トップイメージ

2011年12月8日木曜日

電動XTRというかDuraACEというか

 

電動XTRというかDuraACEというか、K-Edgeの電動キット Ki-2ですが。
先日、千葉県・野田で開催された「第16回 MTBクロスカントリーレース in NODA」にて
超プロトタイプな状態で武井選手のバイクにつけて走ったわけですが、
組立時は、上記のように仮留してみて取り付け位置から試行錯誤。

無事、完走ということで。 洗車をしながらバイクをながめ一安心。
まずは、走れる状態に、という作業でしたので、その割には♪ということで。

初モノというのは、どの業界によらずドキドキがあって楽しいものです♪

出国前には、上側を通したもう少し安全度の高い配線をと。




さて、MTBの電動化。 重量面ではどうなのでしょうか?

 

同じ、スタンプジャンパーHTで比較した場合は。

RD-M980  177g
FD-M985  125g(DMD)
SL-M980I 198g

と、これでぴったり500g (カタログ値)

電動の場合は、

Ki-2 Rディレイラー  245g(実測)
Ki-2 シフトポッド    65g(実測)
バッテリー       71g
FD-7970       120g(実測)
SM-AD79-L           21g (実測)

522g です。 ジャンクションや、バッテリーマウントも考慮する必要がありますが、
大きな重量増にはなりません。 

ケーブルの配線など考慮することはありますが、非常に楽しい1台にすることができます。

K-Edge Ki-2 リアディレイラー ¥113,400
K-Edge Ki-2 シフトポッド    ¥81,900
SHIMANO I-Spec対応のブレーキレバーであれば
Deore BL-M596
SL-X  BL-M666
でも取り付けが可能です。

0 件のコメント:

コメントを投稿