トップイメージ

2012年7月19日木曜日

ありがとう!風間店長! 新井の白馬自走 試走編

はい。こんばんは。FORZA新井です。無事、つくばに帰還しております。
白馬自走310km。そして2013 SPECIALZIED展示試乗会。伝えたいことがたくさんありすぎてパニックになっております。

土曜日銚子200km。日曜日加波山縦走100km、そして月曜日白馬自走300km。
本日は休息日。プチツールみたいです。そしてそして、もう25時間後には再び白馬へ。
もう曜日感覚なんて一切ありません。軽い時差ボケ?みたいなこの感じ。
勢いで乗り切るしかありません!

25時間後に出走される白馬自走な皆様。最高の夏の思い出を作りましょう!
土日の2日間の走行距離は420km。獲得標高は4,500m近くになります。覚悟しておいてください♪
2日間のタイムスケジュールはメールのとおりでございます。ご不明な点はなんなりとお申し付けくださいませ。

ではでは、まずは白馬自走から振り返って行きましょう。と、いっても風間店長と同じような内容ですが(苦笑)

 

午前0時10分につくば店を出発。ナイトライドなんて本当に久しぶり。
沖縄で自転車を始めた時なんて、仕事後に真っ暗な南部を一周してたなぁ。。。なんて思い出しながら。
真っ暗+初めての道。道に迷わないようにGARMINのマップを頼りに進んでいきます。
最初の休憩ポイントは50km地点。やっと6分の1。まだまだ長いのです。夕飯が軽めだった新井。
固形物を受け付けなくなる後半戦に向け炭水化物を補給します。ここは本能の赴くままに。どん兵衛とおにぎりをチョイス。

 

流石に平日の深夜、走るのはトラック位。しかもなんだか優しいトラックの運転手。危険なシーンは皆無でした。感謝。
基本的に国道をつなぐ前半戦。街から街へ。それぞれの街の雰囲気の違いが面白いですね。

 

ようやく、日の出。日の出と共にテンションが上がっていく身体と心。自然の摂理、身体に宿るリズム。
不思議と眠気が起きなかったこの5時間。やはり夜間の走行は非常に緊張感の高いものでした。

 

THE・関東平野。真っ直ぐな平坦が続きます。埼玉をかすめ、いよいよ群馬へ。
伊勢崎を過ぎ、目指すは高崎。遠くに山々が。

 

120kmポイントの高崎駅へ。このあたりで痛くなり始めているお尻と腰と背中。誤魔化し誤魔化し。
そして高崎を過ぎると、碓氷へ向けジワリジワリと登り始めます。いざ、1000mUP。

 

どんどん近づいてくる切り立った山々。標高も確実に上がってきています。
これまで50kmの間隔で休憩してましたが、たまらず140km地点で休憩。ここでモンスターを投入。したような。。

 

あーっ!釜めしだ!頭文字Dだ!なんてテンションを上げつつ、碓氷バイパスに備えます。



そしていよいよ始まった最初の難関、碓氷バイパス。旧道の碓氷峠と迷いましたが、今回は碓氷バイパスを選択。
この登りで風間店長の脚の調子をチェック。

この自走ライドで一番驚いたのが風間店長のポテンシャル。80kgとは思えない登りっぷりを披露してくれました。

 

そして、軽井沢へ。ワタクシ、人生初の軽井沢でした。ちょっと観光がてらプラプラと。今週末は夏休みでもっと車と人が多いのかな。
そして、ちょっとした登り返しを過ぎ、後は30kmの下り基調です♪



天気も最高!景色も最高!



ですが、、、リュックを背負った私達には下りも地獄でした。。。腰と背中がバキバキに。。。

 

そして200kmポイントの上田に到着。いよいよ終盤戦です。
上田では風間店長アテンドで上田城に♪風間店長が一番テンション上がっていたところではないでしょうか(笑)
良かったね、風間店長。

 

観光を終え、ポチポチと走りだした新井と風間店長。
しかし!思うようにスピードが上がりません。そうなんです。気温。
山に囲まれた盆地。そしてお昼。電光掲示板の気温計は34℃をさしていました。。。これはヤバイと坂城のセブンにピットイン。
正直、既に食欲は亡くなっておりましたが唯一食指が動いたソーメンをチョイス!そしてファイト一発を注入。

 

地図を見ると、もうこんな所まで来たんだ。。。と、ちょっとした達成感が湧いてきます。
しかし!目指す先にはこれから越えるであろう山々の姿が。。。でも、ちょっと楽観してたんです。山と山の谷の部分で越えていけるのかな。なんて。

 

もうこの辺では、既にGARMINの充電は切れており地図を確認しつつ進んで行きます。
ちょっとルートは違っていましたが、とってもいい雰囲気の橋に遭遇♪夏休み!って感じで本当に楽しい。

  
そして最初の山越え、四十八曲峠へ。峠が始まるまでがキツイ!!




 

 
それにしても、風間店長の走りが本当に凄い。適正体重65kgまで落としたら半端無いのでは。。。


 
風間店長も書いてましたが、本当に景色が素晴らしいんです。登り切った後の達成感と下りながら目に飛び込んでくる景色。
本当に最高でした。
そして下りきった聖高原ではコンビニがないという情報を持っていた新井と風間店長。セブンを見つけた時の発狂具合はなかなかでした。

 

もう、ゼリーすらご遠慮状態の身体。結局モンスターも飲みきれず。水は全て掛水に。
『登りはイーブンで、平地と下りで踏んでいきましょう』と風間店長にアドバイスしていた新井。
しかし、この頃は下りでは完全に脚を止めた状態に。。平地でも23km/h位でトボトボと(苦笑)本当に綺麗な景色に助けられました。

 

県道55号線の川沿いを走り、犀川を渡りいよいよ最後の峠へ。
(実はこの時大きく道を間違えた新井。6km程のロス。それでも全く悪い空気にならなかった二人。ほんとうにありがとう風間店長。)

 

 もう、本当にキツかった。特に腰と背中。背中の痛みがお腹まで。一人で走ってたら本当にヘコタレテたはず。
風間店長と走ってこれて本当に良かった。一漕ぎ一漕ぎ。本当にゆっくりだけど二人で登り切ったあの瞬間。
ヨーロッパでの一ヶ月でもなかったな。
 

そして、大町へ。チェックポイントの通過制限時間は午後3時。この時点で午後5時。
『週末はコース変えなきゃ』っていう焦りと、最後の峠を登り切った安心感と、これまた綺麗な景色に感動している感情がごちゃまぜに。

 

でも、大町から白馬までが地味に遠い(笑)でもゴールは目前。ゴールがしっかりと実感できる距離に。
途中、対向した竹谷先生。もしかしたら最後追いついて来てくれるかも。。。なんて希望がドンピシャに。
白馬に入り、ホテルの場所を地図で確認していたところに竹谷先生が登場!そしてホテルへエスコート♪



そして!ゴール!
あの達成感は本当に凄かった。。風間店長、本当にありがとう!
走り出す前は200kmを過ぎたあたりからきつくなるのかな。。。なんて心配していたけど、きつくなったのはワタシでした。
風間店長の走りにたくさんの刺激をもらいつつ、これは負けるわけにはいかないなと。
あそこまで頑張れたのは風間店長のおかげ。ありがとう。
そしてこの週末もどうぞよろしく。今度は皆に楽しんでもらおう!

と、いうわけで。
皆様。今週末の白馬自走 Brevet de ROUBAIX!! 頑張りましょうね!
ワタシもワクワクしてきましたよー! 

0 件のコメント:

コメントを投稿