トップイメージ

2012年7月6日金曜日

オリジナル満載のカナダブランド ARGON18 ~TTフレームだけではありません~

 
先日納車させて頂きました、ARGON18 E-118
http://www.forza.jp/2012/05/argon18e-118.html
ただいま、初回点検のために入庫中。 おかえりなさい!!
サドル&ドリンクホルダーも、レースモードですね♪
うーん、やっぱりTT専用フレームカッコイイですねぇ~。見ているだけでうっとりです。
予告しつつ、ご無沙汰になってしまっていましたので、今日はラインナップをご紹介いたします。

そして、
BIKE SHOP FORZA  ARGON18取り扱い開始キャンペーンということで、
1名様限定で、各モデルお買物券5%を付けさせて頂きます。
興味を持って頂けました方が、いらっしゃいましたらFORZA ARGON18 販売課・東 (つくば店)までご相談ください。


ARGON18 E-118 ¥520,000
フレームセットの価格ですが、前後ブレーキ本体、ブレーキレバー、エアロバー、シートピラー。
これらが、トップグレードで付属と考えると、
(例えば、TTバーをPRO ミサイルEVO ¥108,000などと考えると)
実質のフレーム価格は、30万円後半とイメージすることができます。
あれ? 下位グレードのE-116と大きな差では、なくなってしまいました!?


ARGON18 E-116 ¥315,000
上位の、E-118と同じく、UCI規定をパスしているフレーム。
トライアスロンのみならず、タイムトライアルのレースに使って頂けます。
専用ブレーキ仕様は、E-118と同じく、
ヘッドシステムは、ロード譲りの3D HEAD TUBEシステムを採用。
ハンドル高に影響するボジションをヘッド強度を確保しつつ調整が可能です。
アルミのTTフレームからの載せ替えにいかがでしょうか?

ARGON18 E-112 ¥228,000
こちらは、ARGON18のTTフレームの中ではカーボンでもっとも廉価タイプとなります。
ブレーキは、ロードと同じくサイドプルタイプ仕様ですので、
ロードバイクで、まずはトライアスロンを初めてみた。
でも、やっぱり本格的にやりたい! という方の載せ替え的な用途にオススメです。
STIレバー、ハンドルバー以外は、しっかり流用しつつ安価にTTフレームデビューが可能です。

ARGON18 E-80 ¥160,000
ARGON18のTTラインの中で、唯一のアルミフレームです。
TTフレームデビューに、練習用フレームにオススメです。
アルミといってもこだわりは上位と同じく。ヘッドシステムこそノーマルOSですが、
ブレーキキャリパーは、エアロ効果を加味したポジションに取り付けられています。

ヘッドチューブ長は、カーボンモデルと同じく。 XSサイズで、85mmと攻めています。

最近、アップライトなモデルが増えてきたけど、自分はやっぱりもっと!!
ハンドルポジションを下げたいだ!! という方にもARGON18はオススメです。

ヘッド周りのシステムから、シートピラーのシステムに至るまで。
すべてのポジションに関わるところで、調整ができることへのこだわりが強いARGON18
そんな、ARGON18の魅力は、TTフレームのみにあらず。


ARGON18 GALLIUM PRO ¥378,000
ロードモデルの最高峰。 フレーム重量920g(カタログ値、Mサイズ)と超軽量に仕上がっています。
シートポジションも、専用ピラーで2ポジション調整可能ですので、
ロードレース用途の方から、ヒルクライマーの方にもオススメのフレームです。


ARGON18 GALLIUM ¥273,000
上位モデルのPROの性能をキープしつつ、少しの重量増でしっかり抑えられた価格を実現。
XXSサイズから設定されていて、しかもヘッドチューブ長は、XXSにて最小値が75mmに抑えられています。
通常のシートアングルは、Tarmacなどのいわゆるロードフレームと同じ角度設定ですので、
たとえば、トップチューブはTarmacだと、Sサイズのトップチューブ長(537mm)で乗ってみたいけど、
ヘッドチューブが、120mmだと長いんだよなぁ~というイメージを持たれている方にオススメ。
ええ、自分のことです。
162cm、柔軟性は十分、胴体長め。 こんな私にとっては、食指がピクピク動きます。
Sサイズで、トップ540mmありますが、ヘッドチューブ長は、109mmに抑えられています。



ARGON18 KRYPTON ¥198,000
ARGON18のロードのラインナップの中では、いわゆるグランフォンド系のフレーム。
といっても、他社のそれのようにヘッドチューブは長くありません。
いわゆるレーシングフレームのそれと同じ程度に収まっています。
Sサイズ、トップチューブ540mmに対して、最小値123mmです。
ヘッドは、3Dシステムを採用。安定したステアリングフィールと反応の良さを目指します。
すこしマイルドな乗り味にしたいけど、長いヘッドチューブはちょっと。 
そんな方にオススメなフレームに仕上がっております。 2色より選んでいただけます。

ARGON18 RADON ¥120,000
今は少なくなってしまいました、アルミハイブリッドフレーム(カーボンバック)です。
しっかりした、アルミフレームでロードバイクを楽しみたい。
そして、人と同じものでなく。という条件の方にオススメしたフレームです。
これに乗っている方と、出会うときっと嬉しくなる。 それくらの遭遇率ではないでしょうか?

シートポジションの話し~   
最近は、納車後ビンディングペダルに移行して頂く際に、またポジションの見直しをさせて頂く際に、
併せてシートピラーをストレートタイプに変更していただく方が、ちらちらと見受けられます。
  
シートポジションが決まらないと、ハンドルポジション、ステム長などは適切に定まりません。
ここのところを、交換なしで調整できるシステム。 というフレームに最近、目が行きます。


絶対的な、ベストポジションはなく。 それぞれの皆様にとって適切なポジションがベストであります。

SPECIALZIED BG FITの基本的な考え方であります。 
フィッティングについては、コチラも参考にしてください⇒ http://www.forza.jp/search/label/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0


そうそう、スペシャライズドといえば、、、
 
先日からつくば店に住民票を取得したSPECIALIZED SW SHIV TT
http://www.specialized.com/ja/ja/bikes/road/shivtt
コチラも試乗車として、順次。 登場いたしますのでお楽しみに!!

これ、やりたくなりますよね。 早く、ハンドルつけて。 まず、コレを。。。

スペシャライズドのHPでリンクが紹介されているコチラも、興奮ものですね♪

0 件のコメント:

コメントを投稿