トップイメージ

2013年10月15日火曜日

クラブライド100km平地戻りコース。 ご参加頂きありがとうございます! ~あずま。ポジションを考える日~


こんにちは。 東です。 
秋晴れの三連休最終日。 お仕事モードの方も多いのか、少し大通りの車の多い印象のこの日。
筑波山への登りは、昨日ほどの交通量はなく、気持ちよく登れました。

この日は、私自身のポジションを考える日。 でありました。
佐渡国際トライアスロン大会以来、おしりの違和感と、疲労の仕方の違和感。
を解消するべく、サドルを5mmダウン。 あげたり下げたり紆余曲折。 

とうとう、サドル高は、630mm に。 いくら四捨五入しても、650mmにも640mmにもなりません。
数字にとらわれることなく、この現実は受け入れるしかないのです。

ステムについては、次のバイクのフレームサイズも考慮することからアジャストステムで調整中。
この日は、110mmのアジャストステムで、もっとも下に下がるセッティング。

この角度から見ると。 あまり違和感を感じませんが、、、
真横から見た途端には、違和感のあるコクピット周りとなります。
5月に開催された、タイのステージレース。 ツアーオブフレンドシップに参加するために!

ということで、乗り始めたNeilPryde ALIZE。 
乗り込むごとに、自分自身のポジションの可能性は増えてゆき、いまではこんな姿に。

162cm、サドル高630mmの私ですが、間に合う在庫がなかった。
という理由で、リーチ的には問題ないSサイズを乗っています。
スタック的には、もちろん! XSサイズを乗りたかったわけですが、
そういった事情もあって、写真のようなポジションにたどりついています。

ロードバイクの最大敵。 空気抵抗。 
無理のないポジションで、できるかぎり小さくしたい。 

そのためには、できるかぎり背中を低く。 つねに、頭から離れないキーワードであります。

私の今年のレースは、すべて終了! ということで、来シーズンに向けて思考錯誤をエンジョイしています。

ポジションをエンジョイするにあたりまして、やはり、いつも走っているメンバーを意識することは重要。
ライドメンバー常連の中では、随一の低さを誇るのは、この方。

SPECIALIZED S-WORKS AMIRA を駆るN様。
女性のアドバンテージでもある柔軟性(人にもよりますが)を最大限に利用して
可能な限りの低いポジションで乗って頂いております。
先日の霞ケ浦エンデューロも楽しんで頂いておりました。
見た目にカッコイイのは、無理のないポジション。 の現れでもあります。 

もちろん、SPECIALIZED Body Geometory Fit を受けて頂いております。
施主は、ワタシでございます。

ということで、今日は、N様に背中の低さで挑戦!

N様のサドル高は、ワタシより高い設定になっております。

ということは、同じ前傾角が出せれば、ワタシのほうが低くなれるはず。
といった単純な算数から結果を想像します。


この日は、スタッフ2名体制でしたので、風間さんに写真を撮ってもらいます。
みなさんのポジションを見る機会は多いわけですが、
自分自身のポジションの確認については、貴重な時間であったりします。

横からみてみると。。。。。 なんと! 想像以上に高い!! 
しかも、カッコよさでも圧倒的に負けています。。。(汗)

数字は、リアル。 ではありますが、そこの数字だけでは結果がともなわない。
という意味で、数字は正直。 ということになります。
何枚か撮った写真と、この日のライドを振り返って、次の可能性を考えつつ。
Fitting時のポジションデータも見直しつつ。

次のポジション調整の方向を考えます。 これなら、勝てそうだ。 

来週のライドも非常に楽しみになりました。

ポジションを考える上で、ハンドルは非常に重要。

ワタシは、今は、SPECIALIZED の Tarmac Bend 420mm を愛用しております。

DROP  140mm
REACH  85mm

150mm DROP なんていう落差からすると、控えめではありますが、ディープに分類される落差です。
身体の小さい人 = コンパクトハンドル
という意識から開放されると、良いこともあります。

このハンドル形状は、下ハンドルを持った時のレバーリーチは非常に近く配置することができます。
これは、手の小さいワタシには非常に多きなメリットとなります。
下りでのブレーキの安心感は、やはりレバーが遠いか近いかで大きく影響します。
柔軟性には、過剰な自信がありますので、ドロップが深いことも嬉しい要素となります。

2014年モデルは、ハンドルも漏れなく値上がり。 
販売価格は、¥23,100 となっております。
しかしながら、店頭には 2013年価格¥18,900 でご提案できるハンドルが数本ございます。

興味を持っていただけましたら、お立ち寄りください。


さぁ、来週もエンジョイしましょう! よろしくお願い致します!

農道でのマナティアタックに対応するN様

アルバムはコチラ
https://plus.google.com/photos/111374406574072856423/albums/5934792985836323649

0 件のコメント:

コメントを投稿