トップイメージ

2013年8月9日金曜日

CB最後の日。雨中のトレイルも最高です。

こんにちは!マナオです!
今回はCB最後の日。今までトレイルのガイドをしてくださったマイキーさんとは今日でお別れです。
本当に本当に有難うございます。色々とご迷惑をお掛けする事も多々あったと思いますが、
マイキーさんのお陰で、コロラドのことをより深く、楽しく知ることが出来ました。

ロンさん、ダークさん、地元の方々と知り合えたこともとてもに刺激になりました。
来年、同じ時期にツアーを企画しましょう!皆でコロラドトレイルを満喫するのです!
トレイルガイドから通訳まで、本当にありがとうございました!

さて、そんなマイキーさんが最後に案内してくださったのは、DYKE TRAIL。
「ここを走っておかないともったいない!」
マイキーさんが熱くオススメしてくださった極上トレイルでございます。

 
まずは1hの登り。走りやすいジープロードを淡々と登っていきます。CB最終日になってようやく、3000m近い標高で走っても辛くならなくなってきました。
そりゃ毎日40km、50kmのトレイルライドしてれば、体も順応しますよね。

 
こちらが標高3500m。滝が。。。そして冷たい雨が。。。
そうそう、この日は出だしから気温が一桁で、雨がさらに体を冷やします。
エマージェンシー用のビニール袋をウィンドブレーカーの下に装備し、なんとか寒さをしのぎます。
早速シングルトラック!と。。。思いきや。。。マナオ川渡りの最中岩馬で足を付いたところ、
岩の上で足が滑って川に転倒。気温3度、4度の世界でずぶ濡れ・・・
若干死の危険を感じます。ですが、残すは下り。頑張らねば。

 
アメリカで一番大きなアスペンの森が広がるDYKE TRAILは今までのように開けた風景がドーン!という感じではないのですが、
アスペン以外の樹がほとんど存在しないその風景はとてもエネルギーに満ちていて、そして幻想的。
秋になると(と言っても半月後ですが)このアスペンの樹が真っ黄色に紅葉するんですって。一面黄色の絨毯。見てみたいなぁ。。。

 
雨の影響でトレイルはなかなか。。。結構テクニカル。
寒さで手が悴んで、ブレーキングを誤ったりすると大変。
でもこんな悪コンディションの中でも、BOSSもマイキーさんもビュンビュン飛ばしていきます。
ライン取り、荷重移動。毎日毎日BOSSや池田選手、マイキーさんの後ろを走ることは、
スキルアップにはとても役立ちます。

コロラドに来て、初めての雨ライドでしたが、雨の中で走るのが気持ちいいなんて、
初めての経験だったかもしれません。雨が振ってもジメジメしない。
それがコロラドトレイルの良いところですね。

最後の最後までCBトレイルを堪能し、いよいよレッドヴィル入り。
今日は問題なくレジストを済ませ、明日は1日宿に缶詰。
BOSSと池田選手のバイクメンテでございます。両日本人選手の活躍のサポートが出来ること、
本当に素晴らしい経験です。ここが正念場!マナオ気張ります!

そうそう、レッドヴィルのレースについては、
池田選手の2012レポートを見ていただくと非常に分かりやすいと思います。
BOSSが、池田選手がいかにBIGなレースに挑戦しているか、感じていただければ幸いです。
http://blogs.yahoo.co.jp/yuki5mtb/63419835.html

※SPECIALIZED2014モデル入荷車種も決定!
BIKE SHOP FORZA MTB在庫表のチェックもお忘れなく!
http://www.forza.jp/2013/07/bikeshopforzamtb.html

0 件のコメント:

コメントを投稿