トップイメージ

2013年3月25日月曜日

うっかり八兵衛カップ~春~ ありがとうございます!



うっかり八兵衛カップ皆様ご参加ありがとうございました!まさにお土産の嵐!
なんだか1ヶ月分くらいの野菜や食料を持って帰ってきた気がします。。。
いつもありがとうございます。

最初のレース名は「お父さんガーデニングって知ってるの?」恒例の親子レースです。
ちなみに毎回こんなネーミングだったりします 笑
チーム・フォルツァ!からは2組の親子が出場です。ゆうと君にりょうすけ君。
では、親子レースを振り返ります。対照的な2チームに注目です!

まずはお子様が周回コースを走ります。
と言っても、大人でも登るのが大変な激坂を自転車で登らされるのですから恐ろしいレースです 笑
ちなみにレースの目的であるガーデニングに必要な土を担がされております。なんて容赦無いんでしょう 笑

パパに励まされながら激坂を担ぎ上げるキッズたち。パパにも熱が入ります。
 
登り終えるとバトンタッチ。同じコースを今度パパが。父は子に背中で男を示すと言いますが、
子には登れぬ激坂を登り、父の威厳を示します。
はい。ここでこの親子レースのミッションであるガーデニング。
 
鉢植えに指定された花を同じように植えていきます。

ここでの主導権はママ。母は強し。もうお父さんもお子さんもただただ母の手さばきに身を委ねるだけです。
母は強し。
 
最後は、完成した鉢植えをお父さんが抱え、コースを走ります。あれ?Kパパ??
大丈夫ですか??
そうそう鉢植えが重いんです。そうじゃなければ本当は子供の手を引いて走っているはずです。
もしくはお子さんが坂で転んで下まで落ちてこないようにフォローをしているのでしょう。
まさに親子愛。

決して息を切らして膝をついているわけではありません!!笑
 
もちろん出場した2組とも表彰台へ。
こうやってお子さんがどんどんMTBの世界に足を踏み入れて、若い世代が育ってくれるといいですね。
いやいや、まだまだ自分も20代。頑張らねば!

続きまして、4時間エンデューロのスタートです。皆スタート位置へ。
チーム・フォルツァ!からは11チームが出場。
 
武井、與那嶺両選手を筆頭に集団が流れていきます。
秋に比べ少々人数は少ない印象は受けましたが、コースにも手が入り、
とても走りやすくなっておりました。 
 
久々にMTBに乗るS君も、本日INTENSE TRACER275 納車のY様も楽しく走ります。
  
與那嶺選手も笑顔で周回を重ねます。難所である最後の激坂も。
XX1純正の34×42のギア比は彼女には少々重かったはず。
最初の2,3本こそ、踏みきれず足をつく場面も有りましたが、後半はバイクを自分のものにし、
体を上手に使いこのギア比も自分のものにしていましたね。
コーチには38Tで登れ無きゃダメだな。と指導されていました。冗談ではないのだと思います。うん。


そんなコーチはコーチで自身のレースをENJOYされております 。本当軽いんだよな~。動きが。

ちょっと一息の際は、たこ焼き、けんちん汁、メロンのお漬物等、うっかり恒例の地元ので待ち時間に腹ごしらえ。
これでもかという地元密着型のイベントで、参加すると、常陸太田を好きになること間違い無し。走る以外にも、楽しさが満点です。


 



激坂写真館。登っている最中に両足が攣ってしまった方、チェーンが切れてしまった方。
やはりこの場所が一番盛り上がっておりました♪ちなみにマナティは余裕で登れますからね!あしからず 笑
エンデューロレースの4時間はあっという間。最後にお土産一杯の表彰式です♪
  
チーム・フォルツァ!からは3組の表彰台が。
男子ソロ、総合優勝の武井選手。女子ソロ優勝の與那嶺選手。そしてMIX優勝の坂本選手&A様
皆、抱えきれない地元の優勝賞品を頂いておりました。口を使わないと商品が抱えられないほど 笑

本当、アットホームな雰囲気と常陸太田を満喫できる素敵なイベントです。
毎回滞り無く開催して頂けるのは地元の大会運営者の努力あってこそ。
いつも本当にありがとうございます。
これからも、もっともっと盛り上がって欲しいイベントなのです。

もっとMTBを知って、楽しんでいただく人を増やして、うっかりをもっともっと盛り上げることが出来るように、私も頑張らねば!

※ちなみに、武井選手から預かった商品のジュースをこっそり飲んだことはナイショです。

0 件のコメント:

コメントを投稿