トップイメージ

2011年12月4日日曜日

今日も、ありがとうございます。野田でMTB耐久レースでした。武井きょうすけ

今日も、ありがとうございます。

今日も、課題を持ち、納得の出来ない準備しかできない
自分 と向き合いながら。そんなレースを終えました。

野田市サイクリング協会 主催の MTB耐久レース 16年目
素晴らしいですね。長きにわたり、脈々と。

かかわる皆さんに、ただただ、感謝。ありがとうございます。

レースデータは下記の通り。ぜひ、ヒントをつかんでください。

走行時間 3h 4m
平均心拍 158
最大心拍 174
平均ケイデンス 74rpm
平均パワー 243w 標準化パワー ですと 約300w弱
最大パワー 1160w
平均ラップ 9m弱
20LAP かな。

周回 ラップ について
入り (走り始め) は意識して低いペースで
終わり(走り終わり)に向け、徐々に上げていくイメージ
最速ラップ は 最終ラップの 8m22s でした。
周回ごとの 最大パワー の平均は 900w超 でした。

ラップ平均 最高出力 は 321w ですので 標準化パワーは 約400w
ケイデンスがその時 96rpm ですので、やはり 高回転は出力が高め ですね。
ラップ平均 平均出力 300w をこえたのが 4回
最大パワーで 1000w を超えたのが 3回
上記から見ると、リフレッシュされている体の状態ではないですね。

機材について
電動シフター は未来を感じます。素晴らしい。
細かいネガはたくさんありますが、未来ですね。MTBにこそ、電動ですね。

26 と 29 の違い。
難しい表現ですが、26はシビアな操作が要求されます。
29はよりどっしりした感じでしょうか。
野田のコースには、巡航含め 29 がベストと感じました。

今日はここまで。時間切れです。
少しづつ、MTB XCO の競技特性を書いていきますね。
ロード とはとても、とても、異なることが、やっと最近わかってきました。

明日もよろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿