トップイメージ

2012年3月29日木曜日

Campagnolo EURUS 2-WAY FIT前輪組み換えの巻

はい。新井でございます。

春真っ盛りなこの陽気。遅れがちだった梅に対して、桜は例年通りのようですね。
4月15日は福岡堰お花見ライドでございます♪8時つくば店集合、のんびりと桜を愛でに行きましょう(*^_^*)
霞ヶ浦マラソンの方、頑張ってくださーい(^_^)/霞ヶ浦マラソン伴走のサポートは東Mがアテンドします♪

さてさて、今日は先日の作業の様子をご紹介。
今回はCampagnolo EURUS 2-WAY FIT前輪の組み換え作業を行わせて頂きました♪
カンパのアルミホイールのスポーク交換はちょっと面白い方法なんです(*^_^*)

 

 

まずは、ホイールをバラシます。折角なので、それぞれのパーツ重量を計測しましょう(*^_^*)
と、ここで痛恨のミス(^_^;)一番重要なリムの重量を量るのを忘れてしまいました。。。。

ということで、組み替えた後の重量を量り、引き算で求めましょう(苦笑)リムだけの写真が欲しかったなぁ。。。

 

組換完成後が623g。アルミニップルが16個で9g。スポークが16本で80g。ハブが125g。
ということで、リム重量は実測(?)409gとなりました♪

 

ちなみに、MAVIC キシリウムSRの前輪とほぼ同じリム重量です(*^_^*)
 
うーん、だったら。。。おっと、この続きは店頭にて(ノ´∀`*)

では、作業に戻ります。

 

ユーラスやシャマルのホイールはニップルを入れることが出来る穴がバルブ口の一つのみ。
この穴から入れたニップルをニップル口に誘導しなければなりません。

 

そこで使用するのがこちらの工具。磁石とスチールのネジです。このスチールのネジをアルミのニップルにIN!
そして磁石でニップル口まで誘導します。

 

出ました~(*´∀`*)
この作業を16回繰り返し、スポークを固定。そして横・縦・センター・スポークテンション。
それぞれをこまめに確認しながらホイールを組み上げていきます。



そして完成♪無事生まれ変わりました(*^_^*)またしっかりと乗っていただけること嬉しく思います♪ 

カンパニョーロでは、こういったホイールは専属契約の家族経営の小工場で組立てているのだそうです(*^_^*)
いやはや、世界中に出回っているホイール全てにイタリアーンな情熱が加わっていると思うとちょっと感慨深かったり。


良い物は長く使いたいですね♪

0 件のコメント:

コメントを投稿