トップイメージ

2012年6月29日金曜日

おすすめホイールって・・・

本日久しぶりにホイールを語ってしまったさかもとです。
レース用ホイール?
いえいえ、MTBのホイールどれがオススメ?という話題でした。

レース用で考えれば
昔エキパで優勝した時使っていたXTRの転がりの良さ、
NoTubeの圧倒的な軽さだと思うのです。
それ以上を求めればチューブラー♪

でも普通にお山で走ることを考えれば、必要になるのは耐久性!
そこでおすすめしたいのは

【CRANK BROTHERS COBALT3】 109,200円


個性的な形状、気に入って頂ければそれだけでも買いなのですが、
なぜこの形か?
真横から見るとえらくスポークが少なく見えるのですが、

左右対称のデザインとなっているのです。
ホイール(リム)に横から力が掛かるとき、
左右非対称、普通のホイールパターンだと、リムの位置によって変形の仕方が変わります。
連続的に横から力が掛かるコーナリングを想像してみて下さい。
突っ張るたわむを繰り返してしまいそうですよね。
このパターンだと理論上、それが起きにくいはずです♪
ええ、さかもとにそれが体感上分かる 訳ではなく。
そう思っているだけで安心して走れる!
それが重要なのです。

そしてハブ周りのスポークの太い部分。
これが実はニップルで重量物を中心に集めるとともに、作業性を考慮した形。
ただ単に重いニップルをハブに持って来ました!
・・・ってやっちゃうと、フレ取りがしにくいと思いませんか?
そこまで考慮された形が僕は好きなのです。


そしてリムの部分。
せっかく重いニップルを中心に集めたのに、
スポークの固定部分に余計な軸がついてます。
この形で下手にネジ止めとかされてない。
コレが味噌で、接合部分にストレスが掛からない組み方なのです。
斜めに引っ張られても軸が回るだけ。
ステンレスのスポークはピンとまっすぐ引っ張られるだけなのです。

事実クランクブラザーズのホイールは丈夫にできており、
「スポークで樹の枝を折ることができる」とは使っていただいているお客様談。
もちろんそんな使い方をするものではないのですが、
・・・とにかく丈夫だということです。
当店ではこれまでスポークが折れて持ち込まれたことはございません。
運もあるとは思いますが、かなり激しい使い方されるばかりなことも考えるとやはり・・・。

そしてフロントハブはカップを取り替えることでQR、15mm、20mmと
アクスルを使い分けることができるのも魅力です。
だって色々試してみたいですもの。


じゃーなぜ私は
【FULCRUM REDMETAL1 XL】を使っているのか??

カッコイイからという理由が一番初めに来るのは否定しません。
赤いFLUXにピッタリ。シルバーのリアアームとアルミスポークのマッチングにうっとり。


実はブレーキング力、ペダリング力とハブ軸に掛かる左右の違いに着目した
2:1構造がポイントだったりします。
クランクブラザーズとは正反対。
こちらはフロントはブレーキの力が掛かる左側が右の倍のスポークで支えられており、
逆にペダリング力のかかるリアは、右側が左の倍。

??リア側はブレーキ力を考えなくて良い?
自転車においてリアブレーキはフロントに比べて制動力が弱く、
下りでフロントに荷重がかかることを考えるとMTBではことさら。
で、リアは右側が倍なのです。・・・多分。

それにしてもアルミの丸スポーク。
空気抵抗高そう?
絶対スピードの低いMTBではその差は全く感じたことはありません。
レースレベルでも全然です。
下りノーブレーキで周りの選手より遅いと感じたことはありません。体・・・重??
この太いアルミスポークのお陰で
とても剛性の高いホイールに仕上がっています。

さかもとがコレを選んだのはそこで、
フルサスにとって横の剛性は絶対で、
剛性が低いとサスは設計通りに動かない=動きがシブくなる
ので、どちらかと言えばこちらを。
選びました。

クランクブラザーズは横方向にしなやかなのも
のり味の特徴です。
ですので、ハードテールお使いの方にはクランクブラザーズをおすすめしてます。

どっちもカッコイイので、オススメですよ I川さん!

0 件のコメント:

コメントを投稿