トップイメージ

2013年8月19日月曜日

8月18日(日) マウンテンバイクライドに御参加頂きありがとうございます!

マナティ氏の代打の登板。 4打席目のアズマです。

この日は、前回のセンボブ(命名)が最高だった! ということで、わたしが来週も走りタイ。
ということで、センボブ直行コースでスタートさせて頂きました。

6時半前に到着。 F様は、もう小町入りされてしっかり準備を始められておりました。
さすが、準備をしっかりしてトレイルを満喫! ですね♪

わたしも、用を足してからサスセッティング、タイヤ圧の見直しです。

先週のセッティング。 
フロントが 60psi   リアが 約110psi

リアのセッティングについては、リバウンドを強くかけすぎていた?という設定の問題もあると思いますが、
入りこんで行き過ぎて、ここはもう少し戻ってきてほしいのに短いまま。。。 もうちょっと、リア伸びて! 
というフィーリングがありましたので、今回は少し加圧します。
120psi です。 ちなみに、わたしの体重は、60kg。 
エナジードリンクに加えて、凍らせた水もたっぷり目に持っていましたので装備重量は+5kgほど。

タイヤのエア圧は、先週 前後ともに、1.6 BAR で調子がよかったので、
サスのエアの圧の変更のみを感じるために、タイヤ圧はそのままにしておきました。

 
そんな状態でのサグは、こんな感じ。 

気合の入るジェルを入れてスタートに備えます。
スタート! 舗装をのんびり登ります。 久々に参加の坂本さん。
ちょっと、ふくよかになられていますね。 でも早いのです。

しかし、一緒にマウンテンバイクなんて。。。何時ぶりのことでしょうか? うーん懐かしい感じです♪


小町から、舗装で直登。 ドロップオフをさらりとこなし、T字路集合で。

Uパパは、トンネル超えてからの舗装アプローチをトライ。
時間差どれくらいかな? を単身トライであります。

ということで、今日はドロップオフでの練習会は無しでさらりと流します。
M様も、ドロップオフは、余裕のクリアが定着されている様子♪

F様もさらりとクリアしていきます♪  皆様 29er の特性を活かして乗られてますね♪

順調に、集合場所に到着。 先週とは、比較にならないほど気持ち良い風を感じるコンディション♪
やっぱり、山の中でこそカッコイイ♪ INTENSE TRACER 275

ほどなく、Uパパ合流。 ほぼ同じタイミングでしたので、走力に併せてアプローチを変えることができますね♪

途中、スタートが遅れるも、追いついてきたK村さんを待っても、あっという間にてっぺん休憩。
スポーツようかん。 腹持ちもよく、暑くても食べやすい食感がオススメです。

ここで、しっっかり補給です。 そう、今日は、もう一度、登って! もう一回楽しむのです!!

先週は、楽しませて頂きましたので、今日はできるだけスピードコントロールして、
皆様の前をはしるように。 そして、走力のおよそ合うペアで下りました。

ロードバイクと同じように、トレインになって、前走者のラインを真似する。
身体の動きを盗むという練習が、流れの中での下りの上達には近道なのであります。

「あ、ここのバンクは、ここまで登れるんだ!」
「なんで、あの人は脱力してる感じなのに、グリップが抜けずにスイスイ下れるのかな?」

などなど、を感じて頂けるように。 2~3人のパックで下りました。

その様子は。。。 すいません。 FORZA GO PRO 2号機の準備が間に合っておらず。
次週には、しっかりお伝えできますように。 


あ、そうだそうだ。 丸太越えチャレンジがありましたね。

こんなシチュエーションでは、29er スタジャン はとても有利です♪

26erも負けてられません!! が、BBハイトの違いが色濃く出たシーンに。

ナイスファイトありがとうございます!! 
こういう、MTBらしい絵もいただきたかったのでありますm(__)m 

そして、きもちのよいセンボブをもう少しすすみ今日の練習ポイントへ。


今日の反復練習ポイントは、ウェーブ(やはり勝手に命名)です。

縦の身体の動きがキーになります。

クロカンライダーらしい身のこなしであります。

何気ないプッシュなのですが、以外に何気なくできない場所なのです。
ここで、スムーズなプッシュができていたのはBROWNさんだけでした。 

下りをエンジョイのK様。 Uパパからも思わず声がかかります♪ みんなでワイワイ♪

わたしも、慣れてきたところでチャレンジです。 
このラインで踏み切ったなら、木のほうには向かわないんじゃない?
みたいなことを言いながらスタートして、しっかり木に向かう。 の図であります。
注)少しの浮遊感後のピンチも、慌てずにブレーキすれば、しっかり止まれる!!
というインストラクションとしてご覧ください。

動画は、再生リストでまとめております。
全部はブログに掲載できませんので、そちらでお楽しみください♪

 上下セット ¥26,750

バイクを降りてからの動画、久々に登場させたバイクパンツが、
股上浅くお腹が見苦しい。すいません。
やっぱり、上下バイクジャージが動きやすくていいな♪ と思うわたしであります。

BOSSの活躍もあり、海外から引き合いがあったりする誇らしいカラクサデザインであります♪


シクロワイアードにもBRECK EPIC での活躍の記事が取り上げられていました。


さて、トレイルに戻ります。

下りの最後は、左にいくところを真ん中を選択して探検。 結果 ⇒ ダメでした。
やはり、最後は、左が正解。 オススメですね。
ちょっとした探検を楽しみ、無事いつものルートに合流。

 
自販機の休憩ポイントに到着。 時計をみると ウェーブで 遊びすぎたせいか
なんだかんだと、時計は10時ちかくをさしております。 
少し考えて。 まず、ささっと休憩とったらすぐに登りましょう!! 

「アズマさん行ってきなよ」と、Uパパは、ここで単身トンネルで小町へ。
みなさまは一緒にうえまで。 坂本選手は、ここでダッシュでのぼり、
さっとミニボブをこなし、また登り直して、頂上で合流という離れ業をみせます。
XCライダーらしい、走力さをうまく使った合わせ方であります。
わたしやK様は、水場でクーリングしながら 30分ほどかけてゆっくり登ります♪


行き先はてっぺんで考えよう。と登りながら、コースコンディションからやはりセンボブへ。
2回目のアプローチは、気持ち短く感じます。

下りの絵はありませんが。

2本目ですので、すこしコースレイアウトも記憶した状態で走ることができます。
ちょっと、走る人の組み合わせも変えつつ下りをエンジョイします♪

2本目も最高でした!!

小町に戻ったら、100円だったトマトをゲットして、さささっと開店準備へ

今日も楽しいライドをありがとうございました!!
次回もよろしくお願い致します!!


SPECIALIZED Stump Jumper FSR率高し!! のこの日。

わたし含めて、6人中4人が スタジャンFSR そして、26と29は、2人ずつ。

個人的には、2014年ラインナップで一部復活した26スタジャンが気になります。

S-Works Stumpjumper FSR EVO  ¥870,000
Stumpjumper FSR EVO COMP  ¥360,000


29erの走破性は非常に魅力的。 巡航速度、登り、下りにおいて障害物をクリアしていく性能。
王滝のようなコースにとっても最高です。

しかしながら、センボブのアプローチの 一部の急な登り のようなクライミングシーンでは、
サドルとハンドルの落差がしっかりとれること。 というライディングポジションも非常に重要になってきます。

とくに私のように162cm近辺で、フルサスに乗りたい!! といった場合に、
どういった遊び方でのりたいか? とイメージする時。

テクニカルなクライミングも、全部乗ったまま行きたい!
そんな時に嬉しいジオメトリとなっているのが、Stumpjumper FSR EVOのジオメトリであります。

Sサイズで、
  スタック: 572mm
  リーチ:  388mm
と、非常にスタックが低く設定されています。 高めのBBハイトからくるものでもありますが、
XCレーシングマシンである S-WORKS EPIC WC 29 Sサイズの、583mmに匹敵する寸法であります。



昨今、ロードフレームでは、スタック、リーチをみてサイズを選ぶ。
ということも、2台めを選ぶ方の中では増えてきたように感じます。

マウンテンバイクも、スタック、リーチを記載してくれることが増えてきました。

下りを楽しむ、フルサスMTBでは、なかなかスタックは無視されがちですが、
162cmの私にとっては、楽しさに影響する非常に大きなスペックであります。

小柄な皆様のサイズ選びには、特に親身になって相談に乗らせて頂いております。

サイズでお悩みの方は気軽に、アズマまで御相談ください。


※SPECIALIZED2014モデル入荷車種も決定!
BIKE SHOP FORZA MTB在庫表のチェックもお忘れなく!
http://www.forza.jp/2013/07/bikeshopforzamtb.html

0 件のコメント:

コメントを投稿