トップイメージ

2013年10月5日土曜日

2014 BMC SLR02 105 完成車 納車させて頂きました。

2014 BMC SLR02 105 完成車

BMC 2014年モデル第一号として納車させて頂きました。
早くより予約いただきまして、お待ちいただくこと約3ヶ月。お待たせしました!

2台目のバイクということで、こだわった形で仕上げさせて頂きました。

 
今回は、BB、クランクを交換したうえで、かつケーブルも交換させて頂くオーダーでしたので、
せっかくなので、、、ということで、フレーム重量を測定してみました。

カタログでのフレーム重量は970gと記載がありましたので、
シートクランプ、ボトルケージ固定ボルト、ディレイラーハンガーを含んだ重量としては
妥当なところですね。 フォーク重量はコラムカット済みとはいえ、驚きの310g!!
これは、SLR01と変わらないのでは? と興味が湧いてきます。

  
エンド部は、SLR02のほうが凝った作りになっていたりします。
写真のような抜き構造はSLR01では採用されておらず、SLR02にのみ採用されています。

  
BBは、SHIMANOから手頃で回転の軽いTOKENに変更。
最低限のシールで構成されておりますので、手軽に軽い回転を手に入れることができます。

  
クランクは、これまで乗っていたバイクでも165mmに拘ってつかっていらっしゃいましたので、
今回のバイクも165mm。 ギアの組み合わせについては、走力をお伺いし、オススメの52/36Tに
トライしていただきました。 10sのコンポーネントの中に、11s用のクランクセットという組み合わせ
ではありますが、今回の組み合わせは十分使っていただける変速性能には調整が可能です。
シマノとしては、適合しないということであります。 そういったことを理解頂いたうえで、
未来の11s化を見据えつつ、6800系Ultegraを選んで頂きました。

ケーブルは、9000系ポリマーコーティングケーブルに交換です♪
非常に軽い引きが、長ぁ~~~く続いてくれるのが、このケーブルの良いところ。
雨や泥に対する耐候性も、これまでのケーブルに比べ圧倒的に向上しております。

  
少しずつマイナーチェンジも入っております。 
これまで入っていなかったライナーも最近はパッケージに含まれています。
ケーブルの出口部分での、摺動抵抗を減らすとともに、コーティングへのダメージを軽減してくれますので、
快適な状態を長くキープしてくれるのに一役かってくれるパーツです。

ステムは、付属の90mmでは短いので、お試しで120mmをトライしていただきます。
特に2台目という方には、貸出ステムを御利用頂けるようプランを準備しています。
ご希望の方は、気軽に御相談ください。


諸々のカスタムも含めまして、重量はペダル無しで8.265kgに仕上がりました。※ケイデンスセンサ込

 
ボトルは、BMCのチームボトルと、FORZAオリジナルボトルをそれぞれ選んで頂きました♪

インプレッションが楽しみです。 ありがとうございます!!


0 件のコメント:

コメントを投稿