トップイメージ

2012年10月19日金曜日

マナティー奇跡の泉~ロングトレイル下見ライド~

皆さまは奇跡を信じますか?
2012年10月16日火曜日。
まさに我々が目の当たりにしたもの。
それを皆さまにお伝えできることに感謝いたします。
またそれこそが私に与えられた使命であると強く感じております。

嘘偽りなくお伝えすること。それこそが私の使命。
お付き合い頂ければ幸いです。


朝出発地点到着、皆さま出発準備を初める中
様子のおかしいマナティーに黒鬼先生が気付きすかさずチェック。
マナティー、早速フロントホイールのアクスルをなくした事が発覚。
奇跡のような忘れ物に一同大盛り上がり。
一番嬉しそうだったのはN崎さん。黒い笑顔が印象的でした。
この瞬間からマナティーはファンタジスタと呼ばれるようになりました。
私も従ってファンタジスタと呼ばせて頂きます。

しかしこの時、我々は知りませんでした。ファンタジスタ・マナティーの真の力を。

ファンタジスタはトレランに変更。
目的であるコースの確認の遂行を目指します。
本格的な登りをランでこなすファンタジスタ。
舗装をバイクで登る本隊に対し、
登山道を繋ぎ、ランでバイクと同じペースで走る快走を魅せ一同更に大盛り上がり。
持ち前の体力の違いを魅せつけます。
が、やはりロスト。誰ももう再会は無いだろうと思いました。
しかしピークで談笑する本隊の、黒鬼先生の笑い声を頼りに本隊に合流を果たすのです。
生命力が違い過ぎます。

予想外のパフォーマンスで魅せるファンタジスタでしたが
緩やかなアップダウンを繋ぐトレイルではバイクには敵わず。
再び本隊とはぐれます。
声も届かぬ、ファンタジスタ。
ロストしたファンタジスタは稜線を外れて麓に戻っているだろう。
下山してからコンタクトを取れば良いさ。
それより本隊は黒鬼先生と坂本がアテンドさせて頂きます。
前回走ってから5年以上は経過しているであろう黒鬼先生の奇跡的なエスコートで
ライドは正にパーフェクトに、終わろうとしていました。
最高のライドを堪能し、ハイタッチを交わす一同。最高の時間を共有した仲間なのです。


しかしハプニングは、起きました。
当然先に下山しているであろうファンタジスタに連絡を取るのですが、
「お掛けになった電話番号は電波の届かない場所にあるか…」
電波の届かない…まさかトレイルの中…。
一同に不吉な予感が走ります。
電波も届かない山の中を彷徨うファンタジスタ。
心配し電話を掛けるM角さん。
なんとその電話が繋がるのです。
ロストしたと思われたファンタジスタは本隊が通ったルート(知らないはず)を
奇跡的にトレースしてきていたのです。
誰のエスコートもなく未知のトレイルを走るファンタジスタ!
電話が繋がったのも、たまたま稜線のピークを走っていたからでした。なんという、奇跡!
おまけに運良く繋がった電話によりゲイ仲間の汚名を着せられるM角さん。

下山できたら連絡してね と伝え、
一同はファンタジスタはさておき予約していた軍鶏(シャモ)屋さんへ向かうことに。
車まで戻ったは良かったですが、ステップワゴン一台に、5人、MTB5台…。入んねーよ普通。
しかし、黒鬼先生の奇跡的な積み込みで困難を乗り越え、
一同は美味しい軍鶏にありつきました。

軍鶏鍋も佳境に差し掛かった頃、ファンタジスタから舗装路に出たとの連絡。
場所と目的地はわかってない様子でしたが無事を確認し、安堵するもつかの間、
なんと彼が居るのは我々が通った道だったのです。盛り上がる一同。

近くに山奥のバス停が有り、行き先は大子駅。
なんと我々が食べている軍鶏屋さんから50m、しかも10分後の出発を待つバスが居る!!
迎えに行ってやんなきゃな~なんておもっていたのがまさかの展開!
まさに急転直下で生還を果たしたファンタジスタ。
執念で軍鶏にもありつき、もちろんこの日の話題は独占。ファンタジスタ一色です!

まさに マナプレ でした。
黒鬼先生と坂本は完全に付け合せ。
まるでたくあんのよう。
極上のトレイルは前菜。
対してマナティーは満員のスタジアムで受け止めたシュートをそのまま自分でドリブルし、
11人を抜き去りゴール前で転ぶ!
みたいな美しく流れるようなストーリーをたかだか6時間前後で紡いで魅せました。
美味しいところは全てマナティー。一色。
今日の参加者はみんなマナティーのファン。

軌跡続きであったにも関わらず、普通なマナティー。
そうです。彼の日常は奇跡で溢れているのです。

息つく間もなく展開される奇跡の連続に感動するとともに
私は自分の存在の小ささも痛感致しました。
彼の存在はまさに宇宙。コスモです。
宇宙の意志をもち、動いているのがマナティーなのです。
そこには迷い、悩むことなど無く、ただただ意志のままに膨張していく。
我々にできることはそれをただ、観測すること。

仮にマナティの起こしたはじめの奇跡(アクスル忘れ)を基準単位とし、
1マナティーと呼ぶとしましょう。
聖闘●星矢の感じた溢れるコスモは0.05マナティーです。
ベ●ータが「なんという戦闘力だ・・・」と恐れおののいたフリ●ザの戦闘力は0.08マナティーです。
一方マナティーが6時間少々のうちに起こした奇跡は起こした8マナティーです。
存在が、格が、器が違います。銀河系をいっぱい並べてマナティ(=コスモ)です。

ああ、小さな自分で、ごめんなさい。
帰ってから気付いたのですが、私はちょっとだけうんこを踏んでいました。
うんこを踏むしか能が無くて、ごめんなさい。
彼の奇跡に対して私はなんと小さいのだろう。

みなさま、すぐにでもマナティーに会いに来るべきです。
最近遊びに行ってないから行くのをためらっているなんてあなた。
小さい小さーい♪会いに来ちゃえばいいのです!
最近フォルツァのライドが息苦しくてお店に行き辛いなんて考えているあなた。
小さい小さーい♪会いに来ちゃえばいいのです!


21日日曜日。
MTBでマナティーの奇跡を辿る会が開催されます。
八溝のトレイルはキリスト教で言えば、マリア様とイエス様の居た馬小屋のようなもの。
みなさまもぜひ、奇跡の起きた場所を訪れてはいかがでしょうか。

MTB持ってないから参加できないというそこのあなた。
ご心配には及びません。
マナティーの祝福を受けたバイクたちがあなたをお待ちしております。
すぐにでもマナティーに会いに来るべきです。マナティーはきっとあなたを拒みません。
FORZAの開店は13時からですが、行列を作って頂いても一向に構いません。
心よりお待ち申し上げております。

0 件のコメント:

コメントを投稿