トップイメージ

2013年3月11日月曜日

ROTOR POWER勉強会に行って来ました

はい。新井です。


今日は暖かかったですねー
朝のライドも、身体が動きやすくてとっても気持ちのいい1時間でした。
緑の色も鮮やかになって来ましたね。春です。

 

昨日は、東京 丸の内で開催されたROTOR POWERの説明会に参加してまいりました。

新しくなった東京駅が一望出来る会議室。
ROTOR正規代理店のダイアテックさんは、いつもオシャレな場所で展示会・説明会をしますね(笑)
今回のROTOR POWERの説明会には、ROTOR本社のアントワさんが来日。
まずは、ROTORの考えるペダリングと楕円チェーンリングについて。

 

 

特に大切なのは、ネガティブパワーというペダリングにおいてどうしても出てくるゾーン。
引き足の重さ(ペダルに乗っている引き足の実際の重さ)と踏み足の出力の関係。
簡単に言うとクランクを綺麗に回せているか否か。

このペダリングに併せて、最適な歯数を実現できるのがROTORの楕円チェーンリングというのは既にご周知のとおりかと思います。
そして、そのROTORから発売されるROTOR POWERは、パワーの測定だけでなくペダリングのアセスメントをも行えるのが大きな特徴でもあります。 

 

ROTOR POWERは、ROTORお家芸の3Dクランクアームの中に、左右それぞれ4つの歪ゲージを搭載してあります。計8個!
そして左右それぞれのクランクアームでパワーの計測を行い、左右のバランス、そして引き足と踏み足が生み出すネガティブパワーの計測が出来るようになっています。

左クランクの計測データが右クランクへ。そして右クランクで計算されたデータがANT+に対応したメーターへ出力される仕組みになっております。
そして、歪センサーからトランスミッターまでのデータ送信がSRM(200hz)もビックリの500hz!!実に一秒間に500回のデータ送信を行います。

 

データ送信が多くなるということは、その分電池の消耗も激しいのですがROTOR POWERの嬉しいところは電池交換が非常に簡単ということと、電池の入手も簡単で安価ということ。

電池は、CR2477。Amazonで400円程で入手可能です。電池交換は、ペットボトルのキャップのようにクリクリとキャップを回すだけ。
しかも、水深1.5mの塩水に1時間浸けても問題ない耐水性能を持っているとのこと。

 

販売価格は、266,000円(税抜)!!

来ましたね。ダイアテックさん頑張ってます!!

要望の多い、167.5mm長のクランクも随時ラインナップを予定しているそうなので楽しみです。
気になる保証は、正規代理店を通して購入いただいた物のみ2年間の保証がございます。
修理に関しては、現在はスペイン本社での対応ですが、近いうちに日本代理店のダイアテック社でも修理・整備が可能になる準備を進めているとのことですのでアフター含め安心感が高まります。

既に入荷はしているのですが、残すところは電波法。ここが一日も早くクリアになることを祈るのみです。

もちろん!FORZAにも入荷いたします。

そして!あのパワーメータークランクも9曜日に入荷いたします。

追記しますね♪乞うご期待です!

0 件のコメント:

コメントを投稿