トップイメージ

2012年4月16日月曜日

バイクメンテンナンスのススメ

ここ最近の転倒のダメージが手首から先に集中しています。さかもとです。
両手首、右手親指付け根、小指の先。
フロントフォークみたいに交換できたらな~。
テラロジックにカシマコートでグレードアップ!
・・・妄想です。
そんな訳にもいきませんので、そこは今週のお休みにでも病院行くとして。
自然治癒力など無いバイクはマメなパーツの交換をしてあげなければ。

野田、うっかりと、泥レースに恵まれたなか、
悲鳴を上げたのがチェーンリング。
泥レースではブレーキやサスペンションシーリング等と同様、消耗が激しく、
うっかり八兵衛カップ後半では登りではチェーンにかからないほどに。
いちレースの中で、こうまでも減ってしまうものかと改めて驚きました。

外したチェーンリングは・・・。


山の右と左で傾斜が全然異なります・・・。
ちなみに写真ではわかりませんが、薄さも尋常ではありません。

ちなみに、2010モデルのTRUVATIV NOIRクランク、各ギアはアルミ製。
レースではセンターで踏み切ることが多くなりますので、
こんな感じのトラブルを防ぐため、新しいギアにはスチール製を。
TRUVATIV下位グレード用のリプレイスパーツですが、
軽さより、耐久性を。ゴールまでバイクを走らせるのもレースです。
そしてこれでしばらくは安心ちゃんです♪

うっかり八兵衛泥レース。
楽しくもいろんなドラマが。そして美しい写真も頂きました。

 
  

ここに写ってる皆さま、
泥レース後のブレーキパッドのチェックだけはよろしくお願い致します。

0 件のコメント:

コメントを投稿