイメージ

2014年2月4日火曜日

スペシャルオファー!2014 NEILPRYDE BURA SL このバイクで最高の軽さを!


いつもありがとうございます。FORZAの新井です。 
昨日のBAYAMO完成車に引き続き、NEILPRYDE BURA SL ULTEGRA 6800 完成車 のご紹介です。

新井) BURA SL。昨年の全日本選手権での武井選手の走りを強く思い出します。
     
東)   私はやはり昨年のツアーオブフレンドシップですね。
     
風間) 昨年登場し、各方面から絶賛されたフレームでしたよね。
     Sサイズのフレーム重量はなんと710g。ちょっと前までは900g台でも凄かったのに、
     本当にカーボン技術の進化は早いですね。
     マウンテンフレームもどんどん軽くなってるし。

東)   この6800アルテグラ完成車でも、決して軽いとは言えないWH-RS21(平均重量1,850g)と
     NEILPRYDEオリジナルのハンドル・サドル・ステムをアッセンブルした状態で
     なんと7.4kgの実測重量に収まっています。

新井) ホイールをWH-9000-C24-CL(平均重量1,387g)に交換すると、まず7kgを切っちゃいますね。
     サドルはクロモリレールですから、SPECIALIZED ROMIN PROに交換すれば、
     簡単に6.8kgバイクの完成です。。

風間) 6800アルテグラで簡単にUCI規定バイクの完成って凄いですね。
     この完成車って、クランクが50-34Tのコンパクトですね!

東)  そうなんです。
    昨今のメーカー完成車ではミッドコンパクトの52-36Tを採用することが多いのですが 、
    BURA SLには、50-34Tがアッセンブルされています。
    こういうパッケージに、トライスポーツの優しさを感じたりします。

風間) リアのカセットも11-28Tですし、
     ヒルクライムを中心に楽しむ方にも嬉しいアッセンブルですね。 
     店長と東さんはこの軽量フレームのBURA SLを組んでますが、
     東さんは、組むときに気をつけたところはありました?

東)  そうですね。フレーム重量の軽さを感じさせないしっかりとした作りだったのが印象的です。
    適材適所で、しっかりとアッセンブルグリスを使い分けることでしょうか。
    特にブレーキの組付けには気を使いましたね。

新井) 取り付けトルクの管理もですが、
     フレームに対して、取り付けトルクからの負担を少なくさせる一工夫が大切ですよね。
     たしかに、710gという重量を感じさせないしっかりとしたフレームですよね。
     薄いガラス製品を扱うようなヒリヒリとした感じが無いのは、
     ユーザーにとっても安心に繋がります。

風間) 始めてのカーボンバイクのデビューにもピッタリということですね 。
     このバイクに乗り換えると、あまりの軽さに登りが楽しくなるんだろうなぁ。
   
   というわけで、在庫車に限り
   ツアーオブフレンドシップ2014
  購入者特典決定キャンペーン! として

   2014 BURA SL 6800 ULTEGRA 完成車 Sサイズ 定価504,000円 を、  
   現金お支払いに限り、通常お買物券5%のところ10%(50,400円分)
   ご提案させて頂きます。

WH-9000-C24-CLが、45,840円の追加で購入できてしまうオファーです!

沢山のお問い合わせお待ちしております

TEL : 029-851-2108
Mail: forzatsukuba@gmail.com

0 件のコメント:

コメントを投稿