トップイメージ

2013年4月8日月曜日

春の大試乗ライドご参加ありがとうございます!&マナオのBMCプチインプレ



BMC・Cervelo・NEILPRYDE・GDR 試乗ライド!たくさんのご参加ありがとうございました。
今回お集まりいただいた各メーカー様方、本当に有難うございます。
もちろんマナオも両日共に100kmのライドで、試乗をさせて頂きました。
心の底からから楽しみました!めちゃくちゃ楽しかったです!
全メーカー全車種乗りたいくらいだったのですが。。。
 
両日共に嵐の予報でしたが、幸い午前中の天気は持ち堪えてくれ、
雨にもふられず、バッチリ200km走りました!せっかくの試乗会、
お客様だけではなく、自分も色々試すチャンス!ということで、フィーリングライドで有名な、
マナティ風間が、試乗会で楽しく走らせていただいたバイクをご紹介したいと思います♪
あくまでマナティのフィーリングです。

初日に試乗したのがこのRM01 前評判として、硬いバイクということは聞いておりましたが、
自分で乗ってみて感じたのはバランスの良さ。いつも乗っているのがTARMAC SL4 というのも有るかもしれませんが、
乗り心地に関しては決して悪いという感じはしませんでした。舗装の荒れている所では、突き上げ感を感じますが、
100km走ってみて、踏み疲れる感じもありませんし、登りはもちろん軽快。下りの安定感も高めで、バランスの良いフレームです。
初めての1台として、反応の良い気持ちのよいバイクをお探しの方にオススメです。
二日目のバイクはコチラ

GF01 先日レースが終わったばかりですが、パリルーベでも活躍していましたね~。
前三角を見ると剛性の高いレーシングバイク的な様相ですが、乗り心地も抜群です。
 
この極薄のシートステー。そして、最適なしなりを生み出すよう設計されたフォーク。
極太のダウンチューブや、圧入タイプのBBも採用し、ただ柔らかく乗り心地が良いだけではありません。一本芯の通ったレーシングバイクであります。
上手く伝えられないのですが、ルーベSL4に近いフィーリング。踏んだときはしっかりと踏みごたえの有る剛性感を感じるのですが、
下からの突き上げは大きく減衰してくれます。フィーリングライダーのマナオ的には、カンカーン!という伝わり方ではなく、ボンボーンという感じと表現しております。(苦笑)

タイヤにはCONTINENTALのGrand Prix 4Season 28cタイヤを装備。
え?28c!?と思うかもしれませんが、この28cタイヤの効果は抜群で、異様なハイペースであった試乗会2日目の筑波山までの平地。
30km後半の巡航も23cのバイクよりも楽に感じるほど。23c25cに比べ、とにかく路面からの影響を感じさせないため、
付き位置で休んでる時のアドバンテージは圧倒的に高いのでは。付き位置太郎の私にピッタリのバイクです。
登りではさすがにRMに比べ、漕ぎが重いような感覚はありましたが、平地では踏むのが楽しい程。
実は、下りで大きなガラスを踏んでしまい、修理をしてから、およそ30km程一人旅であったのですが、
30kmオーバーで巡航し続けても全く苦になりません。
レースシーンでもどんどんタイヤのボリュームがUPしておりますが、なるほどなのです。

もちろん!今回ご紹介したBMCの2台。店頭でご試乗いただけます!
BMCの在庫表はこちらをクリック!

0 件のコメント:

コメントを投稿