トップイメージ

2013年6月10日月曜日

全日本選手権個人タイムトライアル レース当日・グルメ♪ 編

はい。新井です。
いつもありがとうございます。

昨夜は、0時過ぎに無事つくバックでした。
つくば~秋田大潟村間 約600km。やはり、遠かったです(苦笑)

では、大会当日の日曜日をじっくりと振り返って行きましょう。

 

大会会場近くのホテルから、恵理選手は自走にて出発。
まぁ、近くと言っても広ーい干拓地。(当時、かすみがうらよりも大きな八郎潟を埋め立てたのですからかなり大きいです。。)
非常に真っ直ぐな道が続きます。
トラブル無く、会場にIN!

 

まずは、ブリヂストンアンカー販売課の藤田様ご来店!(笑)マニアックな機材談義に花が咲きます♪
そして、その後ろでは恵理選手が黙々とアップ。
非常にピリピリとした緊張の雰囲気が。。。

 

漂いません(笑)終始、笑い声に包まれたFORZAテントでした♪

 

そうこうしているうちに、あっという間にスタート時間に。

 

ここからは、流石にピリピリとした時間。いざ、勝負。

 

スタート台にて名前をコール。1分感覚でのスタートです。


 

一分ですので、前走者とは大きく差が開きます。しかし、スタート早々46km/hオーバーで疾走する恵理選手。

 

ギューっとキャッチし。。。

 

ビューンっと抜き去る恵理選手。。。す、凄い。。。
あっという間に、2分前スタートの豊岡選手も捉えます。

 

折り返しポイントで、ギューっと詰め。

 

ビューンっとまたもや抜き去る恵理選手。。。維持されているスピードをみても、勝利と記録更新をも確信するほどの走りです。
ここまできたら、パンクのトラブルが無いようにと祈るのみ。



最後にもう一人の選手を抜く恵理選手。



そして、ゴール!



今回のレース後は、泣くこともなくふぅーっと深呼吸。自分の目標に向けトライしやりきった安堵感が強かったのでしょう。
勝った!という喜びよりも、まずは一つミッションを遂行した喜びが大きいように感じました。
そして、パンク等のトラブルも無く、本当に良かった良かった。
メカニックとしても、レース後は勝利の喜びと同じくらいに安堵感が大きかったです。

個人タイムトライアルは、本当に過酷ですね。
まさに自分自身との戦い。伴走車からできることは、無線での指示とトラブルにただ備えるだけ。
自分のリミッターを外しつつ走る、小さな背中を見ていると思わず目頭が熱くなったのは内緒です。

 

『写真、いいですか?』と爽やかに現れたのは、あの辻啓さん。
写真を撮る辻さんを写真に収める。長年の?夢が叶いました♪

『ここのパーツはこうで、あーで、こうなんですよ』なんて得意げにお話したのは内緒です。

 

そして!表彰式!
この時は、私は武井選手のサポート中でしたので、写真はVENGE K様にお願いいたしました♪
K様、2日間本当にありがとうございました!
恵理選手も良い表情ですね。

 

比較的余裕が有るなと思っていた武井選手のスタート時間。ホイールを交換し、入念にアップをするとあっという間にスタート時間に。
男子エリートのコースは、女子エリートのコースを2周の42km。
約1時間の孤独な戦いであります。

 

選手間の大きな差が開きにくい1周目。『焦らず慌てず、目標の出力をキープするように心掛けた』とは武井選手の言葉。

 

そして、ペースが落ち始める2周目から一気に差が詰まり始めます。

 

逆に後半にかけて、ペースが上がる武井選手。恵理選手と同様ごぼう抜きです♪
ただ、一分前にスタートした前走者 ゼッケンナンバー16番の豊田選手は最後まで見えず。。。
ま、まじっすか。。。(汗)

そして、無事にゴール!メカニックとしては、まずは成功の瞬間。
一番の心配だったパンクにも耐え選手をゴールまで連れてきてくれた2台のBIKEに心から感謝!

武井選手のタイムは、56分03秒。去年の結果を見ても、十分入賞の可能性があります。
ドキドキワクワクの時間です。

ただ、じっと待っとくのも勿体無いのでササッと撤収の準備と、恵理選手の叔母様を駅に送ったりとパタパタと過ごし、
全ての選手のゴールを待ちます。

 

そして!最終走者の西園選手がゴールし、直ぐに暫定の結果が放送にて発表。
トップから44秒遅れの4位!入賞!西園選手からは43秒遅れ。
TT BIKEでのトレーニングとポジションの煮詰めのことを考えると、もっともっとタイムを短縮できる感触がある武井選手。
そして、なによりも今回のレースで自分の力(1時間強い痛みに耐える事ができる力)を把握できた武井選手。
来年が非常に楽しみです!

 

表彰式の練習もしつつ。。(笑)いざ表彰式!

 

ここで、大注目なのが、5位入賞の豊田選手!そうです。武井選手の前走者の豊田選手です。
武井選手とは30秒差。追いつかないわけです。。

 

そんな豊田さん。仲間3人と愛知からのご参加とのこと!凄く良い雰囲気の皆さんでした♪ 
いいですね。自転車を本当にエンジョイされているのが伝わってきました。

タイムトライアルやヒルクライム等。展開やチーム力があまり関係ないガチンコ勝負のレースでは、こういう結果も多々ありますよね。
プロを打ち負かす左官屋さん!かっこよすぎです!

 

また来年の再会と激走を誓い、会場を後に。
さっと温泉で汗を流し、いよいよグルメタイムです!

まずは、名物の餡ごま餅を♪しかし、すでに夕方。売り切れでした。この時の恵理さんの落胆ぶり。
彼女は、食べることに関しても非常に真剣です。

 

そして、早めの夕飯へ。しっかりと食べて、つくばまでの帰路に備えます。
夕飯は、一日目の沢寿し様へ。皆で散らし寿司をオーダー



恵理選手も大変ご満足のご様子でした♪ブリカマも追加オーダーし、この日一番の嬉しそうな顔でした。

さぁ、次は再来週の全日本ロード!

もちろん、恵理選手と武井選手も出場いたします!
両選手の活躍にご期待ください!

0 件のコメント:

コメントを投稿