トップイメージ

2013年8月17日土曜日

武井選手やりました!BRECK EPI最終戦。堂々の優勝です!※動画、画像更新しました

BRECK EPIC最終戦!武井きょうすけ選手が、
並み居る世界の強豪を相手に見事優勝しました!!


本当に凄い!SPECIALIZED ファクトリーライダーであり全米チャンピオンのトッド・ウェルズに、
キャノンデールのアレックス・グラント。アメリカのトップ選手を下し、武井選手優勝の瞬間です!
 
こんにちは!マナオです。
本日はBRECK EPIC最終日。今回の遠征でのレース日程は残すところ1日のみ。
そもそもレースにメカニックとして同行するということはほぼ初めてと言っていい経験。
トップ選手のサポートというものがどういうものか、身を持って体験することが出来ました。
正直言って、ダメダメです。私の感度では。
洗車、事前準備、たくさんのたくさんの指導を受けました。ありがとうございます。
お店でお客様の自転車をメンテナンスをする時は、
スタッフは自転車をお預かりする時間を頂くことが出来ます。
しかし、レースメカニックにはそのようなゆとりは無い。
事前に様々なトラブルを予想し、回避することが必要になります。
車体の小さな傷や汚れが重大なトラブルに繋がること。
可能性は非常に少ないのかもしれませんが、最悪の事態をいつもリアルに想像し、
そういった小さな可能性を一つ一つ潰して行くこと。
選手が最高のパフォーマンスを発揮できるように。
レースだから、預かりだから、トップ選手だから。ホビーライダーだから。
そういうことではなく、常にそういったシリアスな意識を持って、
帰国してからのお仕事にも活かしていきたいと思います。
それでは、最高のレースを振り返ってみたいと思います!

今朝のスタートゴールはメイン会場。距離は31,74MILE。大きな登りが2回あります。
最終日ということもあって、会場は大熱狂です。
私もフィードゾーンのあるKOMまで登ってきました。

さぁ!最終日。一斉ににスタートです!
それにしても6日間毎日50kmのレースというのは過酷ですよね。。。
私はほぼ半分しか走っていませんが、それでもお尻がヒリヒリしています。
 
※PHOT BY SAYAさん
武井選手も、もちろん先頭集団でトッド・ウェルズ達と走ります。

私は私で、相変わらず最後方、顔なじみになったライダー達と話しながら、
舗装路を登っていきます。
それにしても景色が良い!最終日も最高の天気です。

ジングルベルのおじさんと一緒にシングルUP。何故かおじさんも熊鈴を付けていて、
「いいだろ!」と自慢されました。マナオの熊鈴がライダーに小さな影響を与えていました。
行きはひたすらに登り。15MILE程とにかく登ります。

2時間ほどで頂上のフィードエリアにに到着。森林限界ギリギリで景色も最高!
第一、第二共に同じフィードで、ライダーはここに戻ってきます。
まだ第一集団は到着していません。
私がマナオだとわかると、早速オフィシャルのお姉さんが「TKは第一集団で3位よ!」と教えてくれます。

30分程で、トッドウェルズ、アレックス・グラントとBRECK EPICお決まりの先頭集団を形成し、
最後の下りへと向かう武井選手。4位とは5分以上の差が、表彰台は確実です!
私はこのままフィードに留まり、BRECK EPIC名物のBEERフィードに挑戦!

先頭に近い選手たちは、もちろんレースが大事ですので、
きつい登りを終え流石にビールなんて飲めねぇよ!という感じ。
それはそうですね。しつこくしてごめんなさい。

そしてとうとうBEERフィードに成功。皆咽ながらビールを煽ります。
自由すぎる!この自由な感じがMTB!
これ以降、皆「マナオ!ビールは無いのか!」と催促してくる始末。。。
本当、素晴らしい雰囲気。最高ですよ。USA。

テツオさんも中団で姿を表しました!ビールは売り切れですので、Hi-5です。
本当に凄いライダーです。50歳クラスで奮闘する姿には心から感動。
頑張ってくださいテツオさん!日本人ライダーを見送り、私もゴールへ向けてDHでございます!

ひたすら登らされたダブルトラックを一気に駆け下り、シングルへ。
タンデム車。まじっすか。。。普通にシングル登っちゃうし。。。
先にいけのサイン出されても、私も結構ギリギリです。。。

この中盤戦を争っているライダー達は下りもめっちゃ速い。。。
もちろんコースは走り慣れているのでしょうが、ヒ~ハ~!とか言いながらぶっ飛ばしていきます。
私もヒ~ハ~!言いながらDH!

最後のシングルははお母さんと一緒に。この人も女性とは思えぬ下りを見せてくれます。
層が厚いぜUSA!行きは延々登りだっただけに、下りは1時間下りっぱなし。
最高に楽しいコースです。ゴールラインをまたぐのは気がひけるので、ゴール前で降車。
早速オフィシャルにリザルトを確認しに行くと。。。「TK is first! great!」
お。。。おぉぉぉぉぉぉ!!まじっすか!!!!アメリカチャンピオンに勝った!!やった!!
丁度ゴールを終えて一息ついていたテツオさんとまたもやHi-5!
会場の皆も祝福の言葉をかけてくれます。
もちろん1時間以上前にゴールしている武井選手の姿はありませんが、
感動と興奮で自然と涙が溢れます。

       
そして、一旦仕切りなおして、表彰式。
最高です。最高の瞬間です。テッペンです。カッコイイ。
私は、サポートらしいサポートも出来ず、心の底から喜んで良いのかわかりませんが、
それでも、武井選手が達成した快挙に心の底から拍手を送りたいと思います。
おめでとうございます。そして、最高の経験をありがとうございます。
※SPECIALIZED2014モデル入荷車種も決定!
BIKE SHOP FORZA MTB在庫表のチェックもお忘れなく!
http://www.forza.jp/2013/07/bikeshopforzamtb.html

0 件のコメント:

コメントを投稿