トップイメージ

2013年12月20日金曜日

全日本選手権 シクロクロス










全日本選手権 シクロクロス
滋賀県、マキノ高原。
2位。(photo by Kei TSUJIさん)

ご無沙汰しておりました。
皆さん、お元気ですか?今年の自転車生活は、どうでしたか?
1か月前より、1年前より、私は成長できているでしょうか?
成長してる!って自信を持って言えるための積み重ねをすることはできてたでしょうか?

来年、再来年、またその先、を見据えて、
バイクのスキル向上、オフシーズンのトレーニングを目的として始めたシクロクロス。
当初は、全日本に出れるようなレベルではない、
皆の前で走ることすら恥ずかしいくらいしか走れていませんでした。
でも、それでも、楽しかったんです。
勝たないと、負けたらどうしよう、っていうのがなかったからでしょうか。
上手くなったところもあれば、まだできていないところもあり、
でも確実に成長してる自分を感じながら、
バイクとの一体感を1秒でも多く感じようと思いながら、
全力で、集中して、走っている40分。
選手としての最高の幸せな瞬間です。
何の不安もなく、ただ40分、自分のために、走らせてもらってるんですから。
ありがとうございます。

そして、私はオフシーズンの取り組みだとしても、
シクロを専門にしている選手はシクロの取り組みをしていると走ってみて実感しました。
そんな中で一緒に勝負させてもらうのだから、
真剣に勝負させてもらえるために、真剣な取り組みをする。
全日本はマグレがないのも、私がよくわかっている。
強い選手、勝ちたいと誰よりも思って臨んだ選手が勝つ、それが全日本。
2位という結果、これは私に与えられた正当な順位だと感じています。
来年はね、誰よりも勝ちたいと思って臨めるように準備をしたいです。
いや、させて頂きたいです!

シクロクロスをするにあたって、
三上さん、三上さんご家族、3UPのチームの皆様にお世話になって、
全日本まで過ごしていました。
ニコニコ、下手だねーって言われて、逆に気持ちよかったです。
たくさんの輪を広げ、たくさんの応援を頂きました。
ありがとうございます。
来年は、しっかりチャンピオンをとれるようにもっともっと上手くなって、
3UPの名前をシクロジャージに入れれるようにしたいです!

ご存じの方もいるかもしれませんが、
1か月前にシクロを始めた時に乗っていたバイクはエントリーモデル。
今回の全日本で乗らせて頂いたものは、
カーボンフレーム、ディープリムの決戦バイク。
レースには、戦うためにはバイクが2台必要。
忙しい中、シクロバイクを計4台、新井さんと風間さんに組んで頂きました。
ありがとうございます。

いつも戦うために、ためらわず、
最高の最良のものを選び、準備して下さる社長。
ありがとうございます。

そして、FORZAでお買い物して下さる皆様にいただいた利益によって、
私の活動は支えられております。
本当にありがとうございます。

今回は、結果でお答えできず、申し訳ありませんでした。

シクロシーズンは、まだまだ続くのですが、
全日本で、まずは、一区切りつきました。
今年の大きなレースは全て終わりました。
結果を追い求めて、人間的な成長を疎かにしていました。
もっともっと根本的な部分から、出直します。
ひとつひとつ大切に自分のキャリアを、人生を積み重ねていきます。











(photo by Kei TSUJIさん)


與那嶺恵理

0 件のコメント:

コメントを投稿