トップイメージ

2012年2月16日木曜日

MTBと大人なホイールとチューブレス化と。。。


F様のTRACER2 仕様としてはもう十分すぎるくらいなのに、
今回はこのバイクにピッタリなイケてるホイールにチェンジさせていただきました!

現在のホイールは私風間手組のATOMLAB ピンプライトホイール。
フリーライド寄りのホワイトホイール。これはこれで若若しくてよろしいと思うのですが。
今回このイエロー君に組みつけていくのが。。。
 
CRANK BROTHERS   iodine3・アイオダイン3  ¥109,200

※写真が分かりづらくてごめんなさ~い(汗)
もう、これしか無い選択です。ブラックゴールド。決まりです。
ホイールの細かいご説明はまた次回にするとして、今回は、こちらのホイールのチューブレス化もしましたので、その模様を。
   
シーラントにチューブレス専用のバルブ。リムにねじねじ入れていきます。

入れ終わったら、逆側からバルブナットを締めこんでいきます。チューブドでは邪険に扱われるこのバルブナットですが、
チューブレスの場合、気密性を保つOリングを密着させる役目があるので、しっかりと締めこみます。
  
片側のみタイヤをはめ込み、タイヤの中へシーラントを。チューブレスで使用していないタイヤには多めに。
後もう片側のビードをはめたらタイヤの交換が完了。普通のタイヤ交換とほとんど変わりません。
最後に空気圧をMAXまで入れて、タイヤ全体にシーラントをよく馴染ませれば、終了。
馴染みだしは実走していただくのがベスト。1日トレイルを走れば、タイヤの内側に膜が張って中の気密性もばっちり。
もちろん重量だって今までと比べると大きな差が。。。
 
ATOM LAB F(KENDA NEVEGAL) 2090g     iodain3  F(SPECIALIZED CAPTAIN)  1620g
 
ATOM LAB R(KENDA NEVEGAL) 2370g     iodain3  R(SPECIALIZED CAPTAIN)  1730g

4460g ⇒ 3350g  マイナス1110gの大幅軽量化に成功!
元のホイール&タイヤが耐久性&グリップ重視の重重コンビだったので、これくらい軽量化できなきゃ話にならん!なのですが。
このiodain軽量は軽量なのですが、他社と比べ驚くべきほど!という訳ではありません。
しかし、特殊なニップル&スポーク形状で非常に漕ぎ出しが軽く、ダイレクト感も非常に高いのが特徴。
チューブレスでの乗り心地の良さと相まって、トレイルでは敵無しのバランス感を演出してくれます。
そしてなによりと~っても「丈夫」!!
ちょっとくらい枝を巻き込もうが、ロックセクションをかけ下りようが、へっちゃら ※無茶な走りを推奨するものではありません。。。

それでいてカッコイイ。。。もうカッコイイ。。。ジェントルメェンな雰囲気さえ感じられます。
 
曇り空で写真映えしておりませんが、実物は。。。よだれモンです(笑)
F様も楽しみに待っていてくださるはず。。。

タイヤのチューブレス化は 作業工賃¥2100/1本 にて承っております。
特に、スぺシャライズドのミドルクラス以上のMTBをお持ちのお客様は、
ホイール、タイヤを交換せずにチューブレス化させられる可能性が高いので、興味のある方はスタッフまでご相談ください。
トレイルでの乗り心地、グリップ感が明らかに向上します。是非お試しあれ!

0 件のコメント:

コメントを投稿