トップイメージ

2012年2月12日日曜日

NOVATEC LASSER 試してきました。

今朝は、クラブライドの皆様は昨日の疲労もあってか?おやすみということで。
筑波山の登り口までチーム練習に載せていただき、ホイールを試してきました。

黒ベースに、25mmのリム高。 赤・白のロゴとなると車体の雰囲気も一変しますね。
さらに賑やかな風貌になりました。
ファーストインプレッションは、いい感じ♪
付属してきたタイヤは、Challenge Vulcano 23c ん? 23C? 
メーカーサイトのカタログ値では、300g@22c 練習用タイヤですので、そういったところ。
25mmの高さのリムはエアロ形状にデザインされており、
また、スポーク本数は、F20本、R24本ということもありまして
普段使っている、手組(前後28本仕様)に対しても十分なエアロ効果があるということからも
「軽い」というフィーリングにつながってくると理解しております。
2者を比較してみましょう。
 
リムのスペック差は以下のとおり、
AMBROSIO クロノF20 リム高:13mm、リム幅:21mm

NOVATEC LASSER   リム高:25mm、リム幅:18mm(実測では、ほぼ19mm)
幅についてもエアロ効果の差がみられます。
重量はどうでしょうか?
 

 
タイヤは、同じ23Cですが手組に付けているものは、Vittoria コルサEVO-CXⅡ 23c 250g
カタログ値で50gの差があります。 タイヤ込みの比較では前後で231gの差がある状態。。。。。
( ゚д゚)ハッ! 手組危うし!? 
数字をみると、自身の手組を弁護したくなりますが。 登りにおいても遜色なくm(__)m
上質なチューブラータイヤを入れれば、大会用として十分なオールラウンドスペックを手に入れることができますね♪


引き続きテスト致します~

※テストホイールは、もう少しつくば店に滞在しておりますので興味のある方はご連絡ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿