トップイメージ

2011年12月16日金曜日

LOOK695 電動内蔵編

はい!新井でございます。

いよいよ日曜日は竹谷先生によるPOLARサイクリングアカデミーですね♪
先日入荷したBTBバイシクルトレーニングブックにサインをいただきます(*^_^*)
既にお持ちの方は持参くださーいっ

そしてそして、2012年モデルも入荷中でございます!
つくば店はコチラからイーアス店はコチラからチェックお願いします~♪

さてさて、先日の作業をご紹介。
おかげ様でご好評いただいておりますLOOK695。2012年モデルからは電動内蔵フレームとなっております。
ワイヤーをフレームの中に入れてすっきり!落車時の断線の予防にも繋がりますね(*^_^*)
今後、内蔵対応フレームはハイエンドモデルに限らず、どんどん増えていくのではないでしょうか。

 

こちらがLOOK695用の内蔵キット。BB下にバッテリーを取り付ける台座とフレームキャップ。といった内容。

 

そして電動DURA内蔵用のジャンクションB。内蔵用のジャンクションにも種類があり、それぞれのフレームに適したものがあります。
まずはクランクを外してBB周りをしっかりとクリーニング。



今まで外装でしたのでこのLOOKの字も隠れておりました。これからは皆に見てもらえるね♪

 

まずはBB下にバッテリー台座とホルダーを取り付けます。
パーツの中では重たい部類に入るバッテリーがこの位置にきますので重心バランスも大きく向上できます。

 

そして各穴からコードを通して、熱収縮チューブでつなぎ目をしっかりと密閉します。
こうして文字で書くとあっという間で簡単な作業のように感じますが。。。やはりここの作業が一番手こずる所でもあります(^_^;)
熱収縮チューブの処理が終わった後は、各コードをフレームの中へ。RDへのコードはこのように固定されます。

 

 



完成!非常にすっきり!

LOOK   Di2対応キット 6,300円
SHIMANO  EW-7975-A-BT1 250  19,257円

Di2対応フレームの方はぜひぜひ!オススメですよ(*^_^*)

0 件のコメント:

コメントを投稿