トップイメージ

2012年1月20日金曜日

尖ったアイテムをひとつ。 チューブレス手組ホイールなど、いかがでしょうか?

 
数あるブランドの中でも尖ったアイテムを発表しつづけるNotubes
MTBでは、もう定番となっているリムですが、ロード用も流通しております。
システムはMTBと同じ。専用リムテープとバルブ。そして液体を利用してチューブレスとなります。

今回は、お客様との話の中で。 手組を1つ。 というところから。
普通じゃ面白くないし。 ということで。。。 かなり私のやりたいことを形にさせて頂きました。
そんなわけで、楽しみに入荷を待っておりましたリムがやっと到着。

写真で伝わるでしょうか? このリムのブレーキ面の薄さ。 
もう、この時点で尖った性格にテンションがあがります。
ブレーキ接触面には、ウェアインジケーターもついていたりします。

スポークは、手頃な価格で軽量な SAPIM LASER をセレクト。
ハブは、TNi ウィングハブ。 ブラスニップルで仮組みした状態で。
なんと!! 1247g!!
これは、ホイールとしての重量としては、専用バルブ、リムテープまでを含むことになりますが、
それを加味した状態でも、SHIMANO WH-7900-C24-TL 1464g(カタログ値)よりも随分と軽く仕上がる算段になります。
しかも、WH-7900に比べると、スポーク数が8本も多いにも関わらず。です。

これで、約8万円で準備ができます。 仕上がりが非常に楽しみです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿