トップイメージ

2013年6月10日月曜日

全日本個人タイムトライアル選手権



優勝しました。
リザルト、21km 28'57"。

社長、
TTバイクのメカニックをして下さった新井さん、
サポートをして下さる皆様、応援して下さる皆様、
走ることだけに集中し、
結果で感謝を伝えることができました。
ありがとうございます。


レース:6/9(日)10:43 スタート
前日は、コースを2周、高回転で試走して、
1分のレースペースのインターバルを2本行いました。
直前に少し不安だったのは、2,3日前から夜中に喘息の症状が出始めたこと。深夜に突然、1時間くらい咳が止まらなくなり、気管支からゼーゼーしてくるのです。
約30分の全力走で、呼吸器系がおかしくならないかが気がかりでした。
前日のホテルも急遽、1人部屋にして頂きました。
しかし、これもこれで私の身体で、この状態だからできないという概念は一切なく、それも受け入れて戦うという気持ちの余裕が不思議と持てている自分がいました。
脚のコンディションは、疲労はなかったですが、
軽いという訳でもない、適度な感じで、重いギアを踏めるなという感触でした。
場数が少ないので、これはいける、今日は調子が悪い、とか良くも悪くもそういう経験値がないため、
その日の自分のありのままのコンディション、メンタリティを全て受け止め、レースに挑む。そして、最高の走りをし、魅せ、常にいい結果を残す。それだけを考えています。
今回の目標は、体重の5倍を維持。(体重48,49kgです)
キリがよく、わかりやすいので、250wを下限ラインに設定しました。
結果的にアベレージ、246wでした。
速度、タイムではなく、パワーを指標にして行いました。
誰より速く走るというよりは、今の自分の最高のパフォーマンスを発揮することの結果として優勝があると思っていました。
戦う相手は、自分自身でした。

レースレポートを書き始め、伝えたいのは山々なのですが、
正直、本当に、レース中のことをほとんど覚えていないのです。
自分でも、なぜ覚えていないのかがわからず、少し混乱しています。
どのラインを走るか、コーナリング、ギアの選択、、、
思い出そうとしても全然、思い出せないのです。
一つ、スタート台に立った時にひとつだけ、自分と約束しました。
まだまだいける、踏める、と常に意識し、冷静にそれだけを言い聞かせること。
苦しい、キツい、痛みに耐えるという概念を頭から一切消したことは、覚えています。
Wが250を下回った時も、落胆するのではなく、
かと言って、250に戻そうと焦ってギアをかけるのではなく、冷静にこれ以上落とさないように踏むこと、そして、まだまだいける、それだけを考えていた。と思います。
無線からの指示も冷静に聞き、はっきり聞こえなかったとしても全く気にならず、何故か苦しかった覚えがあまりないのです。
あの30分は、自分だけの特別で不思議な時間でした。

レース後は、冷静に的確に、できていたこと、できていなかったこと、
さらにできることを社長と話します。
しかし、私の記憶があまりないためレース中の主観を的確に伝えることができませんでした。
最後の方は、踏む力を上半身で抑える力が弱くなってきてしまい、
自分でもわかるくらいぶれてしまっていました。
それでも、焦らず、今の自分を受け止め、踏めるだけ踏む。
まだまだいける、と思いながら。


2週間前、5/26にMTBの王滝終了後から、
練習とバイクをTT用にスイッチし、フォームやポジションをしっかりとだして頂き、
TTバイクに乗るのもTTポジションもTT用の練習も、昨年のTT以来でした。
さらに、王滝のレースでの負荷が予想以上に高く、疲労が残ってしまい、王滝後のコンディションははっきり言って良くなかったです。
それによって、不安と焦りがあったのは事実です。
精神的にグラグラしてしまうところで、いつも社長に指導、注意をされ、我に帰り、全てを受け入れ、改善し、リセットして臨めました。

レースの結果自体は、だいたい社長の予想していた通りのパフォーマンスを出せ、
その通りの結果がついてきたため、
今年の世界選手権という最大目標の通過点を一つ無事に通過することができ、次に繋げることができたことに、まずはホッとしています。
レース後、JCFのジュニア監督をされている柿木様とお話をする機会があり
TTバイクどれぐらい乗ってきたの?と聞かれ、
10日前くらいから乗り始めました。と答えたところ、
フォームを見て、定期的にTTの練習してると思ったよと言われたことが
今後の自信に繋がりました。
それほど煮詰める時間がなく、さらに改善の余地があり、まだまだ伸びる課題が見つかったうえで、こう言ってもらえたということは、
もっともっと上を目指せます。
スキルもフィジカルのキャパシティも。

表彰台の真ん中では、嬉しさや喜びよりも、
確実な一歩を踏み出せたことに感謝し、
未来の自分に繋げられたことを噛みしめていました。

次は、2週間後の全日本ロードです。
ここでの目標は、全員ラップアウト。です。

皆様、ますますの叱咤激励をよろしくお願いします!

與那嶺恵理

0 件のコメント:

コメントを投稿