トップイメージ

2013年11月5日火曜日

10/30 BIG TRAILライド!! 最高の1日でした!

10/30 BIG TRAILライド 走ってまいりました~! 

まさにBIG TRAILの名に相応しい行程でした。。。標高2,000m付近までひたすらUP UP!!
そして私はあっぷあっぷ。誰ですか?こんな写真撮ってメールで送りつけてくるのは。。。
ではでは、丸一日のトレイルライドを振り返ってみましょう。

トレイルに続く林道を走り抜ける一行。N様S野様のSW 組はあんまり漕いでないのによく進みますね~。
私は写真を取るために鬼こぎでなんとか前に出ます。そして既に乳酸の気配が。。。

登山道に入ればひたすらにシングル。ただひたすらにシングルを登っていきます。
去年より一週間早いトライでしたが、紅葉はもう一歩といったところ。

去年はこんな感じ。紅葉の深まりとは全く関係なく、行程は続いていきます。
私の乳酸も順調に蓄積していきます。もうすぐそこ。玄関先まで来ています。

前からSW EPIC29のS様、 TRACER275のS様、CARBIN275のS山様、SW EPIC29のN様。
60kmのシングルトラック&1300mUP。斜度もなかなかに急ですので、押しが入る場面も多々。

Sさんも「王滝よりしんどい。。。」そんな言葉を漏らしつつ登っていきます。
下りの楽しいTRACER275ですが、担ぎが増えると一気にお荷物になります。
私とSさんは伸し掛かる重量に苦しめられました。
g 
先日SW EPIC 29を納車させていただいたS野さんはこの表情。
そりゃあそうだ。完成車重量9.8kgですから。私達のバイクより4kgも軽いんだもん。。。
こういう険しい行程を走ると、バイクの軽さというのは本当に大切なものだと思い知らされます。
押しのスピードが明らか違う!!カーボンバイクの付加価値はこんなところにも表れます。

途中にはこんなところも。前日の雨で橋の上はツルツル。足を滑らせたら。。。
こう、下っ腹の当たりがス~ッとしてきます。
こういうアドベンチャー感もBIG TRAILならではの醍醐味ですね。

傾斜は登れないことはないんだけどちょっとしんどい感じ。
微妙な勾配の坂が30km近く続くので、後半になるにつれ脚がどんどん厳しくなっていきます。
最初は登れていた斜度が登れない。後半はガレ場も少しづつ増え、ほぼ押し。。。
この後に待っている極上の下りのために。。。必死で絶えます。
流石にこの時ばかりは重い自分の自転車が恨めしく思えてきます。

1600m地点。私は笑顔ですが、この先にまだ上りがあることを忘れております。
ここからがまだまだ結構登るんですよね。

遠くの山々も少しづつ色づいてはいましたが、まだまだこれからですね~。
でも、こうやって生の景色に触れて楽しめるのもMTBの醍醐味!
耳に入るのは自然の音のみですから、とてもすがすがしい気分になります。
普段は激務の連続な皆様もこの時ばかりは子供の顔に戻ります。

押して、担いで。。。なんとか頂上へ。
青空に向かって自転車を担ぐこの風景はなんだか素敵だったりします。
実際は皆無言。走力自慢の皆様もここまで来ると流石に体力的にも厳しくなってきています。

そして、ようやく全ての上り行程が終了したところでお写真。
皆無言で立ち尽くしておりましたので、楽しげに振る舞うよう撮影者から要望を出します。

さぁ!後はダイナミックな下りが待つばかり!
落ち葉のサクサクトレイルの中を縦横無尽に駆け抜けていきます!



最初は九十九折。結構タイト。29インチでも問題なく走れますが、長いこと続くので、ここでは275組が優勢。
高い山の上は温度や気圧の変化で、サスペンションも影響を受けます。さらにハイドレーションに満載していた水もどんどん減っていっていますので、
下る前に一度サグを見なおさなければなりません。間違っても小石とかでバルブを押して空気を抜かないよう、サスポンプの持参を忘れずに。

こちらは途中メカトラに見舞われたS山さんがはしゃいでいる様子。
岩HITでリアディレイラーがもげるという致命的なトラブルに見舞われたのですが、
お友達のTRACER Sさんよりも元気いっぱいです。
やっぱり変た。。。いえ、失礼いたしました。ちょっと規格外のポテンシャルをお持ちですね。



これだけの標高からの下りは、とにかく長い!道中いろいろなセクションも出てきます。
片側が崖な通称「す~す~ゾーン。」
オフキャン気味なうえに、崖側に落ちるような角度で濡れた根っこが出てきたりします。
十分気をつけないと落ちます。。。


中盤戦の下りは幅も広くなり、落ち葉の絨毯の中を橋スピードで駆け抜けていきます。
この辺りが一番気持ちいいですね~♪ノーブレーキで追っても追いつかない。。。N様のペースアップ。


最後はこのお二人。私も入れてINTENSE列車が気持よくトレイルの中を駆け抜けていきます。
最後私のアテンドミスで、舗装路に出るのが速すぎて、少し損しましたが、
皆様見事完走!過去最高の過酷さだったのではないでしょうか??
過酷だからこそ得られるものが有る。そんな素敵トレイルでしたね。
雪の降る前にもう一度走りたいですね~♪

次回のBIG TRAILライドはHITACHI!
※比較的高低差も少なく、乗車率が高いのでどんな走力の方でも楽しめる行程だと思います。
5時つくば店集合 よろしくです!

0 件のコメント:

コメントを投稿