トップイメージ

2012年11月1日木曜日

マナティの究極試乗車計画。INTENSE275シリーズ、SRAM XX1入荷!!

INTENSE・インテンス 275祭りだわっしょ~い!!

マナティのページでもお知らせしておりました、INTENSE275シリーズの入荷が決まりました!
なんと!275シリーズ全色入荷いたします!!275試乗車数は国内最多!!
INTENSE 275シリーズの事なら、BIKE SHOP FORZAに!マナティ風間に!!カモン!!!
275。。。650Bと言われたり。。。平たく言うと27,5インチMTBの事なのですが、
マナティ的にはこの27,5がジャパニーズスタンダードになっていくのでは無いか。
そう、そんな気がしてならないのです。
と、言いますのも、この27.5インチという規格。29、26インチ双方のいい所取りが出来るバイクとして、世界中で注目されております。
29インチ⇒縦方向の変化に強く、慣性の力により高速巡航性能が高い。グリップが良いので、登坂力は最強。
その反面、加速に力が必要なので、タラタラ走るのには向いていなかったり、小回りがききづらい。等のネガも。       
26インチ⇒これまでのスタンダード。小回りが効き、機敏で軽快な操作性を楽しむ事が出来る。
加速性能は良いものの、その反面高速での安定性や維持に欠け、29に比べグリップも落ちるので長距離、登坂では29に劣ります。
と、良く雑誌なんかで目にしますよね。そんなところが無い訳ではないのですが。。。
マナティ的には、29、26共に、現在の最新バイクたちは十分な戦闘能力を兼ね備えていると思います。
盲目的に29だからハンドリングもっさり、曲がれないだとか。26は遅いし滑るだとか。。。
全然そんなネガティブなイメージは持たないと思うんですけどね~。それぞれ、良さが際立つ感じはするんですが、
悪い所なんて少ないと思うんですよ~。と、私的な意見はさておき、
27.5。この規格は26と29の半分だから、26の敏捷性&29の走破性を兼ね備える!
というのは、正直乱暴なお話かもしれませんが。。。まずは乗ってみようぜ!乗らなきゃ分からないし、乗れば絶対わかります!!
たくさんの方に試していただきたくて、社内で「かわいがり」に耐えながら、なんとか注文にこぎつけました(笑)
マナティも来年には27.5デビューかな。。。と。。。なんだか8月にバイク買ったばかりだけど。。。
さ、さぁ!下記、入荷予定のバイクです。
 
INTENSE  CARBIN275(142エンド) フレーム定価:302,400円
SHIMANO XT完成車 649,800円!!

ボーナスオファー対象!
メール、TELにてお問い合わせください。


カラー:レッド サイズ:S 4月下旬入荷
カラー:ブラック サイズ:S4月下旬入荷
BK Mサイズ入荷しました!で、買っちゃいました!

ENVE TWENTY7.5 XC ばっちりでしょう!

カーボンフ27.5フレーム。高品質なドイツ製カーボンを使用した1台。
27.5のメリットとしてポジションの出しやすさも上げられます。XCでカリカリ走る選手にも、
前傾が出しやすく、29erよりも無理無く攻撃的なポジショニングを作る事が可能です。
ですが、このバイク。トレイルで骨の髄まで味わってほしいですね~。
と~ってもお買い得なSHIMANO XT&カーボンパーツ仕様完成車で65万円
まだまだ、パーツ供給が安定していな27.5だからこそ、完成車での購入をお勧めいたします!
国内最速入荷を果たしております。是非是非一度ご覧ください!

 

INTENSE TRACER275(142エンド) フレーム定価:256,200円
SHIMANO XT完成車 598,000円!!
SHIMANO SLX完成車 498,000円!!

ボーナスオファー対象!
メール、TELにてお問い合わせください。

こちらはアルミ製オールマウンテンラインナップ。INTENSEのトレイルバイクとして人気のTRACER2の27,5バージョンです。
160辺りのストロークがバッチリハマるこちらのバイク、160ストローク。XC的な角度から見れば登り性能は、
もっさりというところでしょうが、ホイールが大径化されたことにより、さらに登れるトレイルバイクに進化している事間違いなし!
SLX完成車が498,000!!インテンスのバイクが40万円台で乗り出せる。凄いじゃないですか。。。これ。
カラー:INTENSE RED       サイズ:S  2月下旬入荷
カラー:BLK CLOME         サイズ:M  ※1月22日入荷!
カラー:GREEN                サイズ:S  ※4月下旬入荷
カラー:WORKS LOW        サイズ:S   ※3月下旬入荷

下記お買い得なXT&SLX完成車の仕様内容となっております。チェックチェック!
 

さらに!!緊・急・事・態!!
上記SHIMANO完成車とは別プロジェクトとして始動しております。INTENSE最強試乗車計画。
ついに。ついに。その一端を担うコチラ。

XX1
とうとう入荷しましたっ!!コンポーネント業界を牽引するSRAMから、満を持してリリースされたXX1。
とうとうMTB(マナティビー)も11速の時代に入りました。1×11でフロントギアをシングルとする事により、重量軽減はもちろんの事。
新機構のリアディレイラー、チェーンにより。チェーンの暴れを押さえ、シリーズ史上もっとも滑らかな変速が可能!ですって。。。

さて?これはなに?そう、チェーンリング。。。ではありません!!スプロケットです。
見たまんまスプロケットじゃないか。画像だけ見ると何の変哲もないスプロケットな訳ですが。。。
なにがビックリか。。。コチラを見ていただければご理解いただけるはず!
 

はい。左はロード用ですが、およそ二倍のサイズ。10-42Tという、TOP、LOW共に新たな扉を開いスプロケとなっております。
ロードで使いたい!そんな声も聞こえてきそうな気が。。。(笑)実測重量は261g。
9000 DURAと比べ、(比べるのもおかしい気がしますが。。。)65g程の差。これだけ大きさが違うのに軽量に仕上げられるのは、
やはり全て削り出しで作られる、SRAMのカセットならでは。
 
見よ!この肉抜き感!!かっこい~!
 
コンポーネントの中でも最も注目すべきリアディレイラー。Xホライゾンと名付けられた機構は、
従来のRDとは違い、ギアに対して平行に動くことにより、変速の際のギャップが全てのギアで均一になり、
よりスムーズな変速を実現しています。文章だと分かりにくいので動画を見てくださいませ 汗



 
はい。続きましてイケてるクランクセット!スパイダーアーム、リング共に、滑らかでNEW WORLDな雰囲気を醸し出しています。
アームはXXからの変更点は無しとのこと。パッと見シングルになっただけ?そう思いがちですが、違います。
 
分かります??リングの歯。かぎ型のナロー、そしてワイド。交互に違う歯が設置されております。
これはシングルスピードになると、フロントディレイラーが無くなり、チェーンが暴れた際に外れやすくなるのを防止しているとのこと。
と、言うことで、全て専用品となっております。一番難しいのはホイールですね。
現状SRAMとDTの専用フリーボディ以外の選択肢がないのが事実。
それでもWC、オリンピック、世界選手権。。。既に輝かしい実績を持つコンポーネントですから、すぐに業界のスタンダードになる事でしょう。
説明するのが下手なマナオとしては、店舗で実際に見ていただけると、嬉しい限りです(苦笑)
で、最新のコンポを何故に仕入れたか。それは。。。

もちろん。入荷したばかりのINTENSE CARBIN275 
650Bの新規格バイクに、SRAMの新規格1×11を組んでしまおうという訳です。

ENVE TWENTY7.5 XC
コチラ、ホイールも既に入荷済み。ひっじょ~に楽しみです。
マナティ選りすぐりの試乗車作成の模様は、コチラで随時UPしてまいります。皆様お楽しみに♪

さらにらにらにぃいい!!


マナティのもとにキツネの親子がやってまいりました。新年のご挨拶?中身は。。。ウフフ♪

FOX D.O.S.S 定価29,400円

FOXが満を持してお送りするコマンドポストでございます。
コマンドポストって??な方はコチラの動画を見ていただけると理解が深まるかもしれません。

古い動画&他社製品で申し訳ありません(汗)
動画を見ていただいてわかる通り、手元で簡単にサドル高を調整できるので、
起伏の激しいトレイルライドでは、このコマンドポストがあるのと無いのでは、ライディングのスムーズさが、大きく変わってしまいます。
「贅沢品だ。」「都度自転車降りて上下させれば良い。」そんなご意見もいただいておりましたが、
最近ではそんな方々の手放せない一品として、重宝していただいております。
さて、今回のD.O.S.Sコマンドポストですが、2013FOXのコンセプトであるCTD(CLIMB TRAIL DESCEND) 
フロントフォーク、リアユニット、コマンドポスト。全て共通の考え方の元作られており、
登り、トレイル、下り。それぞれのシーンにおいて最も適切なセッティングを与えてくれるというもの。
サスペンションの場合は減衰調整がワンタッチで適正値になるよう作られていたりするのですが、
コマンドポストにおいても基本は同じ、登り、トレイル、下り、この3つのシーンにおいて最適なポジショニングが得られます。
簡単に言ってしまうと、3段階の高さ調整ができます。苦笑

ポストのお裏側にはバルブがあり、伸び側のスピード調整は空気によって行っております。
他社のメカニカルコマンドポストと同じ作りですね。

個人的に、このやぐら部分が1番のオススメポイントだったり。
コマンドポストユーザーの方は経験があるかもしれませんが、激しく下っている最中、ジャンプやドロップの着地。
ちょっとミスしたりしてお尻がサドルに強くあたったりすると。。。サドルが前上がりになって、
とてもじゃないけど漕げないようなポジショニングに。ダートジャンプ仕様な角度になってしまったりします(笑)
とにかくこのダブルボルト式が一番固定力が高くて、安心です。何故各社横からウスを締め込む形を採用しているのでしょうか。。。
メンテナンス性が高い。と書いてありましたが、動いてしまってはメンテナンス性も何も無い気がするのですが。。。
こういうところはFOXの確実性。安心感が現れております。
せっかくスムーズに走るためにコマンドポスト買っても、サドルの角度直すために自転車から降りてたんじゃ本末転倒ですもんね。

レバーは他社とは一線を画しております。シンプルであることが正義なのかは知りませんが、
各社、レバーは形の違いはあれどもシングル。(上記の動画参考にしてください)
ダブルレバーにする理由は。誤操作の防止。視点が違いますね~。どちらが良いのかはわかりませんが、
他社はコックピットを簡素化することにより操作性が向上すると考え、FOXは操作性を向上させるため、根本的にレバーを設計する。
みたいな。どちらが良いのかは、使ってみて判断するとしましょう♪
あ、そうそう、レバーが複雑で、コックピット周りがごちゃごちゃしてブレーキ、シフト、各レバーをの共存が難しいのでは?
と考えている方はご安心ください。

 

レバー一の変更が細かく可能になっております。

クランプの天地を入れ替えすることが非常に簡単に可能で、
レバーをハンドルの下側につけたり、クランプのネジ穴位置の変更で、レバーの初期位置を変更したりすることが可能。
果たして。。。このコマンドポスト、どんな世界を見せてくれるのでしょうか。。。こっちも楽しみ!



INTENSE275シリーズ。とっても楽しみなバイクです。それに相応しい素敵なパーツで、
最高に楽しい一台組立ます!
275シリーズ、納期のお問い合わせ等は下記マナティ風間まで。

BIKE SHOP FORZA つくば店 
茨城県つくば市二の宮 1-13-10
TEL 029-851-2108

MAIL forzatsukuba@gmail.com
担当 風間 智晴

0 件のコメント:

コメントを投稿